経営とマーケティング

2018年8月 8日 (水)

羊肉

仔牛肉を英語でヴィール(Veal)と言いますが、羊肉の場合は、一般的には、生後1年未満の子羊の肉をラム(Lamb)、生後1年以上の羊肉はマトン(Mutton)と呼んでいます。なお、生後1年から2年の若い羊の肉をホゲット(Hogget)、生後2年以上から7年くらいまでの大人の羊の肉をマトンとする分類もあるようです。

食材用に育てた牛や羊をわざわざ子供のときに食べてしまうので残酷と言えば残酷な話です。しかし、ヒトはそういう酷さはあまり気にしない。出世魚をそれぞれの成長段階で味わう伝統と実質的な差はありません。

ラムやマトンなどの羊肉を用いた日本の焼肉料理(鉄板焼き料理)を日本ではジンギスカンと呼んでいます。北海道で生まれ育った人たちにとって、男女を問わず、ジンギスカンというのはある種のソウルフードのようです。

ジンギスカンと銘打った料理屋でジンギスカン料理を楽しんでいる人たちを見ることには何の不思議もないのですが、以前、ぼくが初めて出合った時に驚愕したのは、満開の桜の下のジンギスカン、大学キャンパス内の新入部員歓迎会らしき集まりのジンギスカン、そして海水浴場のジンギスカンです。大げさに言えばある種のカルチャーショックでした。

しかし、その驚愕も、桜の花びらと羊肉の鉄板焼き料理の匂いの同居に違和感を覚える感性が、その組み合わせをとても自然だと思う感覚に戸惑っただけのことだし、夏の海水浴場は泳ぐ場所ではなく羊の焼肉を食べる場所だと理解してしまえばなんということもない。

北海道では、屋外が温暖な時期は、というか、寒くない間は、家族や仲間のイベントには羊肉のジンギスカン料理が定番のようです。最近は北海道の広大な緬羊(めんよう)牧場から出荷される羊肉の量も増えてきましたが、日本で消費される羊肉のほとんど(99%以上)は、ニュージーランドやオーストラリアからの輸入です。

以前、飛行機で1時間以上かかる地域からの旅行者から「昨晩食べたジンギスカンはとてもおいしかった。さすが、北海道産の羊肉は違いますね。」と言われて返事に窮したことがあります。でも、ジンギスカンは北海道らしい料理には違いない。

これは、ぼくの個人的な実験と経験にもとづく感想に過ぎないので蛇足的な言い方にしますが、反芻類の動物、つまりもともと雑草を常食としてきた種類の動物(たとえば、牛や羊)の肉のほうが、そうでない種類の哺乳類や家禽類(たとえば、豚や鶏)の肉よりも、それなりに食べても太らないという意味で、ぼくには合っているようです。ぼくとの相性という点でタンパク質や脂肪酸の性質が違うのでしょう。

そういうことも含めて、北海道で北海道産の肉を楽しみたいなら、羊肉と、(反芻胃形態ではありませんが、ジビエの)エゾ鹿肉だと思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

売れてしまったらその日は店仕舞い

早朝に作った豆腐がお昼前に売り切れてしまったら、その日はそこで店仕舞い、「売り切れました。明日のご来店をお待ちします。」店のガラス戸には金釘流(かなくぎりゅう)でそう書かれた書かれた白い紙が張り出されている。そんな街の豆腐屋さんが以前はありました。今もどこかにあるかもしれない。

個人経営ではない大きいお菓子の店で、営業時間が1時間、短くなったところがあります。

そのお店は、配偶者とその近所に所用で出かけたときなど、シュークリームを持ち帰ることも、店内で他の客と長い木のベンチに坐ってソフトクリームを賞味することもありますが、その日、夕方の5時過ぎに立ち寄ったら、シュークリームは売り切れ、ではと並んだソフトクリームもあと数人分の在庫でした。どうしたのかと案内を見ると、以前は確か6時半までだったそうした商品の営業時間が5時半までになっている。

「売れてしまったらその日は店仕舞い」に近いビジネスパターンです。その日のうちに(あるいは数時間以内に)食べ切らないといけない生クリーム入りのシュークリームとソフトクリームなどが日本人客と外国人観光客に人気で、その日の数や量が当初の営業終了時刻の1時間以上前に売り切れてしまうことが続いたのでしょう。その対応策が営業時間の短縮。

原材料の仕込みや品質維持の都合があるのか、それともマーケティングの方針なのか、いずれにせよ「売れてしまったらその日は店仕舞い」に近い商売のやり方には好感が持てます。「売り切れました。明日のご来店をお待ちします。」 はい、そうさせていただきます。競合店に足を運ぶことはないと思います。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

気になっていた蕎麦屋に入ってみた

近くのオフィスビル働く中年男性や近所のおやじさん連中が常連客のようです。最近は若い女性もひとりで、牛丼屋や焼鳥屋やなどいろんな食べもの屋に出入りしているようですが、この蕎麦屋にそういう女性が入っていくのをぼくは見かけたことがない。

オフィス街と住宅街がなんとなく接するあたりで、オフィス街の端に近いところにある小さな古びた雑居ビルの一階にその蕎麦屋はあります。熟年のご主人がひとりで切り盛りしている感じです。その店の存在は、以前から気になっていましたが、常連客で占有された店というのは入りづらいものです。

「手打ち蕎麦」と書かれた暖簾がかかっており、表からガラスで囲われた蕎麦打ち場が見えます。打っているのを見たことはないので、その日の朝に準備するのでしょう。いちばんの稼ぎ時は、客層を考えたら当然ですが、週日のお昼ご飯時と推察。

で、混みあっていないに違いない時間帯を選んで入ってみました。空いている席に着きます。食べるのは、ざる蕎麦の大盛りと決めてあるので、メニューを見るのは値段を確認するためです。穏当な値段です。

手打ち、手切りの平打ち麺です。腰が強くよく締まっています。舌触りは滑らか。色は白めの灰色ベージュ。更科ではないという意味で田舎風。蕎麦の割合は、8割くらいだと思います。硬めの蕎麦を短めに切ってあるので、食べやすい。ざるやもりは、食べたい分量をその分量だけはさめる。

蕎麦つゆは、甘くなくて(あるいは、とても控えめな甘さで)、そして出汁が効いている。そこが嬉しい。我が家では味噌汁でも何でも出汁は手間暇をかけて引くので、いい出汁の旨さはよくわかります。引き方を聞きたいくらいです。だから蕎麦湯もたっぷりと堪能できました。

思い切って入って得をした気分です。どこにでもありそうで、しかし実はそうではないタイプの蕎麦を出す蕎麦屋です。ご主人の生来の商品マーケティング力かもしれません。週に一度くらい、昼食時の客足が途絶えた頃に、大盛りのざるやもりと蕎麦湯を、この店でゆっくりと楽しみたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

「Under Control」という状況の持つ表情のひとつ

以下のようなニュースが目に入りました(NHK NEWS WEB 2018年07月20日)。一部を引用します(『・・・』部分)。

『ヒラメから自主基準超放射性物質』

『福島県沖で行われている試験的な漁で、20日、水揚げされた主力魚種のヒラメから、県漁連の自主基準を超える放射性物質が検出され、安全が確認できるまでの当面の間、ヒラメの出荷を見合わせることになりました。

福島県漁業協同組合連合会によりますと、福島県沖で行われている試験的な漁で、いわき市の久之浜沖で20日捕獲されたヒラメから、1キログラムあたり59ベクレルのセシウム137が検出されたということです。

この値は、1キログラムあたり100ベクレルとしている国の出荷基準を下回っているものの、県漁連がより厳しく定めている1キログラムあたり50ベクレルの自主基準を上回っています。

福島県沖でとれる「常磐もの」の代表格として知られるヒラメは、主力魚種の1つで、おととし9月に試験的な漁の対象となって以降、自主基準を上回ったのは今回が初めてだということです。』

「Under Control」という現在の状況が持つ表情のひとつです。

2011年3月17日までの日本の飲料水(水道水)の放射性物質の基準値は以下のようでした。水1リットルの重さはほぼ1キログラムなので、飲料水の放射性物質の最大許容量は、1リットルあたり10ベクレル(Bq)。つまり、

・ヨウ素 I-131:       10ベクレル(Bq)/L
・セシウムCs-137:   10ベクレル(Bq)/L

ヒトが地球上で自然に浴びたり吸収したりしている放射線量(平均値で年間2.4ミリシーベルト)以外に、「年間1ミリシーベルトまでの『追加的な』放射線量」を、従前は(飲料水に関しては今も)、安全・安心な被曝量としていました。

被曝量は、「外部被曝量」と「内部被曝量」の合計で、「内部被曝量」は「呼吸による量」と「飲料水や食べ物による量」の合計です。ヒトは水がないと生きられませんが水だけで生きているのではありません。いろいろと食べる。

「全体で1ミリシーベルト」という「追加的な許容放射線量」のなかで飲料水に割り当てられる量をその「10分の1」(0.1ミリシーベルト)とすると(あと、魚や肉やコメや野菜や茶などさまざまなものをヒトは食べたり飲んだりしますが)、年間のヒトの飲料水摂取量は約730リットルなので(1日に2リットル、365日で730リットル、実際はもっと飲みますが730リットルとして)、0.1ミリシーベルト(放射性物質の人体への影響度)を、ベクレル(放射能:放射性物質が放射線を出力する能力)に変換すると、「1キログラムあたり、すなわち1リットルあたり10ベクレル」という基準値になります。

だから、どんな食材どんな加工食品でも、そこに含まれる放射性物質が1キログラムあたり10ベクレルという測定範囲に収まっていたら、水なみに安心ということになります。

しかし、福島原発事故直後は、飲料水以外の基準が確定していなかったこともあり、政策当事者と基準決定者が動揺・混乱して、食べものの放射性物質基準は1キログラムあたり500ベクレルという無茶苦茶な「政策数値」を提示しました。結果は大騒ぎで、その後、政治と健康の綱引きがあって、「国の定める(現在の)基準値」、すなわち、1キログラムあたり100ベクレルに落ち着きました。

【「高いお米、安いご飯」によるコメント: 

日本人ひとりあたりの平均的な年間消費量は、コメが60kg、小麦が30kg、肉が50kg、魚が55kg、野菜が130kg(野菜の130kgは厚労省のお勧め数字です、1日350gの野菜を365日食べると130kg)。これらを飲料水の年間消費量730kg(730リットル)と比べると、個々の食材の消費重量は飲料水という単一食材の消費重量の10分の1以下くらいなので、飲料水の10ベクレルに対して100ベクレルという値を採用したのでしょう。

しかし各個人の食材摂取量には相当な開きがあるはずで、魚を年間150kg以上食べるひとはけっこういるだろうし、我が家の野菜消費量も半端ではありません。厚労省のお勧めの倍くらいは食べています。だから、10ベクレルを基準にして、自分で納得できる家族のための数値を持っていた方が便利です。】

新聞記事などで「1キログラムあたり100ベクレルとしている国の出荷基準」というのはその100ベクレルのことです。

北海道のウェブサイトに「水産物・海水の放射性物質モニタリング結果」というページがあり、そこでは2011年4月からの北海道で獲れた水産物の検査結果が全部見られます。現在は、海外マーケット向けに、英語、中国語(繁体字、簡体字)、朝鮮語、ロシア語の5言語対応になっています。

なお、以前の関連ブログ記事は「北海道の水産物の放射性物質濃度」(2011年9月 5日)や「北海道は鯖(さば)の季節、そして放射性物質モニタリング」(2013年9月 5日)など。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

SAMURAI BLUE 2018

昨日の朝の話です。メールが来たので何かと思ったら、配偶者からでした。

これから乗り込む便の機体が「SAMURAI BLUE 2018」だそうです。下は出発時刻25分前のその機体の写真。彼女は「SAMURAI BLUE 2018」に縁があり、まれにしか乗らないのに、今回で2度目の搭乗だそうです。

Samurai_blue_2018_20180717_0835_jal

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

今日の近藤、今日の秋山

最近の天気予報はよく当たります。雨と予報されていると、雨の強弱はさておいて、本当に雨が降ります。当たるというと占いみたいだけれど、天気予報にはそういう性格がある。そういう性格について考えていると、傘を持ち出しても何の役にも立たなかったというのはいいとしても、その逆の場合には、腹が立たない。

たしか金沢では、大相撲の開催時期は「今日の遠藤」というコーナーが地元の放送番組の中にあったと記憶しています。石川県出身の遠藤の取り組みだけを、毎日、視聴者の多い時間帯に放送する。

ぼくの関心はプロの相撲よりもプロの野球です。放送時間が決まっているならテレビ媒体でも構わないのですが(録画するので)、それよりもどこかのウェブサイトで日本ハムの近藤健介選手と西武ライオンズの秋山翔吾選手の二人だけに関して、「今日の近藤、今日の秋山」というコーナーを作ってくれないかなと、ないものねだりの願望を抱いています。

二人の全打席を、全球、ゆっくりと見てみたい。二人が所属する球団のゲームの勝ち負けや順位も気になりますが、それよりも二人の打席です。

二人の現在の打率は低くて(そんな印象になる)、3割5分かそれを少し上回るくらいですが、毎日が3打数1安打だと打率は徐々に確実に下がります。4打数2安打、3打数1安打、5打数2安打が交互に連続すると(その細かい比率は別にして)打率は4割くらいになる。そういう打者の打席は一球一球が興味深い。

二人のようなとてもレベルの高い打者でも、まったく予測していない球種がくると反応できないし、しまったという表情でストライクを見逃してしまうという場合もある。らしくない空振りもテレビ画面に映ります。でも、配球予測力や対応力、瞬間適応力や想定外の球のやり過ごし能力や打ちやすい球の引き込み能力は、見ていて飽きない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

旧北海道庁(本庁舎)前の赤レンガ広場

4年近く前にできた商業施設のことをいうのか、それらを含む公共広場のことをいうのか判然としないのですが、北海道庁の旧本庁舎(通称、「赤レンガ庁舎」)のすぐそばにある北3条広場とその周辺の商業施設(レストラン街)を赤レンガテラスと呼んでいるみたいです。

「赤レンガ庁舎」との景観の連続性を引き立てるするために、北3条広場は赤レンガを敷き詰めた雰囲気のいい広場に整備し直されました。だから「赤レンガ広場」と呼んでも札幌市民としてはさしつかえないのですが、「赤レンガテラス」と呼ぶ商業的な理由があるのでしょう。しかし、ここではそのことには立ち入りません。

下の写真は「赤レンガテラス」と「赤レンガ庁舎」。梅雨前線もどきが、また、北海道近くまで北上していて雨が降りそうなくらい重く曇っていた日に撮影したので、色合いの悪いスマホ写真になってしまいました。

A_2 商業施設の一部

C_2 商業施設ロゴ

B_2
北海道庁の「赤レンガ庁舎」(旧本庁舎)。赤レンガ広場はこの庁舎のすぐ東側。左側のグレーの建物(守衛が立っている)は、道議会。

興味深いのは「赤レンガテラス」のログ風横文字表記です。「Akarenga TERRACE」となっています。「TERRACE」は英語ですが、英語表記というのではないらしい。無理に英語に直すと「赤レンガテラス」は「Red Brick Terrace」になります。

以前、「駅弁大学」という用語が日本でまだ死語でなかった時期に、その当時日本に住んでいたあるイギリス人に駅弁大学を英語だとどういうのかを尋ねたことがあります。そのイギリス人は、ぼくが説明した駅弁大学の意味を理解し、それなら「Red brick universityかな」と答えました。「ほとんど同じ意味です。」

そういう意味では、「赤レンガテラス」を「Akarenga TERRACE」と表記し、「Red brick TERRACE」としなかったのは結構な判断だったと思います。たとえ「Akarenga」が外国人には意味不明な言葉であったとしても。しかし、実際には判断にそういう迷いはなくて、「赤レンガ庁舎」、故に「赤レンガテラス」、故に「Akarenga TERRACE」という直線的な決定だったのかもしれません。

いずれにせよ、観光客や市民向けのきれいなテラス風赤レンガ広場であることは間違いありません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

微量でもものすごく甘い人工甘味料

アップル創業者のスティーブ・ジョブズが、当時ペプシコーラに勤めていたジョン・スカリーをアップルのCEOにヘッドハンティングするときの口説き文句が、スカリー本人のインタビューによれば

Do you want to sell sugared water for the rest of your life, or do you want to come with me and change the world?

だったようです(当該動画の31秒から36秒あたり)。それが1981年の出来事なので、1980年当時は、コーラの甘味はまだ砂糖(sugared water)だったのかもしれません。

今はコーラの甘味は砂糖ではなく、人工甘味料が作っています。人工甘味料は、微量でも砂糖の数百倍は甘いので「経済的」「合理的」です。他のマーケティング的な訴求効果もあります。

アメリカや日本で広く飲料に使われている人工(合成)甘味料は、現在、3種類あります。アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK(カリウム)です。

アスパルテームは、砂糖の180倍から200倍の甘みがあり、アメリカでは1981年に、日本では1983年に添加物としての使用が認められました。スクラロースは、砂糖の約600倍の甘みがあります。日本では1999年に添加物としての使用が認められました。アメリカではそれよりも前に使用が認められています。アセスルファムK(カリウム)は、砂糖の約200倍の甘みを持っており、日本では2000年に添加物としての使用が認められました。アメリカではそれよりも前に認められています。

ある、糖分ゼロを売り文句にしている茶色い炭酸飲料(コーラ)の原材料欄を拝見すると

「原材料名 : 炭酸、カラメル色素、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、香料、カフェイン」となっています。

最近は糖分や果糖の評判が芳しくないので、それでも甘いものがやめられない消費者は、人工(合成)甘味料を使ったノンシュガー飲料やその親類に走るのかもしれませんが、配偶者やぼくは、ブラックコーヒーと、ごくときどきの北海道産シュークリームや北海道産ソフトクリーム(ただし、持ち帰りの場合には、遅くともその日の夜までに食べ切らないといけないタイプ)があればこと足りるので、人工(合成)甘味料の不透明なリスクに遭遇する機会はほとんどありません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

化粧品とコミュニケーション

写真は、この季節になるとアーチに沿ってきれいに伸びるホップ(あの、ビールに使うホップ)です。場所は大通公園という札幌の中心部にある公園です。

20180704

この写真には写っていませんが(写していませんが)、ホップに向かってスマートフォンを構えているぼくの近くで、複数の中国からの家族連れが高級なコンパクトカメラやスマートフォンでお互いに写真を撮りあっていました。地味なホップのアーチの近所には、噴水があり、花壇にはとてもカラフルな花が植えられています。

この公園を歩き続けたり、この公園に隣接する商業地域を歩いていると、あるいは、藻岩山(もいわやま)の麓を経由してきた夜の市電に飛び乗ったりすると、聞こえてくるのはたいていは中国語で、そういう環境にいると、自分が中国のどこかの地域の少数民族の一員であるような気分になります。かりに彼らがしゃべっていなくても顔つきや醸し出す雰囲気で隣の国からの観光客だとわかります。

その異国感を、そしてとくにそれがやや変形した感じのものを味わいたければ、配偶者のお供でデパート一階の化粧品売り場に行くのが最適です。

これは配偶者の受け売りですが、世界の化粧品売り場の中で、日本のデパートの化粧品売り場ほど、顧客への対応と実物説明を含む解説が丁寧で親切なところはないそうです。だから、中国人女性観光客の足が絶えない。

中国語が堪能とは思えない日本人の販売員女性と中国人顧客がどうやって細かいニュアンスを伝えあっているのかわかりませんが、きれいになりたいという気持ちときれいにしてあげたいという意思、そして、本物の化粧品という現実的な媒体とボディ・ランゲッジがあればコミュニケーションは比較的簡単なのかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

フリーマーケット・サイト雑感

宅配便を届けてくれた担当のかたと、その担当者が使っている受発注処理のための携帯小型IT機器類の使い勝手を話題に短時間、雑談する機会がありました。そのとき、あるフリーマーケット・サイトの運営会社のこともついでに話題になり、ある通販サイトからの依頼便もとても多いけれど、そのサイトからの委託便がこのところ急に増えている、まあそんな話でした。

定期健診に行った歯医者の歯科衛生士の若い女性にそのフリマ・サイトのことを聞いてみました。知っているという話です。

で、面白そうなので、そのサイトを訪ねてみました。

出品商品を眺めたり、運営者による売買案内を読んだりしてしばらくそのサイトで遊んでいたのですが、要は(当たり前と言えば当たり前ですが)、家庭や個人の不用品(有体に言えば、当人にとってはゴミ)のインターネット売買所です。

取引手数料と配送料を払ったら手元にいくら残るのか、赤字にならないのかといった値段設定のものもありますが、それは不用品をどういう哲学で販売するかという考え方の問題でもあるので、第三者がとやかく言うことではありません。

休日の公園や広場のガラクタ市や蚤の市のインターネット版です。

当人にとっては、不用品・ゴミであっても、ガラクタ市や蚤の市では宝の山に変貌する可能性もあります。が、そういう重厚長大な空気はこのサイトにはなくて、漂っているのは、日常の値の張らない不用品処分とお小遣い稼ぎのカジュアルな雰囲気です。

でも、なかには、セミプロ風の参加者もいらっしゃるようで、そういう「商社マン」「商社ウーマン」にとってもこのサイトは便利な「口銭稼ぎ」の場所になっているみたいです。しかし、いちばん「口銭」を稼いでいるのは、IT投資・インフラ投資も大変だと思いますが、このサイトの運営会社のようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧