« 枝を手折(たお)る | トップページ | 天気予報用語に関する違和感のことなど »

2020年9月 4日 (金)

マスクの抽選に当たった

2020年4月30日 (木)のブログ記事「クリーンルームで生産された日本製マスクの抽選に応募してみたら・・」の続きです。

《【・・・ご当選のお知らせ】・・・ご購入手続きのご案内》というタイトルのメールが昨日の午後に届いていました。ほとんど諦めていたマスクの抽選に当選した模様です。珍しいこともあるものです。

その「クリーンルームで生産された日本製マスク」のいちばん最初の抽選が《応募総数:4,706,385人 当選者数:40,000人 (40,000箱)》だったので、その結果は、世の中は必ずしも期待したようには行かないことを確認しただけだったのですが、《第1回抽選販売にご応募いただけなかった方は、第2回以降の抽選販売でご応募ください。 なお、既にご応募いただいた方につきましては、自動的に第2回以降の抽選販売の対象とさせていただきますので、改めてご応募いただく必要はございません》という文面に淡く期待して――実際はほとんど期待せずに――待っていました。

なぜなら、相対的に廉価で一定以上の品質をそなえた中国製マスクが溢れ始めたにもかかわらず、この日本製で当該企業のロゴが入ったその白いマスクは週当たりの当選者数よりも週当たりの追加応募者数のほうが多いという状況にあり、つまりくじ引きなどに強くないぼくにとってはますます当選機会が遠のいた状況にあったからです。

しかし突然の僥倖で、僥倖ではあるのですが、値段は今となっては決して安くないし、別途それほど安くない送料もかかるとしても、乗り掛かった船で、購入手続きに進んでしまいました。マスクの到着までには一週間くらいかかるみたいです。到着後は、当分の間は例の「アベノマスク」の隣に置いて記念品扱いとする予定です。


人気ブログランキングへ

 

|

« 枝を手折(たお)る | トップページ | 天気予報用語に関する違和感のことなど »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枝を手折(たお)る | トップページ | 天気予報用語に関する違和感のことなど »