経済・政治・国際

2020年7月 3日 (金)

詐欺もどきの(と言うと失礼かもしれないが)、意味不明瞭な発表

経済効果などに関する政府(関係官庁)の発表でよく使われる手のひとつに、大きそうな経済効果の金額だけを提示して、それが1年間での経済効果なのか、10年間という長期での経済効果なのかについては、当該発表の中では明らかにしないというのがあります。

読む方は1年をデフォ期間と考えますが、発表当事者は10年を想定している。10年でその金額なら別に経済効果云々というほどのこともない些細な金額です。たしか、TPP議論が盛んなときにそれを積極的に推進する担当官庁が使った手だと記憶しています。

今回もマイナンバーポイント制度に関して、同じ手の、よく考えると何を言っているのかよくわからない発表、換言すれば詐欺もどきの発表に出合いました。

ニュース記事(時事通信 2020年7月1日)によると

《マイナポイント(マイナンバーポイント)制度は、消費者がスマートフォンのQRコードやクレジットカードなど決済手段を一つ選んでマイナンバーとひも付け、買い物額の25%分を還元する。上限額は5000円。》

その理由は

《6月末までの「ポイント還元」制度では複数のキャッシュレス決済サービスが利用できたが、マイナポイントでは1人一つに限られるためだ。》

これを読むと、買い物ごとに、毎回、買い物金額の25%を還元、ただし上限額は5000円、と解釈してしまいます。つまり、2万円の買い物を月に5回すると、その月の還元額は10万円の25%で2万5000円(上限額の範囲内)。

しかし、同じ記事に

《マイナポイントに必要なマイナンバーカードの普及率は低く、「5000円程度の還元で消費者がマイナンバーカードを取得するとは思えない」(決済事業者)との声がある。》

とあるので、5000円還元は一度限りのようです。

なぜ、「5000円還元、ただし一度限り」と明記しないのでしょうか。そんなものに訴求力がないのは当事者もよくわかっているのでしょう。だから、失礼を承知で言えば、詐欺もどきの発表内容になる。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

日帰りバスツアーとマイバッグと赤梅酢

この三つは普段はお互いに関係あるとは思えないのですが、新型コロナウィルスが底にあると繋がってきます。

日帰りバスツアーの案内が紙媒体でもメールでも頻繁に届きます。以前七月上旬に積丹半島を巡る「ごはんの見えないウニ丼ツアー」に配偶者と参加したからです。旅行会社はこの三カ月はほとんど開店休業状態だったと思うので旅行会社もプロモーションに懸命です。

しかし、潜在顧客の一人としての意見を述べると、参加する気にはなりません。札幌の北西にある観光客の多い港町で相変わらずコロナ感染者が出現しているそうですが、その場所は高齢者が集う「昼カラオケ」だそうです。マスクを外して狭い場所で歌を歌うのが感染原因でしょうか。そう考えるとその街を通過していく日帰りバスツアーは、小規模ではあるけれど「走る昼カラオケ」みたいなものです。「ごはんの見えないウニ丼」は魅力的だとしても、無理に近寄る必要はないということになります。

しっかりとした紙袋や紙バッグに食材や加工食品を詰めてくれるところでは喜んでそのパッケージを受け取っていました。これからも、安全と安心のために、お金を払ってもそうすると思います。

一方、有料のポリ袋に関しては数円といえどもバカな出費という思いがあって近所の小売店で買う大量の野菜などは複数の出来のいいマイバッグに詰めて持ち帰っていました。しかしマイバッグはエコかもしれないが汚れるので、つまりバイキンの巣窟になる恐れがあるので定期的に洗濯していました。コロナ騒動以降洗濯回数は増え今日に至ります。マイバッグは頻繁に洗濯しないとバイキンと新型コロナウィルスだらけになってしまう。洗濯のできる布マスクと同じです。

よくある話ですが、一つの視点で見たエコは、別の視点ではノン・エコに転化します。レジ袋コストと、洗剤コストと水道コストの増分を比較しないとどちらがエコかわからない。そして、レジ袋はたいていの消費者がRE-USEしています。

毎年の梅干し作りの副産物である赤梅酢を薄めて帰宅時のうがいに利用して、ずいぶんになります。赤梅酢は今までは調理用とうがい用だけでは使いきれなかったのですが、新型コロナの出現でうがいの頻度が高まったので、今後は家庭内需給が、逼迫することはないにしても、安定しそうです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年6月11日 (木)

マスクのフィット感の微調整作業

耳にかけるゴム紐の中心部を結んで少し長さを短くして全体のフィット感を高めるなどは、本当は無しにしたいのですが、当面は必要な作業だと心得ています。

テレビのレポーターなどの場合はそういう状態だと目立つので気の毒だとも思いますが、買い物ですれ違う客でもマスクが鼻からずれ落ちたような状態のかたがいて、どうもマスクの役割を果たしていないのではないかと気になります。余計なお世話だと言われたらその通りだとしても、この人の部屋もずれ落ちかけたマスクと同じ状態かもしれないなどと余計な想像をしてしまう。

ゴム紐が圧着箇所からすぐに剥がれててしまうような、新規参入のいかにも素人っぽいメーカーが製造したマスクはその品質が論外だとしても、そういうものも含めてこの2か月で、50枚単位の箱入りサージカルマスクや、「ご家族で1個(複数枚入り1セットのこと)まで」という注意書きのある5枚入り、7枚入り、10枚入りまで含めていろいろな製造会社の一般用マスクを少しずつ購入する羽目に陥りました。サイズも耳にかけるゴム紐の作りも品質もそれぞれ、わずかずつ、違います。

大人用・普通サイズと書いてあっても、またタテヨコのサイズ表示が製造業者によって、たとえば

・ 90mm x 170mm
・ 90mm x 165mm
・ 95mm x 170mm

と異なっているのは仕方ないにしても、一般用マスクの耳にかけるゴム紐には標準仕様というものがないようです。だから、鼻から顎までできるだけぴったり覆うには耳にかけるゴム紐の中心部を結んで少し長さを短くして、ゴム紐の品質レベルと相談しながら全体のフィット感を高めるという作業が、マスクに応じて必要です。

面倒ですが、その作業でマスクが顔にピタッとフィットすると瞬間的な達成感は得られます。馬鹿馬鹿しいと言われたらそれまでですが。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

一般用不織布マスクの適正価格

一般用の不織布マスクがそれなりに出回ってはきたので比較的簡単に手に入るようになってきました、が・・・。

流通量や流通価格には地域差があるのかもしれないけれど、ぼくの住むあたりでは、一般用がプロ仕様準拠のサージカルマスクの1年前の値段と同じくらいで販売されていて、有体に言えば、5枚セットが1枚100円くらい(だから税込みで500円少々)でマスクの棚の面積の半分くらいを占める感じで売られていて、しかしその製造流通会社はマスクのそれとしては今まで聞いたことがない。

配偶者もぼくも10年以上前から、マスクは必要に応じて使うようにしているので(たとえば風邪の季節に室内の人混みに入るときとかの必需品)、どういう企業のどういうブランドのマスクが高品質なのかは経験的に知っています(プロ仕様と一般用の違いも含めて)。

不思議だったのは、その隣に1枚が50円くらい(税込み)の5枚セットが数量は少ないのだけれども並べられていたことです。その会社は、製造地は中国だとしても、以前から品質のいいマスクを提供していて、しかし新型コロナ騒動直後の需給の逼迫の時期にはこの会社なマスクは市場から瞬間的に消えてしまい、どうなったのだろうと思っていたら、偶然100円マスクの隣で出合ったというわけです。記憶によれば、その値段はコロナ騒動前と同じです。注意書きが、以前は一家族一個だったのが一家族二個(ひょっとしてお一人様二個だったかもしれない)に変わっていたのでその50円マスクセットを二個購入しました。

モノには適正価格というのがあるもので、それは需給がそれなりに安定しているときの商品としてのそのモノの価格のことです。いい加減な品質でも暴騰していた不織布マスクが値崩れを起こしているのは「ご同慶の至り」だとしても、マスクの価格は一年前には戻らないみたいです。一般用でも品質のしっかりしたものは一枚50円くらいで推移するのかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

アベノマスクが届いた

アベノマスクが昨日(5月28日)届きました。

アベノマスクの配布状況は、「安倍晋三首相が全世帯に配ると打ち出した通称「アベノマスク」の配布が遅れている。25日時点で届いた割合は2割ほどで、今月中に配り終えるのは難しくなっていることがわかった」(朝日新聞 digital 2020年5月27日)ということみたいですが、それが昨日我が家に届いたというのは、新型コロナ感染者が相対的に多い北海道の配布優先順位がやや高くなった結果かもしれません。しかしそんな微調整がされているとも考えられないので、実際はたまたまそれなりに早いほうの順番で届いただけのことだと思います。

このマスクを着用することはないとしても、記念に配達時の袋ごと撮影。確かにサイズは小さいし、確かに素材はウィルスの入出力防御機能がほとんどないところのガーゼです。出荷検査を通過したのかゴミの付着やカビ汚染はなさそうです。

関連記事は、4月6日の《「布マスク2枚」は「ケーキ」を超えたかもしれない》と4月15日の《政府が今週から2枚ずつ全戸配布する新型コロナウィルス用「布(ガーゼ)マスク」》。

20200528

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

鬼一口(おにひとくち)・補遺

これは家族とぼくのための個人メモです。自分で納得はしていたとしても勝手な憶測や聞き書きの部分(自分で検証していないという意味)もありますので、適当に読み流してください。

今回の新型コロナウィルス感染に関して明かなことのひとつは、(変異種も含んで)当該ウィルスの治療薬もワクチンもまだ存在していないということです。別のターゲット用に開発された複数の薬が援用されて一部は効果を発揮しているようだとしても、それはそれだけのことでこの感染症の治療薬ではない。ワクチン開発もこれからです。

日本でこのウィルスに感染していると判明した人たちの数、地方自治体で検査の結果日々報告されている新規感染者数は、今のところは減少傾向にあるようです。(なお、このウィルスによる世界の死者数も、南米以外は減少している。しかし北米の状況は現在もそれほどは良くはない。)

しかし、だからといって、実際の感染者数や潜在的な感染者の数が少なくなったわけではなさそうです。そういう方向を指し示す調査は存在しないので。

確か台湾政府の調査分析によれば、すべての変異種についてそうかどうかはわからないにしても、「当該ウィルスの感染者」が「感染していない他者」にウィルスをうつす時期はいつかというと、その感染者の発症後ではなく、発症の数日前から発症時まで、だそうです。つまり、熱を出して苦しそうな状態の患者からはほとんどうつらなくて、発症前で自覚症状がない元気な状態の感染者のほうが明かに強い感染力を持っていたそうです。言葉を換えると、37.5度の熱が4日間続いた患者は、他者にウィルスをうつすという観点からは、相当に安心な存在ということになります。

メディア報道によれば、政府が6月に導入しようとしている「(新型コロナウィルス対策用)接触確認アプリ」は、ブルートゥースを使いグーグルとアップルが共同開発して各国の公衆衛生機関に提供しているものだそうです。グーグルとアップルというIT基盤の提供者が一緒になればすべてのスマートフォンユーザが対象になるわけで、そうなるとこれがいわゆる「アプリ」なのかそれともアプリという装いを持った「OS」の一部なのかよくわからない。

スマホユーザーが新規の個別アプリとしてダウンロードしなくても、このソフトウェアは「OSアップデート」の一環としてiOSとAndroid OSのスマートフォンに勝手に入ってきます。勝手に入ってきても、このソフトウェア用の「ON/OFF」ボタンや「ENABLE/DISABLE」スイッチがあればいいのですが、どうなのでしょう。このソフトウェアはブルートゥースを使うらしいのでそれをオフしている間は「接触確認」は有効にならない、とも言えますが、つねにブルートゥースをONにしているかたには悩ましい。

それも悩ましいですが、もっと悩ましいのは、以下のようなことです。

かりに、保健所で新型コロナウイルス感染者などを管理するシステムに陽性者が登録され、登録された陽性者は、保健所の通知を受けて自分が陽性者であることを協力的に善意を持って「接触確認アプリ」に入力したとします。

上述の台湾政府の調査分析が正しいとすると、そういう陽性者が他者への感染源となるのは発症前の数日で、そのもっと前とか、症状が出た後はその陽性者は感染源にならない。「保健所で新型コロナウイルス感染者などを管理するシステム」には、おそらく、なんの症状もないのにたまたま検査したら陽性になったばかりであることが判明した人から、感染したものの何となく直った人や、入院して無事退院した人までがすべて含まれています。

この「接触確認アプリ」をダウンロードした人が当該ウィルス陽性者と接触した場合には接触者アラートがその人に通知される塩梅になっているそうなので、下手をすると緊急性のない(あるいは実際には意味のない)緊急速報がそのあたりを飛び交うことになるやもしれません。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

鬼一口(おにひとくち)

能「通小町(かよいこまち)」の中で深草少将が小野小町のもとに通い詰めているときの描写のひとつに科白で「さて雨の夜は」「目に見えぬ鬼一口(おにひとくち)も恐ろしや」というのがあり、これは「伊勢物語」からの借用と言われています。

平安時代初期の「伊勢物語」に限らず、日本の説話においては、鬼が一口にして人間を食い殺すことを鬼一口(おにひとくち)と云いました。「伊勢物語」第六段(「芥川」)は以下のような内容です。昔は夜は死霊や生霊や鬼や魑魅魍魎が跋扈していました。

《むかし、ある男が何年も女のもとへ通い続けていたが身分の違いからなかなか結ばれることができないので、男はついにその女を盗み出した。逃走の途中で夜が更け、さらに雷雨に見舞われたために、鬼がいるとも知らず戸締りしていない蔵を見つけて女を中へ入れ、自分は弓矢を手にして蔵の前で番をして夜明けを待った。ところが女はその蔵の中に住んでいた鬼に一口で食い殺され、女の死に際の悲鳴も雷鳴にかき消されてしまった。やがて夜が明けて男が蔵の中を覗き見ると女の姿はどこにもなかった(原文は「はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。・・・やうやう夜も明けゆくに、見れば、率(い)てこし女もなし。」)》

以前、テレビで(今は特別天然記念物であるところの)オオサンショウウオ (大山椒魚)のドキュメンタリを見たことがあって、体長が1メートルくらいのオオサンショウウオが体長70センチくらいの(つまり自分と同じくらいの)大きさの魚を音もなく水の揺れもなく一瞬で飲み込んでしまうという場面に目が釘付けになりました。飲み込まれた魚のそばにいた別の魚が、仲間の一瞬の消滅に気がつかないくらいのとても静かな早業でした。だから、鬼が一口で人を食い殺すというのは、そういう自然が周りに満ちていた頃には決して荒唐無稽ではなかったのでしょう。

昨日(2020年5月25日)の安倍首相の「緊急事態解除記者会見」における冒頭発言に以下のような部分がありました(首相官邸ウェブサイトから引用)。

『・・・そのためには、感染者をできるだけ早期に発見するクラスター対策を一層強化することが必要です。その鍵は、接触確認アプリの導入です。スマートフォンの通信機能により、陽性が判明した人と一定時間近くにいたことが判明した方々、すなわち濃厚接触の可能性が高い皆さんに自動的に通知することで、早期の対策につなげるアプリです。(中略)このアプリが人口の6割近くに普及し、濃厚接触者の早期の隔離につなげることができれば、ロックダウンを避けることが可能となる大きな効果が期待できるという研究があります。我が国では、個人情報は全く取得しない、安心して使えるアプリを、来月中旬をめどに導入する予定です。どうか多くの皆さんに御活用いただきたいと思います。』

スマホにインストールした新しい監視アプリを使って我々がいつの間にか新型コロナウィルスに感染しているかもしれない、その可能性を連絡してくれるそうです

ITインフラサービス提供会社のクラウドサービスに個人データや家族データを無料で気楽に保存することに違和感や抵抗感や不安のないかたは気にならないかもしれないとしても、ぼくはそういうことが気になるタイプなので、こういうアプリを気軽にインストールする気にはなりません。

厚労省が企業としてのLINEを使って、LINEユーザーやLINE登録者に体調調査アンケートを3月末から5月にかけて数回実施しました。「現在の体調について教えてください」というタイトルのプッシュ型メッセージが利用者に送られてきて、そういうことに答えることに違和感のない人は調査に気軽に応じたと思いますが、その調査は『濃厚接触の可能性が高い皆さんに自動的に通知する』アプリを『来月中旬をめどに導入する』ための予行演習だったのかもしれません。どのような属性を持ったどれくらいの数の国民がその調査に協力したのかについての個別データが何回にもわたって手に入ったはずなので。

ぼくのような恐がり(あるいは慎重なタイプ)には、こういう政府の動きは「はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり」と映ります。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

「日本企業が製造販売をするマスク」と、「キッチン用高濃度除菌アルコール」が買えた

具合の良くない中国製マスク、安物買いの銭失いというのではないのだけれど」の関連投稿です。

普段のコースとは方向が逆なのだけれど散歩を兼ねて歩いて行ける距離にホームセンターができました。ホームセンターとしては駐車スペース等が小規模で、最近オープンしたばかりみたいです。別の企業の、最近は使っていない何か大きな施設があった場所だったかもしれません。

配偶者がメディアニュースで見つけたのですが、コロナ関連の営業自主規制への配慮ということもあるのか(ホームセンターが子供連れの賑やかな遊園地になったりもしたので)とくに宣伝はしていない様子です。ウェブサイトにもその新店舗のことは載っていない。今のところ営業は週日の夕方6時までです。

ホームセンター好きの配偶者のお供で先週の金曜日の夕方の5時過ぎにそこに飛び込みました。混雑時にはカゴの数などでお客の「流量制限」をするとしても、空いていたのでサッと入れました。

ホームセンターは野菜の苗が買えるし、ちょっとした家庭関連用品の現物確認ができる。それが配偶者がホームセンターが好きな理由らしいですが、今回は明確な目的があって、その目的とは「国産マスク」(ないしは製造地は中国でも「日本企業が製造販売するマスク」)と食器にかかっても安心な「キッチン用の高濃度除菌アルコール」の購入で、「野菜の苗」の視察も兼ねています。

「日本企業が製造販売するマスク」は、たまたま購入した「中国企業が製造したマスク」の品質の低さにいささかうんざりしたこともあって、何とか手に入れておきたいし、「キッチン用の高濃度除菌アルコール」も手持ちがなくなりつつあるので追加補充が必要です。後者は通常の通販チャネルでは現在は入手がとても困難な商品です。ヒトを宿主としてヒトと共生するという知恵に関してはとても賢そうな新型コロナウィルスとはこれからも長い付き合いになりそうなので、手持ち在庫があった方がいい。

「7枚入りの国産マスク」(正確には日本企業が製造販売する、製造地が中国であるところのマスク)がマスクコーナーにありました。「JHPIA 全国マスク工業会会員」のマークがパッケージに印刷してあります。これは一定のレベル以上の品質保証の印だと考えていい。30枚くらいは買いたかったのですが、「1ご家族あたり1個まででお願いします」という注意書きが貼ってあって、それは今は当然なの要望なので、7枚入り1個をカゴに。

キッチン用の高濃度除菌アルコールも棚に複数個が並んでいて、ただしこれも「1家族あたり1個」なので、カゴに1個。

どんなものを置いてあるかフロア全体もざっと歩いたので、けっこう慌ただしい50分でした。新型コロナ対策関連のいい商品に関しては需給がまだけっこう逼迫しているので、今回の購入商品が次回訪問時もその店のその棚に置いてあるかどうかはわからない。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

もうひとつのテイクアウト風ビジネス

下の写真は植えたばかりのハーブ野菜です。左がバジル、右が青紫蘇。近所の花屋さんで購入しました。

20200521

その花屋さんは業務用需要専門で、一般消費者相手に花を小売するといういわゆる花屋さんビジネスはごくわずか。ビジネスの中心はホテルや専用の式場で行われる結婚式や結婚披露宴におけるフラワーアレンジメント需要に丁寧なコンサルティングで対応することです。そのわずかな一般消費者相手の商売のひとつが正月飾りで、我が家の玄関の正月飾りはそのお店のお世話になっています。

結婚式ビジネスそのものが頭打ちになってきたということがそもそもの背景にあったとも想像できるのですが、今回の新型コロナ騒動の休業要請等で、結婚式や結婚披露宴そのものが、従って花の需要が急激に少なくなったのでしょう。気がついたらジャスミンやラベンダーといった季節の鉢植えと黒いポットに入った野菜の苗も販売し始めていました。小売りの範囲を広げたとも言えるし、テイクアウトビジネスに乗り出したとも解釈できます。テイクアウトは食べ物屋とは限らない。

で、タネをいつものタネ専門店にネット注文したばかりですがそれはそれで今後必要なので、バジルと青紫蘇の苗をホームセンターなどよりは高い値段で買って応援です。ボリュームのある野菜にバジルと青紫蘇とそれから(これはタネから栽培中の)ルッコラと組み合わせて自家製の塩麹風味のドレッシングを振りかけるとそれなりの野菜サラダができ上がります。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

テイクアウト宣伝チラシと、知事の実力の実地棚卸し

新型コロナ騒動の結果として生まれた性格の違う副産物を二つ挙げるとすると、料理屋や居酒屋が新しく始めた(始めざるを得なくなった)「テイクアウト(持ち帰り)サービス」と、それから「知事の実力の実地棚卸し」だろうと思います。前者はそんなものが必要な事態にならなければよかったという意味でのネガティブな性格の副産物、後者は大規模な緊急事態というものが試験紙としては以外に役に立つという意味でのポジティブな性格の副産物です。

「テイクアウトサービス」の宣伝チラシ(折り込みやポスティングなど)が急に増えました。外に出ない「おうちごはん」に疲れた消費者にとっては美味しい料理屋や居酒屋の「テイクアウトサービス」は便利ではあります。美味しい焼鳥屋の焼き鳥やつくねを買ってきて自宅で一杯というのもできる。

「デリバリーサービス」をやるところもあるけれど配達サービスは、ピザ屋と違って今までそんなことに縁のなかったお店にとっては回収ができるかどうかわからない臨時投資が必要なので敷居が高い、だから「持ち帰りサービス」で妥協せざるを得ないところも多い。いずれにせよ、店内営業を再開しても店の利用可能な席数が半分以下になるのだから、減った客数を店の外に求めるしかありません。

各地方自治体の知事は、たいていは少ない複数の候補者(たとえば3~4人)から誰かを一人、選挙で選ぶことになっていて、それはそれでいいのですが、選ばれた知事が実際にはどういう政治的・経済的・社会的な考え方や傾きを持っているのか、あるいは地方行政の行政責任者としての能力と実力はどの程度であるかは、選挙の時点では投票する側には演説内容やパンフレット記載事項以上のことはよくわからない。どこかでそういうものの棚卸しがあると市民には便利です。

今回の新型コロナ騒動のもう一つの副産物が「(期中における)知事の実力の実地棚卸し」です。各都道府県知事の考え方の広さや深さや緻密さや行動力やその真摯さが、同じ主題と同じ課題に対して横並びで明らかになりました。興味ある地方自治体の知事の器量を客観的に比べられただけでなく、地元民にとっては期末まで待つことなく、地元の知事の中間実地棚卸しの結果が手に入りました。

メディア報道の内容が、地元メディアと全国メディアを含めて細かい所まで正しいかどうかは知らないしその内容にバイアスがかかっているかもしれないけれど、ネットメディアも含めて複数の大小メディアに目を通せば、それなりに棚卸し結果の状況は入手できます。

ある知事候補が選挙前にいくつかの主題に関して基本の姿勢や考え方を聞かれて「そういうことは、市民(都民・道民・府民・県民)の目線でそれぞれに判断したいと思います」と曖昧に答えていたとして、そのよくわからない市民目線なるものが実際はどういう内容のものであったのかが、結局のところ今もってよくわからないということも含めて、今回、妙に明らかになりました。

知事によっては、記者との質疑応答が安倍首相状態になったり(質問にまともに応えないし、本人がどこまで自覚しているのか、答弁内容が質問から無関係なものへとどんどんとずれていって後戻りできない状態、という意味)、またそういう場合に雰囲気重視の選挙演説風を繰り返すことでリーダーシップを発揮しているつもりかたもいらっしゃる。期中の面白い実地棚卸し結果でした。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧