« 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった | トップページ | 令和二年の味噌作り(寒仕込み) »

2020年1月28日 (火)

寒いので北側の窓に氷の花、道路は真っ白なアイスバーン

一日中がそれなりの真冬日だと「氷の花」が窓に咲きます。一般的に何と呼んでいるのか知りませんが、我が家では「氷の花」と優雅な名前を付けています。「花」になるときと、下の写真のように「ぺんぺん草」風になるときとがあります

南側の窓にはさすがにこんな花は咲きませんが、北側に向いた窓は、それなりの頻度で結露を取り除いてあっても、たとえば先週の土曜日のように明け方の気温がマイナス7℃、日中の最高気温がマイナス4℃だと、二重窓の外側の窓ガラスの部屋側に花が咲く。

47-202001  北向きの窓に氷の花

こういう日は道路もアイスバーン状態で、とても交通量の多い幹線道路以外は、まん中も路肩付近も固まったような白の広がりで、そういう場合は暴走する車はまず見かけません。秘かにスピンとその制御の練習をしている若者がいてもよさそうな気もしますが出会ったことはない。皆さん、滑りを勘定に入れてゆるゆると運転しています。

この上に夜中に軽く新雪が積もると、朝はその新雪の分だけとても歩きやすくまたタイヤも道路をグリップします。しかし新雪の下に何があるかを知らずに急に走ったり急ブレーキをかけるとひどい目に合うことになるかもしれません。

Photo_20200125150201  
            道路はアイスバーン状態

人気ブログランキングへ

|

« 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった | トップページ | 令和二年の味噌作り(寒仕込み) »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 味噌用の大豆と米麹と塩がそろった | トップページ | 令和二年の味噌作り(寒仕込み) »