« 「神社に狛犬、寺院に狛犬」、「阿形(あぎょう)の狛犬、吽形(うんぎょう)の狛犬」 | トップページ | 散髪中のウトウト、散髪中の会話 »

2020年9月15日 (火)

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴

先週末に、あるお店のオーディオコーナーでスピーカーの視聴をしてきました。視聴したのはネットワークスピーカーと呼ばれているタイプです。実際に音を感じてその音の流れを浴びてみないとそのスピーカーの音の塩梅が実感できません。で、好きな音楽を選択的に保存してあるところのスマートフォンを持参していくつかの製品を視聴です。

先日「従来タイプのステレオスピーカーは若い人には絶滅危惧種?」で次のように書きました。

「最近人気のワイアレススピーカーというのかネットワークスピーカーというのかについてざっと調べてみました。音に対するニーズの変化がなんとなくわかりましたが、提供される音そのものの質が変わったとも思われません。凄く割り切った書き方をすると、ワイアレススピーカーを利用して家庭内のいろいろな場所でスマートフォンやテレビを媒体に室内に心地よく拡がる音を楽しみたいので、別にステレオである必要はない、モノラルでも構わない、ということみたいです。もちろん、ステレオ仕立てのワイアレススピーカーもありますが。」

それはネットや雑誌などで調べた情報で、自分の耳で感じたものではないので、実際のネットワークスピーカーなるものが出す音に、つまりそのライブ感(たとえば、すぐ目の前で人が歌い、すぐその隣でピアノの音がその声に絡む)に自分の耳がどう反応するか、それを確かめたい。勝手に視聴できるのはBluetooth経由という環境に限定されますが仕方ありません。

モノラル仕立てのものは、どうハードウェアとソフトウェアの音響技術を駆使してサラウンドスピーカー風に仕立てようと、やっぱりそういう種類の音でしかないようです。ぼく向きではない。あるいはその場で一緒に音を聴いた配偶者向きでもない。ステレオ仕立てのものにはそれなりに心を動かされるの音を出す(出しているらしい)ものが二つほどありましたが・・・。

そういうネットワークスピーカー環境が今までの音と比べてアップサイジングになる人にとってはモノラルであっても低音の豊かなスピーカーになり、その環境が相当なダウンサイジングになる人にとっては、その製品の物理的な大きさなども考慮してどこでその音と妥協するかが問題になる、ということのようです。

人気ブログランキングへ

|

« 「神社に狛犬、寺院に狛犬」、「阿形(あぎょう)の狛犬、吽形(うんぎょう)の狛犬」 | トップページ | 散髪中のウトウト、散髪中の会話 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

情報処理」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「神社に狛犬、寺院に狛犬」、「阿形(あぎょう)の狛犬、吽形(うんぎょう)の狛犬」 | トップページ | 散髪中のウトウト、散髪中の会話 »