« 続「マスクの抽選に当たった」 | トップページ | 平家物語と令和の義偉(よしひで) »

2020年10月 5日 (月)

札幌の秋は「ななかまど」の赤

札幌では、「ななかまど」の実は、9月中旬以降雪が降り始めたあとまでも継続して、さまざまな色合いの赤を提供してくれます――札幌に限ったわけではないとしても――。その期間が長いのは「ななかまど」という樹の生命力が強いということがあり、色合いの豊富さは彼らに種類の差や個体の差があるからです。

実の色は濃い赤から、朱色に近い赤、橙色に近い赤などがあり、葉の色も濃い緑から淡い感じの黄緑までいろいろなので、それらの組み合わせの妙を街中の通りや植栽場や公園で堪能できます。

歩いているときに姿のきれいな女性が佇んでいるのを見かけた感じで「ななかまど」の鮮やかな赤や風情のある赤に出会うと、立ち止まってしばらく眺めてしまいます。

Photo_20201004201601


人気ブログランキングへ

|

« 続「マスクの抽選に当たった」 | トップページ | 平家物語と令和の義偉(よしひで) »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

木と樹々」カテゴリの記事

存在が花する」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続「マスクの抽選に当たった」 | トップページ | 平家物語と令和の義偉(よしひで) »