« 七月の声を聞くと立ち葵 | トップページ | その日の天気は「雨雲の動き」(予想)を見るに限る »

2020年7月 8日 (水)

美容業界のモビリティ

美容業界のモビリティといっても、私的でミクロな視点の話です。

ある美容室にお世話になって10年になります。同じ美容師(ヘアスタイリスト)に配偶者とぼくの両方のカットを担当してもらっています。現在の美容師はそのお店では3人目の担当者です。この10年で3人目という意味です。その3人目の男性美容師が今月半ばから仲間といっしょに、彼らを雇う形で自分の美容室を始めます。

最初にぼくたちの担当だった男性の美容師も、そのあとぼくたちの担当になった(そのときはこちらが指名した)女性美容師も、お付き合いはそれぞれ3年と少しくらいでした。二人とも独立したからです。

最初の担当美容師は初めてお会いした当時32歳から33歳くらいの男性で、3年ほどお世話になったあと、今まで働いていた店と競合しない程度に離れた場所に経営者としてお店を開店しました。銀行からの借り入れの話をうかがい、札幌商工会議所が提供している無料のエリアマーケティングツールなどについてお話しした記憶があります。開店時の従業員は二人です。雪の中を開店のお祝いに行きました。

二番目の担当は20歳代後半の女性で、彼女も30歳くらいのときに友人の女性ヘアスタイリストとお店と家賃などの固定費をシェアする形でビジネスを始めました。それぞれに自分の顧客を持ち、シャンプーなどを担当するアシスタントは置きません。彼女はお世話になっている時から、年に2回くらい、それぞれ一週間ほどヨーロッパに臨時仕事に出かけていました。ファッションショーかなんかの髪の担当で道具のぎっしりと詰まった重い専用トランクをゴロゴロ押しての旅だと聞きました。そういう仕事に関してお店とどういう折り合いをつけていたのかは知りません。東京で開催される講習にも定期的に参加していましたが、東京は空気が汚いというのが毎回の彼女の感想です。

三番目の担当は現在30歳代後半の男性で、今月から開業するのはその彼です。彼にも三年くらいお世話になりましたが、散髪中は食べものや食べもの関連のイベントが話題になりました。ゴルフを始めたばかりでお好きだったので、ぼくが捨てずに置いた未使用のボールや木製のティーをけっこう大量にプレゼントしました。「ボールにこだわりがなければ使ってみてください」

三人ともそれぞれ中央区と呼ばれる札幌の中心部で事業者として働いており(ひとりは独立したばかりですが)、今回の新型コロナウィルス騒動で収入減や臨時の追加費用の発生で苦しんだはずです。時節の挨拶を兼ねた手紙でも書いてみますか。


人気ブログランキングへ

|

« 七月の声を聞くと立ち葵 | トップページ | その日の天気は「雨雲の動き」(予想)を見るに限る »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七月の声を聞くと立ち葵 | トップページ | その日の天気は「雨雲の動き」(予想)を見るに限る »