« 気軽に温泉に行きたい | トップページ | レモンの葉に棲み付いたハダニというやっかいな奴 »

2024年4月17日 (水)

20年間使い続けたソーダガラスのコップ

平凡なソーダガラスのコップです。買ったのは20年前。近所に出来たある大手小売りチェーン店の入り口付近の特売コーナーにありました。持ちやすそうで安定感がある姿かたちだったので、水飲み専用のガラスコップとして迷わず購入しました。容量は220~225ml。トルコ製。値段はなんと3個で200円。6個買ったので400円でした。

トルコは色鮮やかな模様の入ったチャイ(お茶)グラスの伝統があるので、そのガラス製造技術を利用して輸出用の簡素な廉価品を生産しても不思議ではない。新規オープン店用の目玉商品としてその小売り大手が前もってそういうガラスコップを在庫していたものかもしれません。当時の消費税は5パーセントでした。

220ml

水飲み専用ですが手で洗ったり食洗機で洗ったりを20年間繰り返しているうちに2個がダメになりました。残りは4個です。しかしよく見ないとわからないにしてもさすがに細かい傷が表面についてきたので、ほぼ同じくらいの容量で安定感のある透明なガラスコップの6個セットに買い換えることにしました。上部の径が下部の径よりもわずかに大きい円筒形に近い平凡な形で底が厚く安定性のあるシンプルなガラスコップはありそうでなかなかないものです。

クリスタルガラスの高級品には円筒形で底が厚く安定感が抜群のものがあり重宝していますが、食洗機対応で普段使いの水飲みコップ用途には向いていません。

20年間お世話になったガラスコップです。そのうち地方自治体運営のゴミ処理場に他の燃えないゴミといっしょに持って行く予定です。


人気ブログランキングへ

|

« 気軽に温泉に行きたい | トップページ | レモンの葉に棲み付いたハダニというやっかいな奴 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気軽に温泉に行きたい | トップページ | レモンの葉に棲み付いたハダニというやっかいな奴 »