経営とマーケティング

2017年3月16日 (木)

パッケージについての雑感

パッケージといってもここでは、ダイレクトメールで送られてくるカタログ類のビニール包装や、電気器具・IT関連製品・調理器具などの梱包と梱包材のことです。開けやすい、捨てやすいという観点で見ると、パッケージにもできがいいのとひどいのがあります。
 
パッケージ(ング)というのはもの作り企業にとっては生産技術の重要な一部だし、それ以外の通販のような流通業種にとっても顧客インターフェースの入り口なので、パッケージのできが悪いと、既存顧客や潜在顧客は、その製品の品質も、その企業の品質も悪いに違いないと考える可能性が高い。だからカタログや商品の送り手もいろいろと気を使います。
 
商品カタログや月刊ニューズレターなどを入れたビニール袋だと、袋に点線の切れ目がきちんと入っていてそこから楽にスパッと開けられるタイプと、切れ目らしきものはあるのだけれど機能せず結局は力業が要求されるタイプに分かれるようです。後者のタイプは、できたらそのまま全部雑紙(ざつがみ)として捨ててしまいたいのですが、宛先を印刷してある紙やラベルを取り除く必要があるので、結局は封を開けざるをえない。
 
電気器具・IT関連製品・調理器具などの梱包は段ボールだけですっきりとした強度設計ができあがっているものと(最近はこちらが多い)、あいかわらず発泡スチロールを使っているものがあって、前者はパタパタと簡単に平たく折りたためるのに対して、後者はゴミ捨て時にかさばるのでうんざりしてしまいます。
 
パソコン用のプリンターなんかはどのメーカーでも一定期間が経過すると計ったように故障する(というか、機能しなくなる)ので、買い替え需要が一定期間ごとに発生します。そういう意味では差がないのですが、その他の機能では差があり、結果として使い続けているのはパッケージのできのいい企業の製品です。
 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

お菓子のダイレクトメール

甘いものはほとんど食べないのですが、ある北海道の菓子店の札幌本館で製造販売しているシュークリームは例外です。休日の帰宅途中などで、その店の前を配偶者と歩く機会がある場合には、賞味期限が数時間のジャンボ・シュークリームを買って帰ることにしています。ごくまれにバニラ・ソフトクリームをお店で賞味することもあります。
 
ソフトクリームは買ったその場で食べるのが原則なので、若い女性やかつては若かった女性、仕事を抜け出してきたに違いない20代のスーツの男性などが、壁際の椅子に行儀よく座っておいしそうに舐めています。かつて比較的暑い時期に知り合いの男性を小樽観光に案内したことがあります。運河をまたぐ橋のあたりにソフトクリームの売店があり、それに気づいたその男性がその場を動かなくなってしまったので、いっしょに食べることになってしまいました。
 
配偶者が会員登録してあったら、その本館から開店一周年記念のダイレクトメールが届きました。ペラ案内には開店記念のイチゴ入りの華やかなお菓子が並んでいますが、ぼくには興味の対象外です。
 
この菓子店は基本は洋風です。北海道は牛乳と小麦の産地なので、シュークリームやソフトクリームの材料にはこと欠きません。しかし、北海道の有名店のシュークリームが軒並みおいしかというと、ぼくの舌が経験した範囲ではという大きな限定つきですが、コンビニの袋入りと大差ないのもあるようです。そういうタイプは食べ過ぎると気持ちが悪くなる。
 
この菓子店は特定の和風も得意で、ぼくの好きなのは「おかき」。ただし、「昆布味のおかき」のみ。「おかき」の材料のもち米も昆布も簡単に現地調達できます。これは、食べ始めるとコメと昆布と塩味と香ばしい植物油の刺激で歯止めが効かなくなるので、めったなことでは口にしないように我慢しています。ペラ案内にはおかきの特別バージョンみたいなのは、ありがたいことに、掲載されていませんでした。
 
ダイレクトメールには、コーヒーとバニラ・ソフトクリームの無料サービス券が2枚ずつ同封されていました。その本館は古い洋風公共施設を改装した風情のある建物なので、次の週末に配偶者と立ち寄るのも悪くありません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

現在の血圧基準値は?

先日、ある民間の人間ドックというか、健康診断センターというか、そういうところで健康診断を受けてみました。毎年の定例行事です。こういう場合にいつも悩ましいのは(実際は気にしていないので悩ましいというのは正しくないのだけれど、ここでの都合上そう書くことにします)、血圧の基準値です。これほどガイドライン(だれがどういう風に決めるのかよくわかりませんが)が、きまぐれに動くのも珍しい。
 
2014年4月に、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が、人間ドックなどで今まで集めてきた健康な1万人のデータを分析した結果、とくに持病がない人は、「収縮期血圧が147以下」、「拡張期血圧が94以下」なら高血圧を気にしなくてもいい、というガイドラインを出しました。一般の健常者にとってもわかりやすい実務的なガイドラインです。現在はどうもこれが隅に追いやられているらしい。
 
それまでの「正常」な血圧というもののガイドラインの推移を並べてみると
 
□ 1960年代は、「収縮期血圧が149以下 /拡張期血圧が 99以下」
□ 1970年代は、「164以下 / 94以下」(WHO世界保健機構)
□ 1993年からは、「139以下 / 89以下」(いわゆる「140 / 90」)
□ 2009年からは「129以下 / 79以下」が正常血圧、「130~139 / 80~89」は「正常高値血圧」という不思議な言葉で呼ばれるようになった(日本高血圧学会)
□ 2014年に「収縮期血圧が147以下」、「拡張期血圧が94以下」なら高血圧を気にしなくてもいい(日本人間ドック学会)
□ 現在?アンシャンレジームの復活?
 
日本高血圧学会のガイドラインだと、たとえば、測定値「135 / 78」は片方が正常血圧の範囲に収まっていないのでないので正常高値血圧になります。そして「収縮期血圧が140以上」あるいは「拡張期血圧が90以上」のどちらかに該当すると(たとえば、「142/88」)「高血圧」と判断されます。
 
ある地方自治体の血圧ガイドラインは生真面目に「収縮期血圧の基準値は90~129」、「拡張期血圧の基準値は ~84」となっていて、変えるつもりはなさそうです(ちなみに「上」が90未満だと低血圧)。
 
そういう流れを読んだのか、一時は姿を消していた「血圧が130を超えたら、□□□を」というサプリメントの宣伝メッセージも復活してきました。
 
循環器系の医者の意見なのか、製薬会社の意図なのか、高血圧の患者、および患者予備軍が増えたり減ったりで、けっこう気ぜわしい。同時に、けっこう面白い。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

お汁粉とチョコレート

先日、純粋なカカオの風味が味わうために、砂糖の全く入っていないチョコレートを食べてみました。(カカオ)ポリフェノール(や、カカオプロテイン)が多く含まれるという意味で、チョコレートやココアは人気が再燃中ですが、抗酸化作用の強いポリフェノールがたっぷりの甘い食べ物という意味では、日本には、似たような優れモノがあります。
 
食べものの名前は、「お汁粉」「ぜんざい」「羊羹(ようかん)」「赤飯」など。主原料に「小豆(あずき)」や「ささげ」を使ったお菓子やご飯(おこわ)です。
 
豆類の種類と栄養性・機能性成分」(北海道立十勝農業試験場 生産研究部)という論文によれば、小豆(あずき)には赤ワインの2倍近くもポリフェノールが含まれています。
 
よく知られているようでいて実際はそれほど認知されていないのですが、北海道は「小豆」と「ささげ」の産地です。「小豆」は十勝で大量に生産され、「ささげ」は控えめに栽培されています。もち米(糯米)も、名寄(なよろ)など、もち米に特化したような米作地域があり、「きたゆきもち」や「はくちょうもち」といった北海道産のもち米がお米売り場で簡単に手に入ります。「お汁粉」「ぜんざい」「羊羹(ようかん)」「赤飯」の主原料はそろっています。
 
チョコレートがバレンタインというマーケティングプロモーションで売り上げを伸ばしたように、小豆もお汁粉やぜんざいや小豆羊羹を、何かのイベントとからめて、あるいは新しいイベントを考えてプロモーションしてみると売上スパイクを作り出せるかもしれません。たとえば、ホワイトデイには、好きな女の子と一緒に「お汁粉」や「ぜんざい」、チョコレートをもらった女の子には一口サイズの「小豆羊羹」をプレゼント。節分の「恵方巻き」の成功例もあるので、なんとかなるかもしれません。
 
ところで、蛇足ですが、羊羹といえば「と■屋」ですが、ここの羊羹は小豆と砂糖が凝縮していて、持つとドスンと重い。大きいのを複数個、紙袋に入れて持つと、肩が壊れるくらいです。だから、ここの水羊羹と一般の羊羹が同じ程度の密度です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

迷惑な世論調査

「よろん」は「輿論」、「せろん」は「世論」というのがぼくの中で固定している漢字とその読みの組み合わせなので「世論」を「よろん」と読まれるといまだに違和感がありますが、それはさておき。
 
2014年12月に「一週間前の電話世論調査に続いて、今度は出口調査の対象」という記事を書きました。以下はその一部です。
 
『一週間前の7日(日曜日)のお昼過ぎに、地元の新聞社から(実際には、その新聞社から仕事を依頼されている調査会社だと思いますが)、14日の衆議院議員選挙に関する電話世論調査の電話がかかってきました。電話世論調査の対象になったのは固定電話の持ち主になって以来、ということは結構な年数の間でということですが、初めての経験です。』
 
土曜日は遅い午後まで配偶者と外出していました。帰宅して点滅している電話機を確かめると0120-で始まる同じ番号からの留守電記録が2回あります。そういう番号からは、たとえば、保険商品の勧誘なども多い。記録を削除しようかとも思いましたが、面倒なので放っておきました。
 
そろそろ配偶者が夕食の準備かという頃合いに、また同じ番号から電話がありました。ぼくが出ました。今度は地元の新聞社ではなく、ある全国紙からです。我が家に有権者は何人いるかというので二人だと答えると、上から2番目のかたをお願いします、上からというのは年齢のことかと聞くと、そうだというので、嫌がる配偶者に替わってもらいました。
 
そういえば、前回は、年齢がいちばん上のかたという指定を受けたのでぼくが対応したという記憶がよみがえってきました。今回、ぼくが2番目だといっても何も不思議はないので、そうすればよかったのですが、場慣れしていないので、妙に正直な対応をしてしまったわけです。
 
配偶者は面倒くさそうに答えていましたが、これが、料理中の割り込みなら、受話器を配偶者に渡すわけはないし、配偶者もそんなものに応えるわけはありません。間違うと火事になる。週末の夕方から夜という時間帯のこういう割り込みは、実に迷惑な話です。商品の勧誘などはこういう潜在顧客を怒らせてしまうような時間帯は避けます。大本営発表が得意な「社会の公器」というのは、けっこう横暴なものです。
 
関連記事は「電話世論調査」。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

今でも、それなりに便利な古い電子辞書

今でも手放せないのが、電子辞書です。といっても最新モデルではなくて、手元にあるのは買ってから14~15年くらい経ったものです。当時でも3~4万円したと記憶しています。これは全体のまとまりと使い勝手がとてもいい。
 
細かいことを言うと、英和重視で買ったものなので、英和辞典と国語辞典は満足しているのですが、不満なのは、英英辞典と漢和辞典。理由は簡単で、英和と国語はレベルの高い実務用で知りたい単語や言葉にはほぼ出合えるのに対し、英英は今風の探し物が見つからないことが多い。漢和にも同じ不満があって、謳い文句は別にして、ぼくにとって必要なものが見当たらない場合がある。古語辞典もセットの一部にないので、必要になると、本棚まで歩くことになり、不便です。しかし、古語辞典までもちだすと、この電子辞書のもともとのすっきりとした設計思想、企画意図を無視することになってしまうので、それはしない。
 
液晶は白黒なので、単4電池2個の持ちもよい。
 
ところが、先日、その名機を硬い木の床に落としてしまい、筐体にわずかにヒビがはいりました。液晶部分は問題ないのですが、最新版に買い替えの時期かもしれません。
 
1415_rev
 
最新の実務用ハイエンドモデルの宣伝を拝見すると「200コンテンツ収録。研究、翻訳、専門学習などのハイレベルなニーズに対応。幅広い知識、情報を求める方に。」となっています。発売されたばかりのようで、定価が6万円と安くはないのですが、単純計算で1コンテンツ(1辞書)あたり300円、そのなかには大辞典もいくつか含まれており(そのひとつが「英和活用大辞典」)、そう考えると安いお買い物かもしれません。でも、電子辞書に限らず漢和辞典系は、他の種類に比べてどうして品揃えが少ないのでしょう。買うかどうかは、現在思案中。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

困ったら灯油はコンビニで?

灯油雑感」の続きです。
 
ずいぶんと以前、一人暮らしだったころ、FF式の石油ストーブを使っていた時期があります。灯油がなくなると困るのだけれど、お店から届けてもらうほどの量を使うわけではないし、家には寝に帰るだけといったパターンだったので届けてもらうにもその時刻に家にいるかどうかわからない。灯油のようなものを自宅に当座の必要量以上在庫しておくのも心配だったので、近所のお店にポリタンク持参で行き、灯油を買っていました。10リットルくらいなら重いけれども手で持ち運びできます。18リットルだと二度とやりたくなくなる。
 
最近ある人から、北海道ではコンビニで灯油を売っているときいて、まさかと思いましたが、灯油暖房が盛んな北海道ではそういうこともあるかもしれません。しかし、近所ではそういうのは見たことがない。適当に選んだ札幌市内の地場コンビニチェーンのひとつに電話をかけてみました。
 
「おたくでは、10リットルや18リットルのポリ容器に入った灯油を売っていますか?」
「申し訳ありません。うちでは取り扱っていないです。」
「お店によって違うのですか?」
「そうです。」
 
証拠を求めて、「北海道 灯油 コンビニ」で検索したら、関連写真がたくさん出てきました。以下はその2枚。電話をかけた地場コンビニチェーンではないのですが、その競合相手であるところの同じお店の遠景と近景。2013年の北見市内の冬の光景の一部です。
 
写真は、「DocteurPleiadesのページ」からお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。
 
A_2013 B_2013
 
冬の夜に急に灯油切れを起こした人が、緊急対応で車を乗りつけるのかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

魚を買いたいときは、カレンダーをチェック

札幌中央卸売市場は、原則として日曜日と水曜日がお休みですが、例外もあるので、魚を買い出しに行きたいときは、念のために市場カレンダーをチェックします(下のカレンダー、札幌中央卸売市場のウェブサイトから引用)。
 
Feb_mar_2017
 
先週の土曜日に配偶者と一緒に一週間分の魚介類を買い出しに行きたいと思い市場カレンダーを見ると、なんとお休み。その土曜日が祭日ということをすっかり失念していました。
 
売り場に来る消費者の多さ、つまり売上量と売上金額の多さを考えると、お店(ぼくのいうお店とは対面販売が基本にある魚売り場のことですが)は、土曜日にいちばん品揃えに力を入れます(海が大荒れで収穫がほとんどないという日もありますが、それはさておき)。だから所用で身動きが取れない場合を除き、鮮魚はできるだけ土曜日に手に入れるようにしています。収穫地は慎重に吟味します。日曜は、土曜日に仕入れた在庫の残りが出てくるので、土曜日よりは魅力度が低下する。
 
刺身、単純な煮物、南蛮漬け、昆布締め、粕漬け、塩麹漬けや醤油麹漬けなどを素材との相性で組み合わせると、数日間という短期の保存は簡単です。もっとも、買ってきた日の前処理の面倒を我慢すれば、ということですが。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

冬の歩道と宅配便

朝の歩道です。通勤途上のかたの後ろ姿が見えます。放っておくと、雪に埋もれ、凍り、つかの間の気温上昇で溶け、そうなると、気温の低下とともに凸凹に固まって、またその上に雪が積もり・・・、つまりは、除雪車で、ガリガリと氷を引っ掻くように歩行空間を、深夜から明け方に作らないと、通勤も通学も出来ない状態になります。
 
写真は、札幌市内の歩道。前の深夜にでも、きれいに整備されたのでしょう。しかし、道路側には高い雪の山があるのがわかります。
 
Img_0163
 
宅急便や宅配便の数が増えすぎて、関連業者は短期、短時間の追加労働力の確保に懸命のようですが、雪の多い地域は、さらに条件が悪くなります。
 
配偶者は宅急便や宅配便を届けてくれる方と話をする機会が多いので、配偶者経由の情報を含めて整理すると、宅急便や宅配便の配達業務で一番厄介なのは、冬は道路の雪の山で駐車するスペースが非常に少なくなることだそうです。
 
そういう地域では、冬季には、4車線道路が2車線になり、2車線道路が単線になります。ただそこを通過していくだけなら、時間がかかってイライラするけれどもなんとかなる。しかし、駐車し、目的の家庭に荷物を届けるとなると、また話は違ってきます。そこに、昼間に不在で夜に再配達が重なると、作業員のイライラ度合いは、想像に難くない。
 
きれいに整備された歩道の写真を撮りながら、そんなことを考えていました。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

サラダ用のカボチャ

サラダ用のカボチャというものに、あるデパートの野菜売り場で遭遇しました。小さな緑色のカボチャで、ポップに食べ方の簡単な説明が書いてあります。買いませんでしたが、カボチャは好きなので肯定的に「ふーん」と思い、自宅に帰ると、ある種苗会社から2017年春のカタログが届いていました。中に「話題のサラダ用カボチャとズッキーニ」というページがあります。
 
こういう媒体で比較的大きく紹介されているということは、テストマーケティングや試験販売が完了して、それなりにいい感触を種苗会社や農家は持っているということになり、デパートの野菜売り場のポップと動きが重なります。
 
解説コピーは「話題のサラダ用品種。両商品とも直径10~12cmで若どりするとみじみずしく、コリコリ、シャリシャリした食感が楽しめる。えぐみがなくあっさりしており、スライスして塩とオリーブオイルで一品料理に。さっと炒めて食べてもおいしい。」
 
実っている様子を見ると、地面に横たわっている収穫前のカボチャというイメージではまったくなく、果樹や柑橘類のすずなり状態に近い。
 
蒸す、煮るなど熱を通したときの大きなカボチャの甘さと粘りが好きなかたに受け入れられるのか心配ですが、まるものカボチャを切るのが大変だという理由で、好きなのだけれどもカボチャから遠ざかっているかたには向いているかもしれません。
 
__rev
 
写真は「家庭de菜園」さまのサイトよりお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。なお、写真は大きく成長した状態のサラダ用カボチャです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧