« 熟成1年と熟成6年の自家製味噌 | トップページ | 「長安の春」における春の花の季節感 »

2020年2月14日 (金)

タクアン、今年2回目の取り出し

2019年度版のタクアンの1回目の取り出しは1月10日でした(「今年最初のタクアン」)。で、昨日が2回目で、1回目の数本がなくなってきたので、また数本まとめて樽から取り出したのですが、一昨日まではひどい真冬日で凍える中での作業は億劫なので、暖かい日を作業日としました。

取り出したタクアンは、すぐに食べるの以外は、電動の真空パック器を利用して、糠を付けたままの状態で一本ずつ薄いポリ袋に入れ、それをさらに器具専用の袋に入れたのを真空パックして(そうするとタクアンは傷まないし匂いが外に漏れることもない)、食べる順番が来るまで冷蔵庫に寝かせておきます。専用袋の日付欄には昨日の日付を記入しておくと便利です。

今年も美味しいタクアンです。

2019-d

2019-a_20200213154701


人気ブログランキングへ

|

« 熟成1年と熟成6年の自家製味噌 | トップページ | 「長安の春」における春の花の季節感 »

野菜と果物」カテゴリの記事

漬け物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熟成1年と熟成6年の自家製味噌 | トップページ | 「長安の春」における春の花の季節感 »