« 甘酒はおいしいので夏も冬も米麹の甘酒 | トップページ | 新型コロナウィルスとクラスターという用語のことなど »

2020年2月28日 (金)

サラダにはジャガイモよりもサツマイモ

札幌に住んでいるから、イモ類はジャガイモというわけではありません。最近はどちらかというとジャガイモの消費量は少なくて(ごくわずかで)、食事にはサトイモやサツマイモです。北海道でもわずかにサツマイモを生産していて、そしてそういうのは必ず試してはみるものの、普段口にするのは「鳴門金時」です。

札幌の店頭でいちばん見かけるのは関東産の「紅あずま」ではあっても、我が家の食欲は赤紫がきれいな「鳴門金時」に向かいます。

現在、この冬という季節に楽しんでいるのは、蔵出しの鳴門金時。秋に収穫したのを貯蔵しておいて、それを1月中旬くらいから出荷するので蔵出しです。その蔵出しを、オーブンで160℃で50分焼くと下の左側の写真のような焼き芋ができ上がります。時間がない場合は200℃で30分でも構いませんが、低温でゆっくりと焼いた方が美味い。

これを軽くマッシュしたのを酢と塩麹でドレッシングしてサラダのひとつとして、たいていは葉物野菜のサラダといっしょにいただきます。

202002 S_20200228093801


人気ブログランキングへ

|

« 甘酒はおいしいので夏も冬も米麹の甘酒 | トップページ | 新型コロナウィルスとクラスターという用語のことなど »

食べもの」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

イモ類」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甘酒はおいしいので夏も冬も米麹の甘酒 | トップページ | 新型コロナウィルスとクラスターという用語のことなど »