« 見上げる春、地面の春 | トップページ | 変体仮名から漂う伸び伸び感 »

2019年5月17日 (金)

Prepaid Data SIMと観光案内アプリと「ここはどこ?」

札幌市内ではスマホを片手にあっちだこっちだと繁華街をうろうろしているおひとり様や二人連れや少人数グループの中国人観光客も少なくありませんが、そういう人たちは結構準備のいい人たちです。そういうスマホを手にした人たちと、そうでない(歩きスマホでない)人たちが占拠している通りで聞こえてくる主要言語が日本語以外の状態を「ここはどこ?状態」ないしは「ぼくたちは少数民族状態」とぼくは勝手に名付けています。

コンビニに「PREPAID DATA SIM FOR ENJOY JAPAN TRAVEL」(原文のママ)と大きな字で印刷したB5番くらいのペラ案内が置いてありました。英語のチラシなので外国人旅行者向けです。

その主要機能は、これも原文のママ引用すると、

・High Speed, Broad Area You can use Japanese local 4G/LTE line. The population coverage is over 99%.
・3-in-1 SIM standard SIM (mini SIM), micro SIM, nano SIM available.
・Tethering Available Data tethering available (3GB/10GB), if your device support it.
・Multilingual Support Multilingual customer supported by telephone: English, Japanese.

このPREPAID DATA SIMの値段は3種類で1800円、3000円、4500円。価格差は有効期限(日数)の違いか通信量の違いのはずです。利用期間の制限された使い捨てSIMなので、外国人旅行者には便利だし、フリーWiFiと違って歩き回れるし、安全です。旅行中に足りなくなれば買い足せばいい。ただ、スマホにある程度詳しい人でないとこの選択肢は向いていない。英語と日本語だけでマルチリンガルサポートとはちょっと言い過ぎですが、このカードを買う人たちにはそれでいいのかもしれません。

ともあれ、この手段で札幌の「ここはどこ?状態」がもっと強化されそうです。

裏面には、PREPAID DATA SIMという短期インフラを有効活用するためのアプリケーションの案内が印刷されています。観光案内アプリです。再び内容を原文のママ引用すると「Restaurants, Sightseeing spots, Route search and driving directions. Many coupons available when dining or shopping」。

案内言語は、英語、中国語(簡体字、繁体字)韓国語、そして日本語。そのアプリを日本語で少し使ってみました。使えそうなので、当分、インストールしたままにしておきます。

人気ブログランキングへ

|

« 見上げる春、地面の春 | トップページ | 変体仮名から漂う伸び伸び感 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

情報処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見上げる春、地面の春 | トップページ | 変体仮名から漂う伸び伸び感 »