« 「味キャベツ」 | トップページ | 「50年ぶりの異常気象です」という報道と、自然の循環 »

2019年10月 4日 (金)

賞味期限が近づいてきたので「ごはんパック」を片付ける

以前のブログ記事に次のような防災関連の一節があります。
 
〈そのときもそれなりに防災グッズや食べものや予備バッテリーは用意してありとくに不自由はなかったのですが、停電が長引くかもしれない次回の災害に備えて、地震後に、スマホの充電パックや非常用ランプ、そしてカセットガスボンベなどをより充実させました。「ごはんパック」と「ペットボトルの水」、「自家製梅干し」と「自家製味噌」、それに抹茶のような粗挽き茶が手元に十分にあるので1週間くらいなら同じ食べものの繰り返しになりますがひもじい思いはしません。〉
 
引用の最初の「そのとき」とは、北海道全体が停電(ブラックアウト)してしまった2018年9月の「北海道胆振東部地震」が発生したときのことです。
 
現在「ごはんパック」は1日2食として5日分を人数分用意してあります。どんな「ごはんパック」かというと、米は北海道の「ななつぼし」、容器に「原材料も製造も北海道にこだわった北海道産食品です」「ガス直火炊き、無菌パック」といったアイキャッチャーがあり、「冷蔵不要 200g」「要加熱」「電子レンジ2分間」と続きます。加熱したほうがほかほかと美味いに決まっていますが、常温保存してあるのをそのまま加熱せずに食べても、出来の悪いおにぎりだと思えばそれなりに食べられます。ただし、美味しくはない。
 
パックに印刷されている「賞味期限」が近づいてくると、その分を新たに購入して古いのを頑張って食べてしまいます。現在の在庫は、5日分の備蓄のうち半分の賞味期限が今月初旬で、残りの半分はその1か月後です。現在消費しつつあるものの代わりに新しく買った「ごはんパック」の消費期限は来年の7月上旬。工場出荷後9カ月くらいが賞味期限のようです。店頭在庫になっている期間が長いと期限までの時間がそれだけ短くなります。しかし、それ以上長持ちするとあやしげな添加物が入っていることになるのでかえって気持ち悪い。そんな感じで回していきます。

「賞味期限」なので、それを少々過ぎても食べるのに問題はないのですが、ではどれだけ過ぎても大丈夫かということになるとそれを判断するのも面倒なので、製造会社が決めた賞味期限を基準としてそれに従います。
 
賞味期限前の平時の消費なので「ごはんパック」は加熱して食べるのですが、そしてさきほど「(ごはんパックは)常温保存してあるのをそのまま加熱せずに食べてもそれなりに食べられます」とは書いたものの、たとえ加熱しても、普段「土鍋」で炊いているごはんの美味しさに比べると、味わいが相当に物足りません。「ごはんパック」はやはり災害時用途に適したごはんのようです。

災害時には、別途在庫してある「切り餅」をカセットガスボンベ方式のコンロで焼いてヴァリエーションをつけましょうか。プーと膨らんだ餅に常温保存の味噌を少しつけて食べると美味しいですよ。

人気ブログランキングへ

|

« 「味キャベツ」 | トップページ | 「50年ぶりの異常気象です」という報道と、自然の循環 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「味キャベツ」 | トップページ | 「50年ぶりの異常気象です」という報道と、自然の循環 »