« 「脱力系ジャケット」 | トップページ | 朝早くに出かけるときは、おにぎり »

2020年9月23日 (水)

ネットワークスピーカー候補を引き続き調査中

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴」の続きです。

オーディオメーカーの中にはソフトウェアに弱いところもあるので、そういうところの製品(ここではネットワークスピーカー)でハードウェア機能的にはすぐれものがあってもそれが売れ筋でないとソフトウェア更新も遅れ遅れになり、そのうち捨て置かれてしまい、やがて製品カタログから消えてしまう(つまりサポートの提供も消滅する)というのは十分に予測される事態です。そういう事態が予測されるものは選択肢から外します。

スマートフォンやタブレット端末に組み込まれている機能のひとつに音声インターフェースというかおしゃべりインターフェースというか、そういうものがあります。そういうものについてのぼくや配偶者の評価は低くて、何かの具合で間違えてそれが機能し始めるとぼくから出る声は「うるさい」「しゃべるな」「黙ってろ」「お前は本当に頭が悪いね」くらいです。ぼくはまだそこまでの時間を取ってあげる親切心がありますが、配偶者はまったくのシカトです。

そのおしゃべりインターフェースを活用するために開発されたのが、宣伝等によればスマートスピーカーと呼ばれるものらしいのですが、我が家にそういう騒音インターフェースを利用するというニーズはありません。

しかし、です。そのスマートスピーカーを2台、ペアで組み合わせて左右に割り振ればけっこう音の良いステレオスピーカーとして使えるものがあるらしいことに気がつきました――実際は配偶者がそれに気がついてぼくに教えてくれたのですが。スマートスピーカーのおしゃべりインターフェースにはまったく興味はありませんが、そちらの、いわは設計製造販売会社にとっての副次機能にはとても関心があります。売り場で、ステレオ仕立てで音が聴けるかどうかはわからないにしても、一本なら、音の具合をゆったりとした空間で確かめられそうです。

連休中は「人混みを離れて」を実行していたので出かけたのはご近所野菜の購入と速足散歩くらいでした。売り場が暇そうな曜日を選んで好みの音楽を試聴してみるつもりです。


人気ブログランキングへ

|

« 「脱力系ジャケット」 | トップページ | 朝早くに出かけるときは、おにぎり »

音楽」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

情報処理」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「脱力系ジャケット」 | トップページ | 朝早くに出かけるときは、おにぎり »