« 掃除専用のすぐれもの布 | トップページ | 東京・大阪は「北海道物産展」、札幌は「京都老舗まつり」 »

2019年5月28日 (火)

続・ルッコラで確認する5月の気温

札幌でも5月末なのに日中の最高気温が急に30℃を少し超える日が2~3日とはいえ急に連続して現れて、ヒトにとってはいささかびっくりですが、ルッコラなどの夏野菜の生長にはけっこうな按配です。ヒトにとっていささかびっくりと言っても、びっくりするのは午後の話で、札幌のような大きな山脈の西側で日本海に近い地域では午前中の外気はひんやりとしています。日中も日陰だと過ごしやすい。

ただし、北海道には身体が寒冷地仕様のかたがたが多いので、そういう人たちにとっては「気温が28℃以上になると死にそうになる」というのが共通実感のようです。かつてスリムだったに違いない中年以上の女性は、数日間とはいえ外気温が30℃以上だと本当に死にそうな表情をしています。

北海道では冷房供給機能としてのエアコンをお持ちでない家庭も少なくないので、風が窓から窓へと抜ける場合は問題ないとしても、空気の流れに動きのない夜は対策が必要ですが、扇風機で間接的に(直接は身体に当てないように)部屋の空気を動かしますか。次回、美容室での散髪のときに、エアコンを持っていないと言っていた若い担当者に暑さ対策を尋ねてみましょう。

写真は早朝の水遣り後のルッコラで、強い陽射しが気持ちよさそうです。彼らには申し訳ないのですが、あと数日くらいで最初の間引きなので、間引きされることになった葉には大切な夏の風味として野菜サラダに参加してもらいます。

30-2019527 早朝のルッコラ

山椒も期待通りに成長中で、早く「木の芽味噌」を作りたいのですが、木の芽味噌は「木の芽」の柔らかい部分を少なからず使うので、これも味噌まではもう少し時間がかかりそうです。

30-0527 朝の山椒

人気ブログランキングへ

|

« 掃除専用のすぐれもの布 | トップページ | 東京・大阪は「北海道物産展」、札幌は「京都老舗まつり」 »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掃除専用のすぐれもの布 | トップページ | 東京・大阪は「北海道物産展」、札幌は「京都老舗まつり」 »