« はじめての、IOTキッチン家電 | トップページ | 早めの正月準備、年賀状と正月飾り »

2019年12月17日 (火)

おまけのバッグが欲しくてスパークリングワインを2本購入

ワイン用のバッグというものは実用一辺倒からしゃれたのまでいろいろ揃っています。四合瓶(720ml)ならそれを流用できるのですが、日本酒も一升瓶となると、頃合いのバッグがありません。需要がないのかもしれません。

知り合いを訪問するときに一升瓶を下げて、という話は以前はよく耳にしました。一本ないし二本を手で下げられる形に風呂敷で包んで持って行ったのでしょう。そういう場合の風呂敷包みというのは大きくなりますが、男の手にぶら下がるとそれなりの風情がでます。

2-4
写真は「BELCY」様のサイトからお借りしました。

日本酒の一升瓶を2本まとめて持ち運ぶそれなりに頑丈な布袋を捜していました。酒屋に頼んであった素朴というか古風な作りの純米酒を2本いっしょに持ち帰るためです。今までは、ワインを持ち運ぶための大きめの布バッグを二つ用意して、酒屋に、といっても歩いて持ち帰れる距離の酒屋に注文したものを引き取りに向かっていました。しかし、左右に1本ずつ下げるのはどうもかったるい。

スパークリングワインを2本買うと、そのイタリア産のスパークリングワインが2本スポッと入って持ち運べる布バッグがおまけについてくるキャンペーンをやっていました。12月です。それが目に入った瞬間に、これだ、と直感しました。スパークリングワインやシャンパンは、一般のワインと違って酒の勢いで割れると困るので瓶の作りが太くて頑丈です。

日本酒の一升瓶も大丈夫なはずだとお店に断りを入れてその場で試してみたら問題ありませんでした。先が少しはみ出しますがご愛嬌です。わずかの余裕で心地よくフィットしています。さっそくスパークリングワインを2本購入しました。欲しいのは布製バッグ(下の写真)ですが、スパークリングワインは年末・年始は邪魔にならない。子供が付属のおまけ欲しさに月刊誌を買ったりしますが、それと同じことです。

ぼくにとってはけっこうな買い物でした。

Martini
スパークリングワイン用の布製バッグに日本酒の一升瓶を2本。肩から下げられます。

人気ブログランキングへ

 

|

« はじめての、IOTキッチン家電 | トップページ | 早めの正月準備、年賀状と正月飾り »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめての、IOTキッチン家電 | トップページ | 早めの正月準備、年賀状と正月飾り »