« テイクアウト宣伝チラシと、知事の実力の実地棚卸し | トップページ | 「日本企業が製造販売をするマスク」と、「キッチン用高濃度除菌アルコール」が買えた »

2020年5月22日 (金)

もうひとつのテイクアウト風ビジネス

下の写真は植えたばかりのハーブ野菜です。左がバジル、右が青紫蘇。近所の花屋さんで購入しました。

20200521

その花屋さんは業務用需要専門で、一般消費者相手に花を小売するといういわゆる花屋さんビジネスはごくわずか。ビジネスの中心はホテルや専用の式場で行われる結婚式や結婚披露宴におけるフラワーアレンジメント需要に丁寧なコンサルティングで対応することです。そのわずかな一般消費者相手の商売のひとつが正月飾りで、我が家の玄関の正月飾りはそのお店のお世話になっています。

結婚式ビジネスそのものが頭打ちになってきたということがそもそもの背景にあったとも想像できるのですが、今回の新型コロナ騒動の休業要請等で、結婚式や結婚披露宴そのものが、従って花の需要が急激に少なくなったのでしょう。気がついたらジャスミンやラベンダーといった季節の鉢植えと黒いポットに入った野菜の苗も販売し始めていました。小売りの範囲を広げたとも言えるし、テイクアウトビジネスに乗り出したとも解釈できます。テイクアウトは食べ物屋とは限らない。

で、タネをいつものタネ専門店にネット注文したばかりですがそれはそれで今後必要なので、バジルと青紫蘇の苗をホームセンターなどよりは高い値段で買って応援です。ボリュームのある野菜にバジルと青紫蘇とそれから(これはタネから栽培中の)ルッコラと組み合わせて自家製の塩麹風味のドレッシングを振りかけるとそれなりの野菜サラダができ上がります。


人気ブログランキングへ

|

« テイクアウト宣伝チラシと、知事の実力の実地棚卸し | トップページ | 「日本企業が製造販売をするマスク」と、「キッチン用高濃度除菌アルコール」が買えた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テイクアウト宣伝チラシと、知事の実力の実地棚卸し | トップページ | 「日本企業が製造販売をするマスク」と、「キッチン用高濃度除菌アルコール」が買えた »