経営とマーケティング

2020年9月18日 (金)

「脱力系ジャケット」

かっちりとしたのでなくニット風味のジャケットの人気が高まっているというのは知っていました。デパートの洋服売り場でもそういう傾向のジャケットが並んでいます。それが、新型コロナ以降のテレワーク、リモートワークの普及で加速されたようです。画面上はそれなりにきちんとした格好に見えること、ただしゆったりとした着心地であること。

ぼく自身も、数年以上前に、ぼく自身の勝手な呼び名だと「カーディガン・ジャケット」を購入し、それ以来、重宝しています。カーディガン感覚で羽織れるのですが、襟つきの三つボタンだし色は紺色なので、春と秋は、近所を歩く時にちょっと引っ掛ける上着以上の活躍もします。

自宅に定期的に送られてくる通販カタログには、非かっちり系ジャケットもここまで来たかというような商品とそれにふさわしい宣伝コピーが躍っています。見ているだけで楽しい。

ご存知の方は既にご存知かもしれませんが、ぼくがいささか驚いたのはある良質なタオルを使った「タオルジャケット」。「タオル素材を使用した、軽快なジャケットが登場。・・・カーディガン感覚で羽織れるのでリモートワークでも活躍します。・・自宅で洗えるのも便利です。」

その他いくつかあって、極めつけはそのコピーが「脱力系ジャケット」というもの。素材はウール100%。説明コピーは「カーディガンのように気楽に、ワッフルニットジャケット」。「脱力系」というコピーが光っています。

新型コロナが発生しなかったら、この流れはここまでは加速しなかった。新型コロナは少しはいいこともしたようです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

散髪中のウトウト、散髪中の会話

睡眠不足のときや疲れている時に、それが土曜日の夕方に近い午後なんかだと、散髪中についウトウトというのが発生します。そのウトウトはけっこう気持ちがいいとしても、ウトウトしていて頭が動くと美容師や理容師は作業がやりにくいだろうし、失礼に当たるかもしれないのでできるだけ我慢します。が、睡魔には勝てません。頭の表面に軽い刺激が連続して加わると眠くみたいです。

ウトウトと縁がない日は、美容師や理容師と散髪中に会話することになりますが、数年以上同じ人に担当してもらっていても、散髪中という時間帯に適合的な、あるいは散髪を邪魔しない種類の会話の材料に困らないというわけでもありません。客に応じて話題を提供する美容師や理容師は大変だと同情するにしても、客としても、沈黙の持続はそれなりに負担なので、会話の切れ端をなんとか繋げようとしますが、それで会話がスムーズに進行するかどうかわからない場合はそれも負担になります。

おつきあいが始まってまだ日が浅い場合、先方が気を遣ってくれて「趣味は何かお持ちですか?」などと訊いてくれることもありますが、そういう種類の質問に即答するのはやっかいなので「うーん」と反応するしかありません。そういう場合は「カメラ」や「写真撮影」と答えることにしていたのだったと急に思い出しても――それだとスマホの普及以降は特殊な話題ではないし、手持ちの材料もそれなりにあるので会話はできる――、タイミングを逸しているので、その場ではその話題に戻れません。

食べものの話をすると話の方向がグルメやおいしい料理屋の方に行きそうで、しかしそれは望まないので、散髪中の会話はなかなかにむつかしい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴

先週末に、あるお店のオーディオコーナーでスピーカーの視聴をしてきました。視聴したのはネットワークスピーカーと呼ばれているタイプです。実際に音を感じてその音の流れを浴びてみないとそのスピーカーの音の塩梅が実感できません。で、好きな音楽を選択的に保存してあるところのスマートフォンを持参していくつかの製品を視聴です。

先日「従来タイプのステレオスピーカーは若い人には絶滅危惧種?」で次のように書きました。

「最近人気のワイアレススピーカーというのかネットワークスピーカーというのかについてざっと調べてみました。音に対するニーズの変化がなんとなくわかりましたが、提供される音そのものの質が変わったとも思われません。凄く割り切った書き方をすると、ワイアレススピーカーを利用して家庭内のいろいろな場所でスマートフォンやテレビを媒体に室内に心地よく拡がる音を楽しみたいので、別にステレオである必要はない、モノラルでも構わない、ということみたいです。もちろん、ステレオ仕立てのワイアレススピーカーもありますが。」

それはネットや雑誌などで調べた情報で、自分の耳で感じたものではないので、実際のネットワークスピーカーなるものが出す音に、つまりそのライブ感(たとえば、すぐ目の前で人が歌い、すぐその隣でピアノの音がその声に絡む)に自分の耳がどう反応するか、それを確かめたい。勝手に視聴できるのはBluetooth経由という環境に限定されますが仕方ありません。

モノラル仕立てのものは、どうハードウェアとソフトウェアの音響技術を駆使してサラウンドスピーカー風に仕立てようと、やっぱりそういう種類の音でしかないようです。ぼく向きではない。あるいはその場で一緒に音を聴いた配偶者向きでもない。ステレオ仕立てのものにはそれなりに心を動かされるの音を出す(出しているらしい)ものが二つほどありましたが・・・。

そういうネットワークスピーカー環境が今までの音と比べてアップサイジングになる人にとってはモノラルであっても低音の豊かなスピーカーになり、その環境が相当なダウンサイジングになる人にとっては、その製品の物理的な大きさなども考慮してどこでその音と妥協するかが問題になる、ということのようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

車のテレビコマーシャルは、はや、冬用・雪用

先日の台風の影響の名残りか、北陸に多いフェーン現象が札幌でも発生し(札幌は比較的に日本海側なので)、その後も日中は30℃越えで夏がぶり返しています。湿度が高くて鬱陶しい。夕方であってもすぐに汗だらけになることを想像すると運動(速歩き)をする気も萎んでしまいます。

例年なら(と、気象予報士の好きそうな表現を使うと)気温や湿度や空気の透明感がちょうどそれの登場に合うのでしょうが、今年はまだそんな雰囲気ではありません。でも、朝夕がいつ急に冷え込むかもしれないし、ビジネスのサイクルとしては時期的にはもう始めないと間に合わないのでしょう。冬用・雪用タイヤのテレビコマーシャルの頻度が増してきました。

コマーシャルの中では北海道の雪原や札幌の街中に降り積もった雪の道を車が走っています。この前の冬の映像だと思いますが、雪の感じが新しくてきれいなので昨年の冬の始まりの大雪のときに翌年用に撮影したものかもしれません。タイヤ会社や広告代理店はそういう映像をそれなりにストックしてあるに違いない。

札幌で9月になってもエアコンというのはほとんど経験がありませんが、今年はエアコンの冷気といっしょに雪用タイヤのコマーシャルが流れています。

それから、2年前に北海道は地震が原因でブラックアウトを経験しましたが、冬の災害に備えて、大きなバッテリーを積んだ発電装置としての車というメッセージの広告も目立ちます。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

マスクの抽選に当たった

2020年4月30日 (木)のブログ記事「クリーンルームで生産された日本製マスクの抽選に応募してみたら・・」の続きです。

《【・・・ご当選のお知らせ】・・・ご購入手続きのご案内》というタイトルのメールが昨日の午後に届いていました。ほとんど諦めていたマスクの抽選に当選した模様です。珍しいこともあるものです。

その「クリーンルームで生産された日本製マスク」のいちばん最初の抽選が《応募総数:4,706,385人 当選者数:40,000人 (40,000箱)》だったので、その結果は、世の中は必ずしも期待したようには行かないことを確認しただけだったのですが、《第1回抽選販売にご応募いただけなかった方は、第2回以降の抽選販売でご応募ください。 なお、既にご応募いただいた方につきましては、自動的に第2回以降の抽選販売の対象とさせていただきますので、改めてご応募いただく必要はございません》という文面に淡く期待して――実際はほとんど期待せずに――待っていました。

なぜなら、相対的に廉価で一定以上の品質をそなえた中国製マスクが溢れ始めたにもかかわらず、この日本製で当該企業のロゴが入ったその白いマスクは週当たりの当選者数よりも週当たりの追加応募者数のほうが多いという状況にあり、つまりくじ引きなどに強くないぼくにとってはますます当選機会が遠のいた状況にあったからです。

しかし突然の僥倖で、僥倖ではあるのですが、値段は今となっては決して安くないし、別途それほど安くない送料もかかるとしても、乗り掛かった船で、購入手続きに進んでしまいました。マスクの到着までには一週間くらいかかるみたいです。到着後は、当分の間は例の「アベノマスク」の隣に置いて記念品扱いとする予定です。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

札幌のホップの実

札幌(およびその近郊)らしいお酒と言えばビールとウイスキーです――最近はワインも加わりましたが。

以前、「ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー、うまいビールの合言葉」という記憶に残るテレビコマーシャルがありました。ドイツのミュンヘンは北緯48度にあり、札幌は北緯43度、米国のミルウォーキーも北緯43度に位置しているので、北緯45度前後で造られたビールは美味いということらしいです。それを否定する証拠もないので、とりあえずそうしておきます。しかし北緯45度あたりで醸造されたビールだけがうまいというわけではありません。サンフランシスコは北緯37度ですが、サンフランシスコのAnchor Steam Beer (アンカー・スチーム・ビア)はとても美味い。その濃い味が後を引きます。

さて北緯43度の札幌ですが、その中心部にある大通り公園では、夏から秋にかけて、いろいろな草花に混じって、ビールの味わいには不可欠なホップもいっしょにアーチに這わせて育てられています。下の写真は昨日のそのホップですが、すでに淡い緑の実がたくさんついているのがわかります。こういう風景を見ると、北緯45度前後の都市とビールの美味さを関連付けるというのはけっこう上手いやり方だったように思われます。

20200901

札幌だと、ホップは自宅でも大丈夫です。ぼくもかつて夏の観葉植物として育てたことがあります。長く伸びていく蔓をどう這わせるかがやっかいですが、それとなんとか折り合いをつけると次の写真のような実がなってくれます。

B2_20120830


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

小腹が空いたら北海道産の切り餅と自家製玄米味噌

小腹が空いたら、切り餅を焼いて自家製の玄米味噌を少しつけて食べます。

切り餅は市販のものですが、北海道産の切り餅です。それが北海道産である理由は簡単で、糯米(もち米)を、現在、日本で生産しているのは「風連(ふうれん)」のような北海道のもち米専門の生産地域だけで、この切り餅も「風連」産の「はくちょうもち」という銘柄のもち米で作られています

写真の味噌は玄米味噌で、玄米味噌とは大豆と玄米麹と塩で作った味噌です。仕込みは2018年1月27日。2年半ものです。自家製味噌のことを手前味噌ともいいますが、この玄米味噌も2年半も寝かせてあるので味わいが深くてじつに美味い。

味噌は麹の種類によって、いちばんポピュラーなのが米麹を使った「米味噌」、それから玄米麹の「玄米味噌」や麦麹の「麦味噌」、そして大豆と豆麹(大豆の麹)という豆と豆と塩で作った「豆味噌」に別れます。豆味噌とは名古屋などで愛好されている「八丁味噌」のことで、有体に言えば赤だし用の味噌です。名古屋の知り合いは、朝も昼も夜も、味噌汁は八丁味噌です。それ以外の味噌には見向きもしません。

我が家は、基本が米麹の米味噌で、たまに玄米味噌を作ります。かつて一度だけ麦味噌も手掛けたことがあります。

201801


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

古本通販の楽しみ

古本屋さんを歩く楽しみはさておいて、ここでは各種の通販という手段で古本を購入するときの楽しみについてです。

古本通販の楽しみには、買う楽しみと、届いたのを読み始める時の楽しみがあります。その楽しみは、新刊書を購入してきて最初のページやあとがきに目を通すのとはまた違った種類の刺激があります。

古本の通販購入ということだけでも、一般読者にとってはチャネルの選択肢が拡がりました。本やCDの通販から開始した大手通販はそのひとつですし、古本屋さんで構成する古本通販ネットというのもあります。それから、古本の種類によっては便利なのがいわゆる「フリーマーケット」サイトで、ここもシンプルなものからオークション形式のものまであるので、欲しいものを購入するためにはいくぶんの知識と慣れが必要です。

できるだけ品質の良い(つまりきれいで)、値段が安い古本がありがたいとしても、出品者がプロの場合には言葉の状態解説だけでは購入後に不満が残ることも少なくありません。だから、最近は古本といえども片手の指の本数以上の複数の写真を掲載してくれる出品者も増えてきました。

「フリマ」サイトでは映像情報(写真)が必須だとしても、古本屋さんのネットワークでも、そういうトレンドに無理なく対応しているところも増加中です。文字情報による定形風解説にこだわっているところも当然あるみたいです。それはそれで文化だとは思います。

同じ対象を複数のチャネルを横ぐし状態にずらずらと探すということもしますが疲れるので、対象の種類によってたいていは二つくらいが候補です。

個人全集の中の一冊や二冊を、それも1970年代や1980年代に出版されたもので旧漢字と旧仮名遣いの評論集などを、たとえば古本屋さんネット経由で買い求めるとして、届いた本を消毒を兼ねてきれいにし、最初の評論に取りかかったとします。

そこに、薄い、Hか2Hと思われる鉛筆の小さな細い字で旧漢字の隣にフリガナが少なからずあったりするのに出会うと、そういうのは状態説明になかったと以前は腹を立てたこともありましたし、消しゴムで消したりもしましたが、その字がいい感じのものなら、その当時どういう年齢のかたがこれを書き込んだのか、その様子を想像してみるのもなかなか楽しいものです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

古くて重厚なビジネスバッグ

ある時期にはよく使ったけれど、機能的に時代の流れと合わなくなってしまい、しかし美術品的な美しさがあるので保管してある道具(ないしは持ち物)というのがあります。下の写真のビジネスバッグはそのひとつです。

2_20200821082901

ビジネスバッグと大まかな用語を使いましたが、実際にはアタッシュケース(attache case)とかブリーフケース(briefcase)と呼ばれている種類の頑丈な牛革製のカバンです。両方とも米国で購入したのですが、買ったときに店員から、手入れはワックスではなく水拭きで、と言われました。

このブリーフケース用の革はベルティングレザーといいます。英語だとbelting leather です。だから、この質の革を使ったブリーフケースはbelting leather briefcaseと総称されています。重厚感のある皮革が特徴ですが、実際にとても重厚で丈夫です。使い込むにしたがって味わいが増します。

ベルティングレザー(belting leather)とは、文字通り「ベルト用皮革」という意味です。「ステアハイド(Steerhide)」を植物タンニンで鞣(なめ)しオイルで仕上げたヌメ革の一種で工業用のベルトなどに使われるとても丈夫な革です。だからベルティングレザー(ベルト用皮革)と呼ばれています。

「ステアハイド(Steerhide)」とは、生後3〜6ヶ月以内に去勢され、2年以上経った牡(雄)の牛の皮のことです。生後3ヶ月~半年程度で去勢されると穏やかな気性になるためキズが少なく厚みが均一な皮が得られるそうです。(かつてテレビ用西部劇ドラマに「ローハイド(Rawhide)」というのがありました。「生の皮」という意味ですが、カウボーイ達がズボンの上に着用する革製のズボンカバーを指していたようです。)

ベルティングレザーは元々オイルを含んでいるのでメンテナンスにオイルやワックスは基本的には必要ありません。むしろ使わない方が良いとも言われています。だから店員の「手入れはワックスではなく水拭きで」というアドバイスになります。

味わいがあり手に提げていても見ていても飽きないカバンです。床に置くとピタッと安定しています。がっしりと丈夫だし、皮革の重厚感が漂うので、紙の資料や貴重な書類の持ち運びには最適です。それ自体の重さが3.1㎏と軽くないし、横幅が46cmあるので、車通勤のかたや車で自営のかたには便利だとしても、満員電車にこれを手に提げて乗り込むのはあまり向いていません。電車や地下鉄の座席に座る場合も左右のお隣ときっちりと腰掛ける場合はこのブリーフケースがお隣の膝に当たりヒンシュクなので、疲れているので座りたいなと思っても我慢して立っていました。

そこまではいいとしても、だんだんと機能的に時代の流れと合わなくなってしまいました。ノートブック型PCの持ち運びには向いていない。ノートブック型PCは、蓋を開いて取り出すのではなく、縦にスッと仕舞って使うときは抜き出すように取り出せないと便利ではありません。それにスマートフォンの収納も便利とは言い難い。

で、だんだんと使われなくなり、同じベルティングレザー製でもソフトタイプでジッパー付きのブリーフケースが日々のコンパニオンになり、気が向いたら取り出して鑑賞され、必要なら拭き掃除のような手入れをされるだけという境遇です。でも革の擦(す)れやちょっとした傷も新品には決して出せない味わいであり、そういう意味ではいつまでも美しい道具です。



人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

マスクで外出や買い物のあとは、手洗いと衣類の洗濯

みなさんも同じようなことをしてらっしゃると思いますが、買い物などで人混みに入ったあとは、帰宅したらできるだけ衣類の洗濯です。自宅で洗えるものは、今は夏だし、だから洗うのは簡単だし、ということで洗濯機が今年はいつも以上に大活躍です。

できるだけと書いたのはドライクリーニングなどが必要なものは毎回そうするわけにもいかないので、そういう場合は、衣類にアルコール成分の入った無香料の除菌スプレーをして乾くのを待ち、あとはいつもの通り衣類用の各種のブラシで丁寧にブラッシングします。

人混みではなくても外出のあとは、必ず液体の手洗い石鹸で手洗いです。半袖の時は肘まで丁寧に洗います。配偶者がこんなに大量に買ってしまって大丈夫かと心配した手に優しいタイプの液体石鹸も去年の4倍くらいは使う大量消費で、そのうち残量が気になってくるのでしょう。

春以降の飲食店ビジネスは非常に辛いものがありますが、クリーニング屋さんのビジネスも同様に大変だと思います。テレワークやリモートワークが拡大すると、自宅で気楽に着て気楽に洗えるものしか必要ないので――みっともなさは極力避けるとしても――、スーツのクリーニング回数やクリーニング店を利用するワイシャツの洗濯回数も、春になる前よりも大幅に減少したと思われます。

半導体工場や食品工場などで着用する防塵服などのクリーニングを請け負っている大手はまだいいかもしれませんが、そうでないところは需要の激減をただ眺めているしかありません。しかし、結婚式用の花飾りをメインにしていた花屋さんが、新型コロナ不況を乗り切るために消費者向けの園芸植物やご近所野菜の中継ぎ販売にまでビジネスの幅を拡大しているように、クリーニング屋さんも「きれいにする」というテーマに関連するところの従前にはなかった新しい業務にも、取次業務を含めて、手を広げているようです。

それから、機能と安心と価格の組み合わせが要望通りというようなものはまだ少ないにしても、やっとマスクが消費者が気に入ったものを選ぶという意味で「選択対象品目」になってきたのはご同慶の至りです。配偶者は女性子供用のひと回りサイズの小さいマスクを求めていますが、不織布部分の面積だけが小さいだけで全般的な機能性や品質に劣る手抜き商品もあり、これは初めてのは1パックでも買って試してみないとわかりません。以前から彼女が気に入っていたひと回り小さいサイズは、入手が難しい状況です。マスク問題もまだすっきりとは解決していません。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧