季節と時節

2017年5月24日 (水)

魚の切り身のマーケティング

なかなかに気の利いたポップメッセージに出会いました。場所はさるデパ地下の魚売り場、丸ものの対面販売のコーナーではなく、パックにした切り身を並べてあるエリアです。
 
商品名(魚の種類)、産地(水揚げ地)、値段、消費期限など、食品表示関連の法律で決められている項目だけをラベルに記載というのが、ぼくが記憶している限り、このお店のやり方でした。丸ものの対面販売のコーナーでは、たとえば厚紙にその魚の宣伝文句を書けますが、切り身パックに関しては、目玉商品を除き、普通はそんな場所がない。
 
どこかの地域のお店でそれをやり、お客の評判がよかったので取り入れたのか、それともそのお店が始めたのかわかりませんが、商品ラベルにポップ(宣伝文句)を入れたところがなかなかにいい。
 
「時さけ」というのは、もともと「時不知(ときしらず)さけ」と呼ばれていた(今でもそう呼ばれていますが)鮭で、なぜ「時不知」かというと、鮭は秋に大量に収穫されそういう鮭は「秋さけ」と総称されています。秋ではなく春に水揚げされる鮭なので「時しらず」と呼ばれるようになったそうです。
 
味は、断然「時不知」です。だから、この時期の鮭は、本当は、時を知らないのではなく、(ヒトにとっておいしい)時を知っている鮭ということになります。「時さけ」と呼ぶのは理にかなっています。鮭は秋、ということにとらわれている人たちには、「生時さけ(北海道産)〈今が旬!!〉」というのはポップだけではなく啓蒙メッセージの役割も兼ねています。
 
それから、黒カレイの簡単でおいしい食べ方をよく知らない、たとえば、奥さんになったばかりの女性や独身男女には「くろがれい(紋別産)〈お煮付がおすすめ〉」というのは、とてもシンプルで訴求力のあるアプリケーション(調理)ノートです。
 
Photo
 
Photo_2

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

新しい緑と古い緑

街路樹の柔らかい新緑が楽しめる時節になりました。写真は「エゾモミジ」です。この時期の樹々の緑色はその色合いが日々変化するので、ぼんやりとしているとその柔らかさをめでる頃合いを逃がしてしまします。
 
Dsc_4416
 
小さい鉢に入っていたのを買ってきて、鉢を大きなものに取り換えながら8年以上お世話になってきた観音竹(「竹」という名前がついているがヤシ科の植物)を先日、処分しました。定期的に間引きはするのですが、成長力が強いので鉢の容量が限界のようです。葉の先の様子から判断すると根詰まりを起こしているに違いない。
 
これ以上大きい鉢は重くてぼくの手に負えないし、葉の掃除も大変なので、思い切って処分することにしました。頑丈なタイプの剪定鋏でバシャっバシャっと切っていきます。頃合いの大きさと長さに切りそろえて、燃えるゴミにしました。
 
今まで観音竹があった場所は何もない空間になりました。その空間を別の何かで埋めるか、それとも余分なもののない見通しのよさを、さらに、楽しむか。
 
Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

道路わきの春

上の薄紫色はビンカ・ミノールという名の植物で公的な建物の敷地や公園、車道わきの街路樹用の細長い緑地のグラウンドカバーとしてよく使われています。花の色は写真のような淡い紫、他に濃い紫や白いのもあります。最初にきちんと植え付けておけば、毎年、この時期になれば、緑の葉が地を這い花が咲く。寒い土地でも大丈夫。
 
Photo
 
ビンカ・ミノールの近所やとなりで、西洋タンポポがいっぱい、黄色い花を咲かせていました。写真は、そのごく一部です。商用先まで歩いている途中で撮影。その日も、薄めのコートを羽織らないと寒い朝だったのですが、写真の彼らには気にしていない風情でした。こういうのは歩いていないと出会えません。
 
Photo_2
 
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

サクラガサイタ・補遺

「桜は満開よりも、六分七分の方が好き」ですが、ゴールデンウィーク中の先日夕方、札幌のあるところで、満開の桜の樹の下から上を見上げてシャッターを押したときに、偶然、華やかだけれども想像以上にしっとりとした風情の満開の花が撮れていました。満開の桜もこういう按配ならうんざりもしませんし、艶めかしすぎてひょっとして樹の下に屍体が埋まっているのではないかなどと考える必要もありません。
 
Dsc_4400
 
桜は象徴的な表象なので、満開に限れば、実際の桜よりも、手前と向こうに三重くらいに重なり合うのが四角に切り取られたこの写真のような淡い桜色のぼんやりとした花の集合の方が、桜らしいとも云えます。その桜の近くには、こんな外壁の家がありました。いい組み合わせです。
 
Dsc_4408_2
 
人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

宴から宴へ

「冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず・・」と書いた平安時代の才女もいますが、冬の美が認識されたのは中世からです。札幌でも冬の美を身近に楽しめます。しかしそれを哲学的な美、昇華された美として堪能するには、札幌はどうも寒すぎる、雪が多すぎる。だから、昼が夜に追いつく春分の日が待ち遠しい。その日が過ぎると次は桜です。梅でも桃でもいいのですが、華やかさということで桜にしておきます。
 
桜が咲けば、お酒を飲んでも飲まなくても雰囲気は宴です。宴の直後は、たいていは空疎な空気が漂いますが、しばらくすればその空疎もなんらかの充溢に置き替わります。七分咲きが九日で柔らかい新緑に変わりました。こちらの方はお酒は飲まないけれども、新緑の好きな人たちにとってはこの柔らかい緑の拡がりは春のもう一つの宴です。
 
Dsc_4369_rev 4月27日
 
Dsc_4411_rev2_2 5月6日
 
次の宴は、ぼくにとっては、「夏至」です。陽が一年中でいちばん長い日。春分の日から夏至に向かって陽が目に見えて長くなる三か月は「冬の美」のあとではやはり気分が高揚します。
 
六月の上旬に「よさこいソーラン祭り」という(ぼくにとっては)騒々しいだけのイベントが札幌で開催されます。このイベントを始めた人たちのもともとの意図がどのようであったかは知りませんが、「夏至」をお祝いするための五日間の長い前夜祭だと考えると、あの猥雑さも気軽にやり過ごせるかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

春の中にいることを実感させてくれるもの

桜や梅や桃の花や樹木の新芽以外に春のなかにいることを実感させてくれるものは、陽の光が室内に射し込む具合と、朝の野菜の水遣り時の外気温です。陽の光に関しては、陽の光が差し込む具合というよりも、射し込まなくなった具合で春を実感すると言った方が適切かもしれません。
 
冬は、南向きの窓からは、陽の光が室内に斜めに射し込んできて、晴れの日の日中は陽の光が暖房替わりになります。しかし、春分の日あたりを境に、陽は室内に入り込むのを遠慮し始め、5月の声を聞くと、ガラス窓の向こう側に白い大きな帯を作ります。ヒトにとってはいくぶん残念ですが、その光の帯の下には、野菜の種をまかれた鉢植えが並び始めます。
 
ゴールデンウィークの明け方はまだ寒いので、葉物野菜でもルッコラのようなものは屋外の鉢植えに直接に種を播いても大丈夫ですが、バジルや紫蘇は室内の土ポットで発芽させてから鉢植えに移します。しかし、寒いといっても心地いい春の寒さです。
 
さて水遣りです。写真は、前日の夕方にルッコラの種を円形に播いた大きな鉢植えに水遣りをしたばかりのところですが、この時期なら発芽に3日~4日はかかります。水道水の塩素を濾過器で相当程度に取り除いた水をスプレーで上からかけてやります。農家が出荷前の野菜を傷まないように塩素を含んだ水道水ではなく、地下水で水洗いするのと同じことです。本葉が出るあたりまでは水遣りは丁寧に行います。朝の水遣りも、陽の光の差し込み具合と同様、春の遍在を実感させてくれます。
 
Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

花と街のメッセージ

いつも楽しみにしている、黒板に書かれた「街のメッセージ」も「桜が咲いた」から「緑の新芽」に変わりました。桜はこれからが満開で散ってしまったわけではありませんが、メッセージ作成者の視点は桜の花から新芽に移ったようです。先日の「「セロニアス・ヒムセルフ」と「正法眼蔵」」という記事の関連で、「正法眼蔵」のなかで花や華が登場する印象的なところを二つ引用してみます。
 
「万法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、生あり死あり、諸仏なく衆生なく、生なく滅なし。・・・略・・・しかもかくのごとくなりといへども、華は愛惜に散り、草は棄嫌におふるのみなり。」(あらゆるものが、ともに区分的・文節的な自己でない時節には、二元対立的なものであるところの、惑いもないし悟りもない、仏もないし衆生もない、生もないし滅もない。・・・略・・・しかし、たとえそうではあっても、やはり、きれいな花は惜しまれつつ散り、そうでない雑草は嫌われつつ生い茂るものである。)
 
「本無華なりといへども、今有華なることは、桃李もかくのごとし、梅柳もかくのごとし。」(花は本来的には空であるとはいっても、その空の花は、今、確かに存在している花でもある。この事情は、目の前の桃の花や李(すもも)の花についても同じであり、目の前の梅の花や柳の花についても同様である。)
 
Img_0075

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

サクラガサイタ

敷地内の桜を指標に使う地元の気象台の発表はどうなっているか知りませんが、近所のカフェの「街のメッセージ」(黒板)も「桜が咲きました」になったし、早咲きの桜が濃いめの色や薄い色合いでたしかに花を咲かせ始めています。
 
エレベーターで出合った女性ににこっとすると、「やっと桜が咲きましたね」という挨拶が笑顔とともに返ってきました。
 
「花開き世界起こる」というのは、ひとりのサトリが世界全体をさとらせるという意味のようですが、札幌では、桜が咲いたら梅も桃もいっせいに咲き始めます。大阪や東京よりも札幌の方が「花開き世界起こる」を実感しやすいかもしれない。
 
勝手な好みを云えば、桜は満開よりも、六分七分の方が美しい。
 
Dsc_4369_rev

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

赤紫の樹の芽と、黄緑の樹の葉

この二日間雨が降り続きました。外を歩く人間は傘とコートが必要なのでちょっとうんざりですが、発芽準備中の樹々にとっては歓迎の降雨です。雨の結果、植物園や街路の樹々は汚れがとれてきれいになり、芽の数を急に増やし始めました。遠目には赤紫のぼんやりとしたかたまりが急にいくつも空中に浮かんできたと映ります。
 
あと10日もすれば、その赤紫が一斉に黄緑に変化するのですが、気の早いのは、下の写真の左半分のように、他との横並びなどは眼中になく、すでに、いつのまにか赤紫の芽を黄緑の葉に変えています。
 
2
 
芽を葉に変える、芽が葉に変わると書きましたが、ぼくたちは、たいていは、寒い冬が暖かい春になり、赤紫のかたい芽が柔らかい黄緑の葉になるというように、時間の均等な連続性に基づく変化を自然に(あるいは勝手に)意識しています。だから、上の写真のような景色を目にすると、右半分の赤紫には現在であると同時に現在のなかの過去を、左側の黄緑には現在であると同時に現在の中の未来を見ることになります。
 
しかし、そうでないものの見方もあります。緑の葉は緑の葉として、昏いところから常に新しく顕れ続けるのであり、赤い芽が葉になるのではない。春は春として形のない潜在態から瞬間瞬間に新しく生まれ出ているのであり、冬が春になるわけではない。刺激的な見方です。そういう見方でこの写真の光景を眺め直したりもします。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

雪空間と晴れ空間

今日は朝から快晴で、日中の最高気温は16℃になるとのことです。昨日は朝から雪が横殴りに吹雪いていました。気温はずっと氷点下で、日中最高気温も2℃程度だったと思います。夏タイヤに替えたばかりなのにどうしてくれるんだ、という車通勤の人たちのボヤキも聞こえてきそうな冬の一日でした。
 
昨日のような日は、インターネットの天気予報サイトで時系列の雪雲の動きを参考にすることにしています。細かいバラバラの雪雲が移動するらしい。ということは、雪雲の下に入った地域では吹雪だが、そうでない地域では雪は降らない。そういう構図を頭の中に勝手に準備しておきます。
 
札幌の中心部やその近隣は吹雪いており、雪も湿ったのがそれなりに深く、いったんしまい込んだダウンコートと季節の手入れ済みの冬用ブーツを引っ張り出すことになりましたが、所用で出かけた、札幌駅から電車で20分くらいのところでは、地面が黒い。降りてみても雪は降っていません。
 
雪の季節の最中でも雪雲の状況によって、ここまでは雪、ここから晴れといった不思議な線引きが札幌では頻繁に発生します。そういう状況を、たとえば、高いところから観察していると、晴れ空間と雪空間が押し合いをしながら隣接しているのがわかりますが、所要先はその晴れ空間の中に置かれていたのでしょう。
 
昨日は、同じ札幌市内ではあるのですが、雪の降る中から出発し、雪のないところで所用を済ませ、また雪が数センチ積もった場所に戻ってくるという変な一日でした。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧