« カラスに襲われた | トップページ | 札幌の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」のことなど »

2019年7月 3日 (水)

道端のラベンダーと立ち葵の生命力

遊歩道に並んでいる植栽コーナーでのひとつでラベンダーがいっぱい咲いていました。そこでは、最初にどなたかが思い付きで植え付けたのか、毎年この時期に紫の花を咲かせます。人の手がとくには入っていない場所(のはず)ですが、ラベンダーは北海道育ちらしく6月の下旬に咲くことを忘れません。

富良野のラベンダー畑はプロの仕事なのでじつに見事です。しかし、札幌の街中の道端でも紫色のそれなりの拡がりをそれなりに楽しめます。

Photo_20190629123801 
 富良野の農園

2019_20190630185801
 札幌市内の道端

それからこれは札幌に限りませんが、立ち葵もピンクや白や赤や黒の花を開き始めました。じつに生命力の強い植物で、毎年、この時期が来ると舗装道路わきの土などなさそうな場所や植栽コーナーの隅や端から、それぞれは数本ずつですが、それらの連なりを合わせるとびっくりするくらいの本数で出現していることに気がつきます。

Photo_20190629123901  濃いピンクと淡いピンクの立ち葵

人気ブログランキングへ

|

« カラスに襲われた | トップページ | 札幌の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」のことなど »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラスに襲われた | トップページ | 札幌の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」のことなど »