経営とマーケティング

2019年12月 9日 (月)

雪と少し凍った道路ではスポーツブーツ

冬用の靴やショートブーツは、汎用性を考えて紐付きもスリップオンもすべて革製です。季節ごとの手入れもしっかりとします。しかしそれだけでは雪融けで道路が水浸し状態のときは困るので、短いゴム長も持っています。冬や雪の季節のアウトドア用品としてのスポーティなブーツとは今まで縁がありませんでした。

配偶者が、デパートの冬靴売り場で、スポーティで暖かくて、スポッと足が入って履きやすそうないいデザインのショートブーツを見つけてきました。適性サイズはプラス1センチだそうです。そのあたりを買い物などで出歩くには最適だというので、同じメーカーの男性向けの同じようなものをぼくも買うことにしました。

ツルツルに凍った道路、つまりアイスバーンではそれは当惑気味ですが、厚く積もったばかりの雪道や雪が降り氷点下になって普通に凍りかけた歩道では十分活躍します。今はまだそのあたりがアイスバーン状態ではなくそれは1月下旬から2月の現象だとしても、それに近い状態の道路や歩道は日陰の辺りや氷点下の夜の翌早朝にはそのあたりにあるのでそこで機能を試してみました。

特別にというわけではないけれど、足が暖かく包まれて確かに歩きやすいし滑らない。これなら、雪の冬でも、それなりに着こめばいつものコースを(ただし、日陰部分を日向部分に置き替えるなどの工夫をすれば)足もとの見やすい明るい日中に速足ウォーキングができるかもしれません。



人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

ガス検針票裏面の注意書きが北海道らしい

我が家は料理はガス(都市ガス)で、電気調理器具(たとえばミキサーやホームベーカリー)も使いますが、ご飯を土鍋で炊く時も煮物や蒸し物や炒め物も火力の強いガスです。オーブンもガスです。ガスオーブンの利用者は多くない。IH調理道具には縁がありません。

ガス会社から毎月郵便箱に検針票が届けられます。同じ内容のメールも送られてきますが、検針票は「ペラものニューズレター」の雰囲気もあるので気に入っています。

表には「ガス使用量のお知らせ 2019年12月分」とあって、当月使用量、前月使用量、前年同月使用量や請求予定額が記載されていますが、裏面は季節のメッセージがイラストといっしょに印刷されています。

「除雪・落雪時はガス管にご注意!」が12月スリップのメッセージ。文中に「!」マークが多すぎるようですが、余計なお世話かもしれません。

●除雪時のご注意
 ・特に除雪機をお使いになる際は、ガス管が雪等で隠れていないか確認を!

●落雪時のご注意
 ・屋根の雪おろしなどの際は、ガス管やメーター、給排気筒などにご注意を!また、周辺隣家からの落雪にもご注意を!

除雪機は大きな業務用だけでなく、家庭用もよく使われます。家庭用除雪機はぼくの知る範囲では二つのメーカーの寡占状態で、その二つのメーカーに共通するのはオートバイ製造あるいはエンジン製造です。除雪機の色は赤と青で住み分けていて、ターゲットユーザには家庭の主婦が含まれています。安全に配慮した設計とはいえ取り扱いに注意が必要な機械なので、白い雪の中でよく目立つような赤と青に塗られている。

除雪中にヒトに向けるのと同程度の注意をガス管に向けても、それが壁際の厚く積もった雪の中に隠れていると、機械をぶつけてしまって緊急修理という事態がときどきは発生するのでしょう。

関連記事は「雪は嫌ですね、あるいは雪かきと雪下ろし」。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

IRに関して、ふわふわ路線が役に立つ

「北海道の鈴木直道知事は29日午前の道議会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致申請を見送ると表明した。・・・・2021年7月までの国への申請を断念したことで、北海道の成長シナリオも再考を迫られる。」(日本経済新聞 北海道経済ページ 2019年11月30日)
 
その記事には「成長シナリオ再考、不可避」「IR誘致、道見送りに落胆の声」「経済界『大きな痛手』」といかにも日本経済新聞らしい見出しと、地域の経済団体のIR誘致賛成者の意見が並んでいます。税収増や新規雇用についての言及もあります。
 
しかし、北海道(苫小牧)にラスベガスを作っても「しょうもない」。
 
北海道のIR事業にはどういう海外事業者が関心を示しているのか知りませんが、たとえば大阪のIR構想に大いに興味を持っているIR事業者は「米国MGMリゾーツ・インターナショナル」や「米国最大手のラスベガス・サンズ」、それから「香港メルコリゾーツ&エンターテインメント」などです。北海道がIR誘致に手を挙げたら似たような体臭の事業者が魅力的な事業計画を提出するのでしょう。
 
パチンコという博打は日本全国に存在していてもそれは軽微なものだし、競馬や競輪や競艇も(それから宝くじも)国家認定の博打ではあるので、IR誘致に伴い国家認定でさらにレベルの高い博打を解禁するなら、IRなる巨大な遊び場でヤクの解禁もついでにいっしょにやった方が経済効果は高いと思われます。
 
原発建設ではプラスの効果しか見ないようにしてきたし、IRという名の博打誘致でもプラスの経済効果しか見ないようにしているので、そこでヤクを合法販売してその追加経済効果を含めて投資回収と持続効果を計算してもとくには問題ないと思われます。そこに博打を合法的に持ち込むのも、ヤクを合法的に持ち込むのも、経済の押し上げという点では同じことです。世界には、博徒とヤクが合法化されている国や地域は少なくない。そこまで踏み込めば原発再稼働が大好きな経済人らしいのですが、そこまでは言い出さない。
 
「総合的に道民目線で判断する」というのが現在の北海道知事の意思決定基準のようです。実際にそう表明している。狭義には「道議会の目線で判断する」「道議会の多数意見に従う」ということになります。ふわふわ路線ですが、北海道にラスベガスを作っても「しょうもない」ので、ふわふわ路線もこういう時には大いに力を発揮します。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

続続・札幌の雪の準備

札幌市の繁華街で、とある老舗百貨店のすぐそばの交差点にあった滑り止め材(砂、正確には細かく砕いた砕石)と木箱です。砂箱の右下に朝に降った雪がまだ残っています。写真の左上には旧型の市電が走っているのがわかります。
 
百貨店前なので、古いですが、渋い色合いの木箱です。この木箱にはどこで区切ったらいいのかわからない感じで似たような意味合いの漢字熟語が並んでいて、つまり、この木箱を提供したのは北海道開発局と札幌市が共同運営している「冬期路面管理充実計画策定協議会」と読めます。「管理」・「充実」・「計画」・「策定」・「協議」とにぎやかです。
 
凍った雪の横断歩道で足を滑らせないように、砂袋を破って黒い砂を道路に播き、残った砂袋は「使用済砂袋 お入れ下さい」と書いてあるところを押して、そこにプラごみを捨てる要領で押し入れます。

2019_20191126190401

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

続・窓ガラス掃除に電動の支援ツールを使ってみた

待望の結露取りにそれを使ってみました。
 
窓ガラス掃除の電動支援ツールとは、「窓用(電動)バキュームクリーナー」のことです。これを購入したのは、窓ガラスの汚れを取り除くという電動のスクイジー的な使いかた以外に、冬に窓ガラスに発生した結露を吸い取ってしまうためです。
 
札幌の家屋は寒冷地仕様です。ガラス窓は二重窓で、内側(部屋側)の窓ガラスには Low-Emissivity(低放射)の複層ガラスを使っています。だから冬も普通の寒さでは、東京などの一重窓の家屋と違って、窓ガラスに結露は発生しません。
 
しかし、そういう二重窓構造にしてあっても、最低気温が氷点下数℃の日がしばらく続くと北側向きの窓の外側ガラスの内側がけっこう結露します。これを雑巾で拭うとなると露の量が少なくないので複数枚のきれいな雑巾が必要で、時間もかかり、また結露は非常に冷たいので手が凍ります。
 
この冬はじめて、それなりの結露が観察できたので、さっそくその「窓用(電動)バキュームクリーナー」で結露除去です。これを放っておいて氷点下の日々が続くと、その結露が凍ってしまい対応が難しくなるので、こまめに結露を取り除きます。
 
道具はすばらしい水分吸収力を発揮し、思った以上の量の水がタンクに溜まりました。残念ながら、製品の構造と窓の構造の組み合わせ上、窓ガラスの一番下のあたりは結露を吸収できないので、そこだけは雑巾で手作業です。
 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

久しぶりに重厚な味わいの日本酒

配偶者が京都旅行のついでに日本酒を買ってきました。複数の一升瓶なので宅配便で到着です。
 
日本酒の最近のはやりはワインのような雰囲気と味わいを持ったものを冷やして飲むことです。高価です。冷やで飲むことを前提に醸造された吟醸や大吟醸なので、燗には向かない。お店でそんなことをお願いしたら、怖い店なら追い出されてしまいます。だから輸出も増えてきました。
 
ぼくは夜は控えめな量の燗酒なので、できたら、精米歩合が70%くらいの純米酒で、コメの味が漂い出すのにしたい。ワイン風日本酒に比べると、重厚で洗練され過ぎていないタイプです。
 
配偶者がそういうタイプを選択してくれたのですが、京都にもそういう地酒風の酒蔵が残っていることがぼくには驚きでした。商品ラベルの風情も味わいと同期が取れている。
 
こういうのはなかなか手に入らない。気に入ったので、これからときどきオンラインショップで注文することになると思います。酒蔵の名前も銘柄もここには書きません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

続・札幌の雪の準備

昨日の記事で、札幌で雪の季節を迎えるための身近な準備作業として次の三つを挙げました。
 
・低木や灌木の雪囲い(完了)
・道路際の赤白ポール(完了)
・交差点の滑り止め材と砂箱(進行中)
 
もうひとつ、札幌らしい進行中の雪の準備がありました。「落雪注意」の掲示板です。ホテルやオフィスビルなど人の出入りの多い建物の歩道側に置かれることが多いようです。雪が舞い始めた昨日の午後4時ころ北海道庁の比較的そばにあるホテルにそれが置かれていました。外気温はマイナス1℃です。
 
H_20191114183601  
 
「落雪注意>のすぐそばの大きな交差点に、今年の「滑り止め材」とそれを入れる「砂箱」が既に設置してありました。「赤白ポール」も隣でいっしょに写っています。この砂箱は、ある企業が寄付したもので、札幌中心部ではそういう寄付砂箱も少なくありません。マーケティング目的で企業名が書かれていますが、その部分は写していません。
 
__20191114183701  
 
降り始めた雪が樹々の紅葉や黄葉やまだ緑の葉に少しずつ積もり始めていました。どうも冬です。
 
_-nov14

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

スマホ対応の安い手袋と親切な女性コンビニ店員

まずこういう気が利いた親切には、米国な中国のコンビニやコンビニと似たような形態のお店では遭遇できません。日本でもおそらく珍しい。
 
夕刻、想定以上に寒くなったというのもあるのですが、スマホを手袋をしたまま操作できるそういう手袋でお手軽なもの(つまり、左右の違いもないフリーサイズの安いもの)を買おうと外出先の近所のコンビニに入りました。タッチスクリーン対応と書いてある黒い手袋が2種類ほど並んでいたのでいちばん地味なのを購入しました。
 
レジに持って行くと、ぼくがそういう風情だったのか、「すぐにお使いですか」と、留め糸に相当するプラスチックの留め具をその場でハサミでパチッと切り取って、すぐに使ええる状態でポリ袋に入れてくれました。すばらしい。
 
で、早速使ってみたのですが、普段通りにスクリーンにタッチしても反応しません。何度かやっても同じことです。ぼくのスマホは液晶の上に防御ガラスを貼ってあるので、それが邪魔をして反応しないみたいです。
 
ぼくのは手袋モードとかはない種類だしユーザインターフェースを通常の使用時と変えるのは好みではないので、その手袋の利用は諦めましたが、夕刻以降に寒さが侵入してくる手と指先は保護できたので無駄な買いものではなかったということにしておきます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

「雪は嫌ですね」、あるいは、雪かきと雪下ろし

寒くなってきました。だからご近所の人との立ち話にも冬が話題になります。「寒くなってきましたね。でも雪は嫌ですね。」 北海道に暮らす人が雪が好きとは限りません。スキー場の経営や運営にかかわる人たちを別にすれば、多くの人はぼくを含め日々の暮らしには雪などないほうがいいと思っているようです。
 
寒さはしかたない。冬ですから。でも、雪はときどき降るのはきれいだけれども、普段はない方がいい。そういうことです。
 
雪が降りそれが根雪になると、片側2車線道路は片側1車線道路になり、歩道も歩くスペースが半分以下になります。寒いので雪がアイスバーンと化す。
 
それよりもなによりも生活者にとって嫌なのは家の敷地や周りの雪かきです。それから屋根の雪下ろし。そのあたりの広場に巨大な穴を掘りまたそれを埋め戻すという作業を延々と繰り返すと、GDPは上昇しますが、気持ちは壊れます。雪かきや雪下ろしは、地面を掘ってその土でできた穴を埋めるという作業の繰り返しと同じです。意味がない。ひとは意味のある作業だけを行っているのではないにしても、できたらそういう無意味な行為はないほうがいい。だから「寒くなってきましたね。でも雪は嫌ですね」となります。
 
しかし、そういうことは避けられないので、電動式や内燃機関式、あるいはハイブリッド型の家庭向け除雪機のテレビコマーシャルが流れます。
 
家庭向けの手動雪かき用具(大型の角型シャベルにパイプの持ち手が付いたような形状で、ソリのように雪を押して運ぶことが出来る除雪用具)は「スノウダンプ」(ダンプはダンプカーのダンプ)と呼ばれていますが、シャベル部分がプラスチックのものは軽量で主婦でも扱えるので開発時に「ママさんダンプ」という名称がつけられたようです。この「ママさんダンプ」に、小さな子供を載せて家の周りを引っ張っていっしょに遊んでいるお母さんもたまに見かけます。
 
テレビコマーシャルの頻度が高い電動式等の除雪機も操作者が女性という想定の機種も多く、つまり自動式の「ママさんダンプ」です。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

加工食品の正直な説明コピーのことなど

昨年、札幌近郊にある地元の味噌製造販売会社の工場を見学する機会がありました。説明と現場見学の後の質疑応答のときに最近の売れ筋ということも話題になり「業務用では液体味噌が売れ筋」という話が責任者からありました。OEM製品としての最近の売れ筋が液体味噌ということです。
 
それ以降、スーパーなどの味噌・醤油コーナーの液体味噌の前に気が向けば立ち寄ったりもしています。(ただし買うことはありません。何故なら我が家は味噌は自家製味噌、という時代錯誤な家庭なので)。
 
人気筋は「だし入りの液体味噌」のようです。忙しい主婦や働くお母さんの「時短」「食事準備の効率化」のためには、味噌汁を作るときに、味噌漉(こ)しを使って従来の味噌を溶くといった面倒なことは省きたいというのは理解できます。そうすればあとで洗い物の量もその分減るので省エネです。いわんや、出汁(だし)を引くなどという面倒な手間に於いておや。昆布や鰹節で出汁を引くのも「時短」を阻害するので「だし入りの液体味噌」というのが着地点になるのでしょう。
 
ある食品会社の「液みそ《高級バージョン》」は「だし入りで化学調味料が無添加」です。原材料欄はそのまま引用すると、「米みそ、発酵調味料、食塩、酵母エキス、豆みそ、かつお節粉末、宗田かつお節粉末、昆布エキス/酒精、(一部に大豆を含む)」となっています。その商品説明コピーがぼくにとってはいささか愉快で、どこがどう愉快かというと「化学調味料不使用でありながらしっかりとしたみそ・だし感を味わうことができます」というとても正直なところです。
 
なぜならその説明を逆の方向で書き直してみると「みそ・だし感を出すには(私どもとしては)化学調味料を使うことが必須です、化学調味料なしに、だし入り液みその、みそ・だし感は出せません」となるからです。
 
「液みそ《普及版》」のコピーを拝見すると、こちらは化学調味料無添加とは書いてないのでその原材料欄は「米みそ、食塩、砂糖、たん白加水分解物、かつお節粉末、かつおエキス、宗田かつお節粉末、昆布エキス/酒精、調味料(アミノ酸等)、(一部に大豆を含む)」とあり、化学調味料の代表表記であるところの「調味料(アミノ酸等)」が含まれています。「たん白加水分解物」という聞きなれないものは、お役所基準によれば「食品」のひとつで、食品添加物ではありません。
 
風味はマヨネーズそのままでカロリーがマヨネーズの半分という「健康食品」が「サラダクリーミードレッシング」という名称で盛んにマーケティングされています。マヨネーズというのは原材料のほとんどが植物油なので、植物油を半分にして(つまりカロリーハーフ)、そこに「たん白加水分解物」と「調味料(アミノ酸等)を追加すればマヨネーズらしい食品ができ上がります。
 
その食品の原材料欄はどうなっているか、記載をそのまま引用してみます。
 
「食用植物油脂(国内製造)、卵、醸造酢、食塩、砂糖、香辛料、たん白加水分解物/増粘剤(キサンタンガム)、調味料(アミノ酸)、香辛料抽出物、(一部に卵・大豆・りんごを含む)」。
 
マヨネーズを選ぶかそれともカロリーが半分のマヨネーズみたいなのを使うかは悩ましいところです。ともに時短に貢献します。マヨネーズは食欲を刺激するところの植物油の塊りなので、太りたくない人は「みたいな」商品を選択するのだろうと思います。
 
蛇足ですが、マヨネーズは家庭で簡単に作れます。マヨネーズの75%から80%は植物油なので、それなりの量の植物油に卵(卵黄)と酢と塩を加えてガーと(たとえば電気調理器具の力を借りて)かき混ぜるとマヨネーズができあがります。胡椒などの香辛料をどれだけ加えるかはお好み次第です。適当な料理や加工食品にマヨネーズをかけると何でも一応は喉を通ります。だからマヨネーズ味を売りにしたおにぎりなども人気ですし、たこ焼きやインスタント焼きそばにもマヨネーズがついているみたいです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧