« 最近はわかりやすい魑魅魍魎が跋扈する、あるいは、(続)IRに関して、ふわふわ路線が役に立つ | トップページ | 冬至は何を食べる? »

2019年12月20日 (金)

冬至のお祝い

三寒四温はまだ継続中で、黒い地面と雪が積もった白い地面が交互に現れます。一面が白に覆われないのは、ぼくにとってはなかなかけっこうな按配です(スキー場の運営者やスキー愛好者は苛々しているとは思いますが、それはさておき)。

三寒四温の最中に「冬至」がやってきました。一年中で北半球では昼が最も短い日のことを「冬至」と呼びます。2019年は冬至が12月22日(日曜日)だそうです。ぼくは夜行性の動物とは違って昼が長いほうが好きなので、いちばん昼の長い夏至がお祝い対象日であるように、昼がこれ以上短くならないその転換日であるところの冬至もお祝い対象日です。22日は早めにお酒を飲みはじめましょうか。

クリスマスが冬至の近くにあるのも、そのお祝いがキリスト教に換骨奪胎されてクリスマスとなる前のもともとは冬至(太陽神の誕生)のお祝いだったと考えると、北半球の寒い地域の住人としてはとても腑に落ちます。

だから、冬至の辺りのイベントはヒトの本能的な感性に訴求するものがあるので、クリスマスは宗教と関係なく「お祭り」として世界中に拡がっていったのも不思議ではない。クリスマスと呼ばれているものを冬至のお祭りだと考えると、その形や内容は各地域と各文化の自由です。酔っぱらって少々羽目を外すくらいがちょうどいいかもしれません。

関連記事は『「三寒四温」札幌バージョン』。


人気ブログランキングへ

|

« 最近はわかりやすい魑魅魍魎が跋扈する、あるいは、(続)IRに関して、ふわふわ路線が役に立つ | トップページ | 冬至は何を食べる? »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近はわかりやすい魑魅魍魎が跋扈する、あるいは、(続)IRに関して、ふわふわ路線が役に立つ | トップページ | 冬至は何を食べる? »