« 徒然草の中の枕草子、源氏物語や紫式部日記 | トップページ | 徒然草の中の神仏習合 »

2020年9月10日 (木)

車のテレビコマーシャルは、はや、冬用・雪用

先日の台風の影響の名残りか、北陸に多いフェーン現象が札幌でも発生し(札幌は比較的に日本海側なので)、その後も日中は30℃越えで夏がぶり返しています。湿度が高くて鬱陶しい。夕方であってもすぐに汗だらけになることを想像すると運動(速歩き)をする気も萎んでしまいます。

例年なら(と、気象予報士の好きそうな表現を使うと)気温や湿度や空気の透明感がちょうどそれの登場に合うのでしょうが、今年はまだそんな雰囲気ではありません。でも、朝夕がいつ急に冷え込むかもしれないし、ビジネスのサイクルとしては時期的にはもう始めないと間に合わないのでしょう。冬用・雪用タイヤのテレビコマーシャルの頻度が増してきました。

コマーシャルの中では北海道の雪原や札幌の街中に降り積もった雪の道を車が走っています。この前の冬の映像だと思いますが、雪の感じが新しくてきれいなので昨年の冬の始まりの大雪のときに翌年用に撮影したものかもしれません。タイヤ会社や広告代理店はそういう映像をそれなりにストックしてあるに違いない。

札幌で9月になってもエアコンというのはほとんど経験がありませんが、今年はエアコンの冷気といっしょに雪用タイヤのコマーシャルが流れています。

それから、2年前に北海道は地震が原因でブラックアウトを経験しましたが、冬の災害に備えて、大きなバッテリーを積んだ発電装置としての車というメッセージの広告も目立ちます。

人気ブログランキングへ

 

|

« 徒然草の中の枕草子、源氏物語や紫式部日記 | トップページ | 徒然草の中の神仏習合 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徒然草の中の枕草子、源氏物語や紫式部日記 | トップページ | 徒然草の中の神仏習合 »