« 吉田健一の文章を楽しむ方法 | トップページ | 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった »

2020年1月24日 (金)

雪が降った日の傘とバス

スコットランドのように秋の雨の中でも通りを行く人たちが傘を差さないという文化もありますが、札幌の人たちも雨の日はそうでないとしても、雪降る中ではあまり傘を差しません。

風が強くて雪が地を掃くように舞うと危なくて傘を差せないという事情があるにせよ、普段の札幌の雪は粉雪で乾いているので、コートに着いた雪も目的地に着いたときに手袋でさっと払うとさっと落ちてくれる、衣類はほとんど濡れない、それで傘を使わない。雪の中を首をマフラーで覆ったコート姿で男性と女性が黙々と歩く光景はそれなりに風情です。

しかし、先週や今週の雪のようにサラサラとしていない、つまり湿った重めの雪の降る朝はその雪がコートに積もるというかコートや帽子にくっついて濡れてしまうので傘を差すことになります。まわりの歩いている人たちを目の子算すると10人に3人以上は傘を差していました。雨の日の傘と同じです。ぼくも傘です。

以前から通学や通勤に使うところの路線バスが苦手で、徒歩で25分くらいの距離なら、ひどい雨の日は別として、バスの到着を待つのも嫌なので歩いてしまいます。待っていると次がすぐに来る札幌市電のような交通手段ならいいのですが、市電は利用地域が限定されています。

しかし、1月でも重い雪が積もって融けてそのあたりが水っぽいシャーベット状やそれ以上になっていると歩くのもうんざりだし、そばを走り抜ける車のタイヤから水しぶきをお見舞いされるので、そういう場合は、路線バスを利用します。目的地と目的地での所要時間が予測できる場合には路線バスも便利です。道路事情でいささか遅れることもありますが、しかたない。

しかし、乾いた小麦粉のような雪が降り積もった後の歩道は、歩くと雪がキュキュッと鳴って気持ちがいい。歩きやすい。滑らない。そういう場合はバスを待ちません。

人気ブログランキングへ

|

« 吉田健一の文章を楽しむ方法 | トップページ | 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉田健一の文章を楽しむ方法 | トップページ | 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった »