« ステレオネットワークスピーカーの音の楽しみ | トップページ | 言語は時間をかけて、規則性が少なく組み合わせが自由な方向に流れていくらしい »

2020年10月16日 (金)

雪虫(ゆきむし)

「雪虫が飛んでいました。ご覧になりました?」
「今年はまだ見ていません」

こういう会話が北海道以外でも成立するのかどうか知りませんが、「雪虫」とは雪の季節が到来する直前にそのあたりを飛ぶ白い小さい虫のことです。飛ぶ姿が小さな雪片が舞うようにも見えるので「『雪』虫」です。弱弱しくふわふわと舞うように飛ぶこの白い虫に出会うと、その日から1週間から10日ほどで初雪だと言われています。

雪虫の出現と初雪――初雪には雪片が短時間ちらちらと舞い落ちるのも含む――との時期的な相関は高いようです。昆虫の中にはスーパーコンピュータのシミュレーションをはるかに凌駕する予測能力を発揮するものもいるので、とくに不思議ではありません。

手元に自分で撮影した雪虫の写真がないので、「えんがる(遠軽)で見た」という北海道・遠軽町にお住いのかたのブログからお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。

雪虫が林の中を舞っています。

Photo_20201016081601


人気ブログランキングへ

|

« ステレオネットワークスピーカーの音の楽しみ | トップページ | 言語は時間をかけて、規則性が少なく組み合わせが自由な方向に流れていくらしい »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ステレオネットワークスピーカーの音の楽しみ | トップページ | 言語は時間をかけて、規則性が少なく組み合わせが自由な方向に流れていくらしい »