« 2月の声を聞いたので、タクアン | トップページ | 別にどうということもない発言内容だと思うのですが・・ »

2021年2月 4日 (木)

あるホテルのスポーツジムのマーケティング

ある札幌市内のホテルがホテル内で運営する会員制のスポーツジムというのかフィットネスクラブというのかの新規会員募集案内チラシが郵便受けにポスティングされていました。「新規会員募集中、新春入会&体験キャンペーン」という見出しがあり、その間は、入会金も通常よりは安くなっています。

会員をそれほど集めるところではないと思うので売上金額はそれほど多いとは思わないけれど利益率は高いレベルで安定していると考えると、現在のコロナ不況下ではこうしたスポーツビジネスにも依存したくなる。

札幌のホテルは内外の観光客(とくに外国人観光客)やビジネス関係の宴会やパーティーが収入の源泉ですが、観光客の宿泊や食事、宴会やパーティーの売り上げが減少し低い水準で推移する中でなんとか定常的に売上額と利益額を確保しようと思ったら、今まではホテルの付属品扱いだったと思われるスポーツジムが急に輝き始めたのでしょう。

札幌ではそれなりの年数を経たホテルなので、そのフィットネスクラブに若い人が大勢集まるとは思われないとしても、コロナという理由だけでなく、とくに雪の札幌で気儘な外出ができない不満を、感染防止策や衛生基準の明確なタイプのスポーツクラブで運動したいと考える中高年や高齢者は多いと想像できます。そういう層を深掘りする形で開拓しているのかもしれません。コロナの季節の地味なマーケティングです。


人気ブログランキングへ

|

« 2月の声を聞いたので、タクアン | トップページ | 別にどうということもない発言内容だと思うのですが・・ »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月の声を聞いたので、タクアン | トップページ | 別にどうということもない発言内容だと思うのですが・・ »