« 美味しい生の野菜は酒の肴でも美味しい | トップページ | 賞味期限が近づいてきたので「ごはんパック」を片付ける »

2019年10月 3日 (木)

「味キャベツ」

簡単な食べものです。なぜそんな名前になったのか不明ですが、メニューには「味キャベツ」とあります。居酒屋風の店で出会いました。パリパリのキャベツを葉がしっかり重なる感じにザクッと切ったのを、細切りの塩昆布と組み合わせたものです。
 
季節外れに暑いので普段は飲まないビールを頼んだ時に、待ち時間のほとんどない肴としてそれを注文してみました。その店のは胡麻油が少しかかっていましたが、こういう場合の植物油は食欲を刺激します。油の刺激を無鉄砲に進めるとテレビコマーシャルの「なんでもマヨネーズ」になってしまいますが、それはさておき。
 
キャベツがパリパリと美味しいし、キャベツと細切り塩昆布とビールの組み合わせがなかなかに結構です。結構ではあっても相手がビールだとやや不満なので、相手を日本酒に替えて自宅で試してみたくなりました。
 
そう云えば食べている最中に、何年か前に一度その「味キャベツ」を札幌で家庭料理としてごちそうになったことがあって、それをすっかり忘れていたのを急に思い出しました。他にごちそうが並んでいたので印象が薄くなり、普段の記憶から消えていたのかもしれません。
 
北海道はジャガイモ・タマネギ・ニンジンほどではないにしても、キャベツの地元供給量にまったく不足はないので、露地栽培ものは4月から11月まで楽しめます。

人気ブログランキングへ

|

« 美味しい生の野菜は酒の肴でも美味しい | トップページ | 賞味期限が近づいてきたので「ごはんパック」を片付ける »

野菜と果物」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

脂と油」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しい生の野菜は酒の肴でも美味しい | トップページ | 賞味期限が近づいてきたので「ごはんパック」を片付ける »