« コロナで人の波が急速に引いてしまった繁華街と、刺身 | トップページ | 「すべり止め用砂が入っています、ご自由にお使いください」 »

2020年11月16日 (月)

雪で実感する紅葉や黄葉の意味

風で小麦粉のように直ぐに飛び散るパウダースノーは別としても、雪は積み重なると凍った水分なのでけっこう重い。だから、雪下ろしをしないと雪国の家屋は倒壊します。

樹々にとっても積雪は死活問題です。重い雪が降り積もると枝が折れ、下手をすると樹自体が倒壊します。樹々は自分では雪下ろしができないので何らかの方法で自分に積もる雪の量を少なくするしかありません。そのためにはまず葉を落として積雪面積を小さくすればいい。

落葉広葉樹は秋になると赤や黄に色を変えます。葉を落とすための準備です。冬の風が吹いてきた時にさっと葉を落とすための準備として、樹は葉への糖分や水分の供給を断ちます――その結果、紅葉系はアントシアニンが生成されて紅くなり、黄葉系は緑のクロロフィルに隠れていたカロチノイドが現れて黄色くなる。

下の写真は、今年ではない年の秋と冬に撮影した楓(かえで)です。楓は広葉落葉樹なので葉はきれいに紅葉し、そのあとすっかり葉を落としますが、それでも雪は大枝と小枝に少なからず降り積もっています。結構な重さだと想像しますが、葉が落ちずに残っているとすると、その負荷は倍くらいでは済まない。落葉のない針葉樹は葉を針のように細くして葉への積雪量をできるだけ少なくしているのでしょう。

B_20201113162701

C_20201111155301

D  
        枝に雪が積もった落葉広葉樹の楓(かえで)


人気ブログランキングへ

|

« コロナで人の波が急速に引いてしまった繁華街と、刺身 | トップページ | 「すべり止め用砂が入っています、ご自由にお使いください」 »

季節と時節」カテゴリの記事

木と樹々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナで人の波が急速に引いてしまった繁華街と、刺身 | トップページ | 「すべり止め用砂が入っています、ご自由にお使いください」 »