« Financial Times のコロナ(COVID-19)関連の無料記事 | トップページ | 精米歩合が70%~75%くらいの純米酒が好み »

2020年3月26日 (木)

筍(たけのこ)の季節

「筍(たけのこ)」の季節です。北海道でもタケノコは採れて野菜売り場に並びますがそれはチシマザサ(千島笹)の若竹(写真参照)で、「ふっくらとした筍(孟宗竹の筍)」は採れません。西日本で幅広く収穫される孟宗竹はもともとは外来種、チシマザサは在来種。

だから、いわゆる筍を料理しようと思ったら、静岡、京都、福岡、鹿児島、熊本といったところから運ばれてきた採れたてを近所の野菜売り場で買い求めることになります。

外来種の孟宗竹が気持ちよく生育できる地域以外では、北海道に限らずスリムな在来種が駆逐されずに残っているので、スリムなタケノコを炊き込みご飯や味噌汁、あるいは素焼きで楽しんでいると思います。

孟宗竹の筍は柔らかいところは、おすましや筍ご飯、薄味のシンプルな煮物、木の芽和え、それから硬いところは味噌汁の具にすると、定番料理は定番としてのそれぞれの「春」を堪能できます。暮らしの彩りです。

20200319
       鹿児島産の筍

Photographer-aomroikuma-wikipedia-wikime
チシマザサのタケノコ (Wikipediaから引用 Photographer Aomroikuma (Wikipedia Wikimedia Commons))

人気ブログランキングへ

 

|

« Financial Times のコロナ(COVID-19)関連の無料記事 | トップページ | 精米歩合が70%~75%くらいの純米酒が好み »

食べもの」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

きのこ・筍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Financial Times のコロナ(COVID-19)関連の無料記事 | トップページ | 精米歩合が70%~75%くらいの純米酒が好み »