季節と時節

2019年12月12日 (木)

「三寒四温」札幌バージョン

「三寒四温」は冬の季語です。その意味は、文字通り、三日ほど寒い日が続いたあとに四日ほど暖かい日が続き、それが交互にくり返されることで、典型的には、中国北部や朝鮮半島の自然現象です。当然、日本でも三寒四温は発生します。だから季語として定着しました

今年は、いつもと違いきれいな三寒四温を経験できています。その存在を明確に感じさせてくれるという意味できれいな三寒四温です。

札幌なので「寒」は氷点下の気温と雪と氷で、「温」は℃がプラスの気温と雨です。「三寒」なので雪がそれなりに厚く積もり、夜中から明け方にかけて凍り、その状態が三日ほど続き、「四温」なので、気温は急にプラスに転じ、強い雨が降ります。雨は地上の雪を融かします。地面が白から黒に変化します。雨雲は雪を降らせたり、雨に替えたり、役割交替でけっこう忙しい。

となると、履く靴も違ってきます。

下駄箱の中の出し入れ頻度の高い辺りは冬は冬靴(おもに平靴とショートブーツ)の置き場になり、雪と氷だと滑って役に立たない種類の靴は一部を除いて納戸の中の靴置き場に保管しますが、雪だと履かない靴の出番が今のところは想定以上に多く、同じ靴ばかりだとよろしくないので、入れ替え作業が発生します。

雪が消える今年の三寒四温は嬉しい限りですが、靴の管理がいささか面倒です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

雪と少し凍った道路ではスポーツブーツ

冬用の靴やショートブーツは、汎用性を考えて紐付きもスリップオンもすべて革製です。季節ごとの手入れもしっかりとします。しかしそれだけでは雪融けで道路が水浸し状態のときは困るので、短いゴム長も持っています。冬や雪の季節のアウトドア用品としてのスポーティなブーツとは今まで縁がありませんでした。

配偶者が、デパートの冬靴売り場で、スポーティで暖かくて、スポッと足が入って履きやすそうないいデザインのショートブーツを見つけてきました。適性サイズはプラス1センチだそうです。そのあたりを買い物などで出歩くには最適だというので、同じメーカーの男性向けの同じようなものをぼくも買うことにしました。

ツルツルに凍った道路、つまりアイスバーンではそれは当惑気味ですが、厚く積もったばかりの雪道や雪が降り氷点下になって普通に凍りかけた歩道では十分活躍します。今はまだそのあたりがアイスバーン状態ではなくそれは1月下旬から2月の現象だとしても、それに近い状態の道路や歩道は日陰の辺りや氷点下の夜の翌早朝にはそのあたりにあるのでそこで機能を試してみました。

特別にというわけではないけれど、足が暖かく包まれて確かに歩きやすいし滑らない。これなら、雪の冬でも、それなりに着こめばいつものコースを(ただし、日陰部分を日向部分に置き替えるなどの工夫をすれば)足もとの見やすい明るい日中に速足ウォーキングができるかもしれません。



人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

ガス検針票裏面の注意書きが北海道らしい

我が家は料理はガス(都市ガス)で、電気調理器具(たとえばミキサーやホームベーカリー)も使いますが、ご飯を土鍋で炊く時も煮物や蒸し物や炒め物も火力の強いガスです。オーブンもガスです。ガスオーブンの利用者は多くない。IH調理道具には縁がありません。

ガス会社から毎月郵便箱に検針票が届けられます。同じ内容のメールも送られてきますが、検針票は「ペラものニューズレター」の雰囲気もあるので気に入っています。

表には「ガス使用量のお知らせ 2019年12月分」とあって、当月使用量、前月使用量、前年同月使用量や請求予定額が記載されていますが、裏面は季節のメッセージがイラストといっしょに印刷されています。

「除雪・落雪時はガス管にご注意!」が12月スリップのメッセージ。文中に「!」マークが多すぎるようですが、余計なお世話かもしれません。

●除雪時のご注意
 ・特に除雪機をお使いになる際は、ガス管が雪等で隠れていないか確認を!

●落雪時のご注意
 ・屋根の雪おろしなどの際は、ガス管やメーター、給排気筒などにご注意を!また、周辺隣家からの落雪にもご注意を!

除雪機は大きな業務用だけでなく、家庭用もよく使われます。家庭用除雪機はぼくの知る範囲では二つのメーカーの寡占状態で、その二つのメーカーに共通するのはオートバイ製造あるいはエンジン製造です。除雪機の色は赤と青で住み分けていて、ターゲットユーザには家庭の主婦が含まれています。安全に配慮した設計とはいえ取り扱いに注意が必要な機械なので、白い雪の中でよく目立つような赤と青に塗られている。

除雪中にヒトに向けるのと同程度の注意をガス管に向けても、それが壁際の厚く積もった雪の中に隠れていると、機械をぶつけてしまって緊急修理という事態がときどきは発生するのでしょう。

関連記事は「雪は嫌ですね、あるいは雪かきと雪下ろし」。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

強い雨の翌日は、静かな大雪

やはり札幌は雪の国でした。
 
昨日の記事(「この時期の強い雨は大歓迎」)で「しかし、午後には、その霙状態も雨にきれいに流されてしまったようです。根雪になるかもしれないのがすっかりなくなったのは喜ばしい限りですが、冬なので、すぐにまた雪模様になると思います。しかたがない。」と書きましたが、その通りになってしまいました。これほどの雪になるとは天気予報も予測していなかったようです。
 
強い雪ではありません。しんしんと音もなく降り積もりました。写真は昨日と同じ場所の早朝です。気温はマイナス6℃。

『冬は早朝、雪が降った朝は言うまでもない』。平安のお転婆さんのおっしゃる通りで、だから令和でもこんな写真を撮ったりするのですが、新雪がそのままの場所は、雪用ブーツや短長靴でないと埋もれてしまって歩けません。でも、こういう時期の札幌の雪はサラサラで、靴底がきゅっきゅという感じで滑らないのでどんどん前へ進めます。
 
『冬はつとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず。霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭(すみ)持てわたるも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、炭櫃(すびつ)・火桶(ひおけ)の火も白き灰がちになりぬるはわろし。』

Photo_20191204084701


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

この時期の強い雨は大歓迎

12月上旬は雪の季節には違いないのですが、その時期に、一日中降り続く強い雨は大歓迎です。昨日がそうでした。札幌の冬なので雪と折り合いを付けないといけないのですが、できるだけぐずぐずとその時期を引き延ばしたい気分が強い。
 
雪でなく雨ということは、外気温はプラスです。そういう日に降り続く雨は、積もったあと凍ってしまい地表から消えなかった雪を一掃してくれます。気温だけではだめです
 
札幌市内だと、定山渓温泉のような山岳部を別にすると、雪は地表面積の95%かそれを超えるくらいは融けていて歩きやすい状態になっています。普段日陰になっていて凍っている一画は、朝は、雪が霙(みぞれ)状態で斑に残っていて、それはしかたないにしても、それ以外は地面の黒が広がっています。そういう日は滑らない靴底をもった雪靴か、それとも普通の靴か迷います。雨だし、霙状態の歩道も歩くので冬靴を選びます。
 
しかし、午後には、その霙状態も雨にきれいに流されてしまったようです。根雪になるかもしれないのがすっかりなくなったのは喜ばしい限りですが、冬なので、すぐにまた雪模様になると思います。しかたがない。

_-dec02


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

続続・札幌の雪の準備

札幌市の繁華街で、とある老舗百貨店のすぐそばの交差点にあった滑り止め材(砂、正確には細かく砕いた砕石)と木箱です。砂箱の右下に朝に降った雪がまだ残っています。写真の左上には旧型の市電が走っているのがわかります。
 
百貨店前なので、古いですが、渋い色合いの木箱です。この木箱にはどこで区切ったらいいのかわからない感じで似たような意味合いの漢字熟語が並んでいて、つまり、この木箱を提供したのは北海道開発局と札幌市が共同運営している「冬期路面管理充実計画策定協議会」と読めます。「管理」・「充実」・「計画」・「策定」・「協議」とにぎやかです。
 
凍った雪の横断歩道で足を滑らせないように、砂袋を破って黒い砂を道路に播き、残った砂袋は「使用済砂袋 お入れ下さい」と書いてあるところを押して、そこにプラごみを捨てる要領で押し入れます。

2019_20191126190401

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

雪と株価と木製の砂箱

北国では雪は降ったり止んだりしながら積もっていきます。そのあたりを見渡す限り白くし、ナナカマドの赤い実に縁なし帽子のように重なります。でも、日中の気温が10℃近くなり、ついでにそれなりの量の雨でも降ると、地面はまた元の状態に戻り黒くなりますし、ナナカマドの実も白い帽子を失います。
 
昨日(日曜日)の午前8時の気温は、なんと11.3℃で(札幌ではとても暖かいという意味です)、雪はまったく影がありません。近所のベンチを蔽っていた雪もすっかり消えてしまいました。予報天気によれば、昨日の最高気温は16℃、最低気温は9℃でした。今日(月曜)の朝も、雪の予報がはずれて雨模様です。これで完璧に雪は洗い流されます。気温は3℃。二~三日は雪を見なくても済みそうです。しかし、いつ急に雪になるかわかりません。
 
雪が積もり、やがて根雪になり、さらにその上にまた降り積もって段々と雪が高くなっていく様子は、堅調な成績の企業の株価が、値の上下動呼吸を循環的に連続させながら、気がついたら半年前の1.5倍近くにになっていたという状況に似ているかもしれません。株価が高止まりし続けるするというのは珍しいとしても、根雪はうずたかく層状に重なって春までしっかりと高止まりします。
 
滑り止め材用の箱も当初は企業のマークが入ったきれいなものが目につきましたが、徐々に札幌市が税金だけで作った木の古い砂箱も交差点に持ち出されてきました。それなりに場所を取るしそれ以外の使い途はないはずなので、使わないときはどこに保管してあるのか不思議です。春になれば解体し冬ごとに組み立て直すのでしょうか。でもそれも手間暇がかかります。

2019_20191124184501 夕方の交差点
 
関連記事は「雪とナナカマド」。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

雪とナナカマド

ナナカマドは札幌の地味な街路樹ですが、季節ごとに違う風情を提供してくれます。
 
秋は、葉が紅葉・黄葉し、それが赤い実のきれいな背景になり、冬は、その葉が落ち、赤い実に雪がかぶさって、お菓子のようになります。本格的な初雪の早朝にそういう景色を撮影に行くときは寒さも顔に降りかかる雪も気になりません。そういう早い朝でも、犬を連れたお年寄りや熟年世代を見かけます。犬は寒くないのかしらん。
 
2_20191121112101              秋のナナカマド

S_20191121112201          本格的な初雪後のナナカマド
 


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

続・窓ガラス掃除に電動の支援ツールを使ってみた

待望の結露取りにそれを使ってみました。
 
窓ガラス掃除の電動支援ツールとは、「窓用(電動)バキュームクリーナー」のことです。これを購入したのは、窓ガラスの汚れを取り除くという電動のスクイジー的な使いかた以外に、冬に窓ガラスに発生した結露を吸い取ってしまうためです。
 
札幌の家屋は寒冷地仕様です。ガラス窓は二重窓で、内側(部屋側)の窓ガラスには Low-Emissivity(低放射)の複層ガラスを使っています。だから冬も普通の寒さでは、東京などの一重窓の家屋と違って、窓ガラスに結露は発生しません。
 
しかし、そういう二重窓構造にしてあっても、最低気温が氷点下数℃の日がしばらく続くと北側向きの窓の外側ガラスの内側がけっこう結露します。これを雑巾で拭うとなると露の量が少なくないので複数枚のきれいな雑巾が必要で、時間もかかり、また結露は非常に冷たいので手が凍ります。
 
この冬はじめて、それなりの結露が観察できたので、さっそくその「窓用(電動)バキュームクリーナー」で結露除去です。これを放っておいて氷点下の日々が続くと、その結露が凍ってしまい対応が難しくなるので、こまめに結露を取り除きます。
 
道具はすばらしい水分吸収力を発揮し、思った以上の量の水がタンクに溜まりました。残念ながら、製品の構造と窓の構造の組み合わせ上、窓ガラスの一番下のあたりは結露を吸収できないので、そこだけは雑巾で手作業です。
 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

続・札幌の雪の準備

昨日の記事で、札幌で雪の季節を迎えるための身近な準備作業として次の三つを挙げました。
 
・低木や灌木の雪囲い(完了)
・道路際の赤白ポール(完了)
・交差点の滑り止め材と砂箱(進行中)
 
もうひとつ、札幌らしい進行中の雪の準備がありました。「落雪注意」の掲示板です。ホテルやオフィスビルなど人の出入りの多い建物の歩道側に置かれることが多いようです。雪が舞い始めた昨日の午後4時ころ北海道庁の比較的そばにあるホテルにそれが置かれていました。外気温はマイナス1℃です。
 
H_20191114183601  
 
「落雪注意>のすぐそばの大きな交差点に、今年の「滑り止め材」とそれを入れる「砂箱」が既に設置してありました。「赤白ポール」も隣でいっしょに写っています。この砂箱は、ある企業が寄付したもので、札幌中心部ではそういう寄付砂箱も少なくありません。マーケティング目的で企業名が書かれていますが、その部分は写していません。
 
__20191114183701  
 
降り始めた雪が樹々の紅葉や黄葉やまだ緑の葉に少しずつ積もり始めていました。どうも冬です。
 
_-nov14

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧