« 春は梅、秋はさくら葉 | トップページ | 日本の食料自給率は37%で穀物自給率は28%、サウジアラビアの穀物自給率は7% »

2019年8月 8日 (木)

北朝鮮と南朝鮮という呼び方

勝手なことを言えば、朝鮮半島の38度線以北の国を「北朝鮮」それ以南の国を「韓国」ではなく、「北朝鮮」と「南朝鮮」としてくれたほうがぼくにはわかりやすい。

北朝鮮の国名は漢字表記だと「朝鮮民主主義人民共和国」、南朝鮮は「大韓民国」で、英語では北が「Democratic People's Republic of Korea」、南が「Republic of Korea」です。通称は北朝鮮が「北朝鮮」、南朝鮮が「韓国」、英語ではストレートに「North Korea」と「South Korea」です。国名だけだと(とくに正式な英語表記)、「北」のほうがより民主的な響きです。

第二次世界大戦後の朝鮮戦争で南北に分断されたとはいえ、もともとは朝鮮(Korea)と呼ばれていた国を「朝鮮」と「韓」(韓は朝鮮半島南部を指す朝鮮古代の地域名、だから 日本の統治から解放されて1945年に成立した国家の名前も古名にちなんで大「韓」民国)という別々の歴史的名称で呼ぶのは外国人であるぼくにはどうもわかりにくい。両国が存在する半島は朝鮮半島だし、そこに住んでいるのは朝鮮民族です。「北朝鮮」と「南朝鮮」とするほうが理解がしやすいし、他者とコミュニケーションにおいても使いやすい。

気象予報などでは、日本を便宜上「東日本」と「西日本」に分けてそれぞれの天気の特徴や台風の進路予測をまとめたりします。その区分にとくに違和感はありません(ちなみにそういう場合は北海道と沖縄はしばしばその括りの外に置かれますがそれはそれでしかたないとしても)。

かりに日本が何らかの理由で東西に分断されているとして「東日本」を「日本民主主義人民共和国」、「西日本」を「倭」という古い地域名を使って「大倭民国」とでもしたら(したがって通称は「東日本」と「倭国」となる)、「北朝鮮」と「韓国」という表記の関係に近いでしょうか。

最近は北朝鮮との関係も南朝鮮との関係も白々しいわざとらしさが目立つ感じで悩ましいので、特別な情報はあるはずもないのだけれど念のために「外務省 海外安全 ホームページ」で「北朝鮮」と「韓国」を覗いてみると次のようになっていました。

北朝鮮: 危険情報

2017年4月10日
●全土:「渡航を自粛してください。」(継続)
目的のいかんを問わず,北朝鮮への渡航は自粛してください。

韓国: 危険情報

現在,危険情報や感染症危険情報は出ておりませんが,北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります。最新スポット情報,安全対策基礎データ,在韓国日本国大使館/総領事館のホームページや報道等から常に最新の情報を入手し,安全対策に心がけてください。

「北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は,引き続き予断を許さない状況にあります」というサラッとした一行を「デモが行われている場所には近づかず、慎重に行動し、無用のトラブルに巻き込まれないよう注意してください」という範囲の理解に止めるか、それとももっと大きな、北朝鮮・南朝鮮という区分を考え直すようなもっと切迫した政治文脈で考えるかは悩ましいところです。

人気ブログランキングへ

|

« 春は梅、秋はさくら葉 | トップページ | 日本の食料自給率は37%で穀物自給率は28%、サウジアラビアの穀物自給率は7% »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春は梅、秋はさくら葉 | トップページ | 日本の食料自給率は37%で穀物自給率は28%、サウジアラビアの穀物自給率は7% »