« 「長安の春」における春の花の季節感 | トップページ | 「うがい」に自家製梅酢 »

2020年2月18日 (火)

鉢植えのラベンダーと2月の雪

富良野の手入れのいい農園のでも近所の道路際の植栽場で手入れとは縁のなさそうなのでもラベンダーは毎年夏に紫の花を咲かせるので、つまり雪と寒さの中を元気に冬越しするので、だから自宅の鉢植えのラベンダーも手入れさえよければ長生きするはずです。

冬になり身近から「緑」が消えてしまうのは残念なので、他の鉢植えは片付けてもラベンダーの鉢植えだけは残してあります。下の写真はこの夏にフラワーフェスティバルかなんかで購入した北海道産のラベンダーの先日の雪の日の様子です。雪の中で凛としているのはなかなかにいい。

20200210 2020年2月上旬

ただ鉢植えだと、植えてから数年すると元気がなくなるようです。これはしかたない。下の雪のラベンダーは2016年2月下旬の撮影で、このラベンダーはその年の秋に、最後の花を咲かせた後、5年か6年の寿命が尽きました。毎年きれいな薄紫の花でぼくたちの眼を楽しませてくれていましたが。

20160229
          2016年2月下旬

同じラベンダーの2013年7月の薄紫の花。
古い画像も残しておくものです。20130714b1-tm


人気ブログランキングへ

|

« 「長安の春」における春の花の季節感 | トップページ | 「うがい」に自家製梅酢 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「長安の春」における春の花の季節感 | トップページ | 「うがい」に自家製梅酢 »