植物と花

2019年11月21日 (木)

雪とナナカマド

ナナカマドは札幌の地味な街路樹ですが、季節ごとに違う風情を提供してくれます。
 
秋は、葉が紅葉・黄葉し、それが赤い実のきれいな背景になり、冬は、その葉が落ち、赤い実に雪がかぶさって、お菓子のようになります。本格的な初雪の早朝にそういう景色を撮影に行くときは寒さも顔に降りかかる雪も気になりません。そういう早い朝でも、犬を連れたお年寄りや熟年世代を見かけます。犬は寒くないのかしらん。
 
2_20191121112101              秋のナナカマド

S_20191121112201          本格的な初雪後のナナカマド
 


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

札幌の雪の準備

雪の降る地域では冬の準備がいろいろあると思いますが、札幌市内でもしばらく前から始まって準備が完了したものと現在進行中のものがあります。身近なものを三つあげると、
 
・低木や灌木の雪囲い(完了)
・道路際の赤白ポール(完了)
・交差点の滑り止め材と砂箱(進行中)
 
だと思います。
 
専門の職人が本格的に竹棒などを組んで作った公園や公共施設やホテル等の雪囲い以外に、近所の低木や灌木を縄で二重くらいに結わいて、雪の重みに耐えられるようにした簡単な雪囲いが徐々に増えて行く様子が目につき始めると雪の到来を否応なく意識します。
 
Photo_20191113192701
 
もう一つは道路際の赤白ポールで、幹線道路際にも生活道路際にも、車道と歩道の境界を運転手に教えるために赤と白の斑(まだら)の背の高いポールが立ち始めます。雪が積もると車道と歩道の境目が車にも歩行者にもわかりにくくなるので、その為の対策です。
 
Photo_20191113192702 
 
三つめは、交通量の多い交差点の横断歩道際や坂道に設置された箱(砂箱)の中に置かれているところの「滑り止め材」(粒の大きい砂、正確には2.5~5㎜くらいに細かく砕いた砕石)です。雪が積もっていなくてまだ準備されているところがほとんどないので、写真は以前のものを札幌市建設局土木部雪対策室計画課からお借りしました。
 
Photo_20191113193001
 
明日の朝から吹雪という予報が出ているので、滑り止め材の準備も徐々に進みます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

秋のシンジュの舞い

台風19号の影響は札幌では、雨が降り続いたり比較的強めの風が吹いたりした以外はなかったのですが、その風で、シンジュのタネの舞いを堪能することができました。空中を竹トンボのように、あるいは竹トンボ以上の飛翔力で飛び回ります。一旦舞い上がるとひらひらと漂い、ときに上昇してスーと滑空し、なかなか落ちてきません。
 
我が家にいっぱい飛び込んできたもののごく一部が10円玉といっしょに撮ったすぐ下の写真です。
 
Photo_20191014122401
 
どういう場所を基地にしてそこから飛翔し始めるかというと、たとえば以下の写真のようなところです。夏は緑だったのが、秋に茶色になり、風が吹けばいつでも舞える準備が整っています。今回やや強めの風が吹き、最初の写真のような「竹トンボ」が大量にその辺りを飛び、落下してきました。
 
9_20191014122601
        シンジュの樹と茶色くなった「竹トンボ」
 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

歩道に落ちていたナナカマドの活用法

以前にも書いたように、札幌市で本数のいちばん多い街路樹は「ナナカマド」です。本数は約35,000本。どういう樹かというと、こういう場合は植物辞典ではなく一般の国語辞典でも十分に役に立ちます。
 
ななかまど【七竈】 バラ科の落葉小高木。山地に生じ、高さ約10メートル。花は小形白色で、七月に群がり咲く。果実は球形で、秋に葉とともに鮮やかに赤く色づき、落葉後も残る。材は堅くて腐敗しにくく、細工物に用い、七度かまどに入れても燃えないという俗説がある。<季語:秋>
 
とても燃えにくい樹なので、かりに街が火事になった時に、そこにナナカマドの樹木列があればそこで延焼が食い止められるということで街路樹に採用されているのでしょう(しかし、いったん火がついたら何日もくすぶり続けるかもしれないにしても、そのあたりはよくわからない)。だからナナカマドは一般の道路際にも公園にもあるし、オフィス街でも歩行空間の広いところや植栽場の揃っているところでは適当な間隔を置いてきれいに並んでいます。
 
B_20190916144001
        オフィス街のナナカマド(一昨年の10月中旬)
 
9月になって少し経つと、そのナナカマドの実が赤くなります。赤といっても、樹によっていわゆる赤い色とそれから橙色の二種類があり、どちらも美しい。
 
風で落ちたのか、それとも機嫌の悪いカラスがわざと落としたのか、ナナカマドの赤い実が小枝付きで近所の歩道に落ちていました。落ちて間もないのか汚れていません。そのまま放っておくのも可哀そうなので、拾い、持って帰りました。
 
軽く水洗いをして乾かして、サイズ的に合いそうな花瓶に放り込んだのが下の写真です。落ちたナナカマドのこういう風な役立ち方もあります。
 
9 Photo_20190916144501  

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

春は梅、秋はさくら葉

寒い季節の訪れはできるだけ遅い方がいいのですが、先週ほどではないにしても今週の札幌もそれなりに暑いので、以前ひんやりとした季節に撮影した「紅葉・黄葉」の写真を見るともなく見ていたら、桜の紅葉を撮ったのがそれなりにありました。

あまり注目されませんが、秋には桜も紅葉します。楓(かえで)のような鮮やかな紅に染まるのではなくて、葉の色を地味な、渋い抑えた赤に変えます。短期間とはいえ春に花が他よりも目立ちすぎることを恥じて、秋にはつつましくしているのかもしれません。

11
                                         紅葉した桜

「もみじ」とは、秋になって赤や黄色に変色した草木の葉のことを指します。漢字だと「紅葉」や「黄葉」と表記されます。「桜紅葉(さくらもみじ)」とは赤くなった桜の葉のことです。「もみじ」も「さくらもみじ」も秋の季語です。

「楓(かえで)」は紅葉の代表格なので「楓」の別称として「もみじ」を使うことも多い。だから、会話の中でそのときの「もみじ」がどちらを指しているのか紛らわしいことも少なくありません。「桜」の葉が赤くなるのは「楓」よりも早く、あまり来てほしくない寒い季節が近づいていることを「楓」よりも早めに教えてくれます。

下は上とは別の年の10月下旬、同日同時刻の札幌市内のある公園の「桜」と「楓」です。

10 10_20190806094501

念のために季語の歳時記を当ってみると、【桜紅葉 さくらもみじ/さくらもみぢ 仲秋】〈桜の葉が色づくこと。桜の木は日本国中どこにでもあるが、あざやかな朱色にならないのであまり注目されることがない。比較的早く色づく〉とそっけない記述がありました。

「春は桜木、秋は桜葉」とすると、いくら桜紅葉が控えめであっても桜の自信が鼻につくので、「春は梅、秋はさくら葉」というのがいいかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

山椒も紫蘇(シソ)科風の摘芯?

青紫蘇(大葉)やバジルやアップルミントのようなシソ科植物は、このままだと茎が伸び過ぎるあたりの茎を葉をつけたまま切り取ってやると(この作業を「摘芯」と云います、切り取った葉は当然食べます)、切り取られた茎(「芯」)の根元の辺りから新しい芽がペアで伸び始め、そのペアのおのおのからまた芽がペアで発生するので、葉は倍々ゲームで増えていきます。

と言うと難しそうですが、実作業はもっと簡単です。つまり、紫蘇(しそ)科の野菜は食べごろの大きさになった葉を収穫するときに、摘み取る葉の下に、左右に一対の小さい葉(脇芽)を残してその少し上あたりで茎を注意深く切り取ると(たいていは小さい脇芽が出ているのでその少し上で)、残った左右の小さい葉の枝の部分からまた新しい新芽がそれぞれに出てくるので、倍々ゲームで葉が増えます。写真をご覧いただくほうが解り易い。

最初の写真のような具合に摘芯すると、それが、たとえば、二枚目の写真のような状態になります。そういうことを知らないと、背が高くなるだけで野菜にボリュームが出ません。背を伸ばさないで横というか、前後左右にふくらませていく。

Photo_20190711152201

_

山椒は、ミカン科サンショウ属の落葉低木です。シソ科植物ではありません。しかし、妙に背が高くなってきたので、上に伸び過ぎた枝を複数本、適当に切り詰めてみました。すると切り詰めたあたりから、まるでバジルや紫蘇を摘芯したような具合に、若い芽が出てきました(下の写真)。これなら山椒にもボリューム感が出ます。山椒にも摘芯、ということのようです。

Photo_20190711152301

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

一本の立ち葵が美しい

遅い午後や夕方の立ち葵が美しい。タネがそういう風に落ちて増えるのか、いくぶんかは人の手が入った結果なのか、最初の写真のように仲間と一緒が多くて、それが道路際に順番に同じ色や同じ系統の色の濃淡を違えて連なっているので見続けているとやや食傷気味になります。

葵の原産地は小アジア(トルコ)だそうです。生命力の強い背の高い夏の花です。万葉集にも登場します。ずいぶん昔に中国経由で日本に入ってきたらしい。葵は夏(仲夏)の季語です。

「梨 棗 黍に粟つぎ 延ふ葛の 後も逢はむと 葵花咲く」(万葉集16巻3834番 よみ人しらず)
「なしなつめ きみにあはつぎ はふくずの のちもあはむと あふひはなさく」

次にお会いする日には葵の花が咲いていることでしょう、ならわかりやすいのですが、掛詞の仕掛けが多すぎる歌なので意味がよくわかりません。

ひとりでぽつんと(凛と、というと大げさですが、まあそういう風情を漂わせて)咲いているのもあります。そういう立ち葵に出会うと(二番目の写真)、きれいな女性のポートレートを撮影する気分になります。

日本の夏の樹の花は「百日紅(さるすべり)」です。札幌では5月のライラック、6月のニセアカシアと連続して樹の花を楽しめますが、百日紅の樹は札幌ではまず見かけません。樹と草とでは雰囲気はずいぶん違います。しかし、夏の札幌では立ち葵が百日紅のとりあえずの代わりということにしておきます。

B-bu

C1

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

道端のラベンダーと立ち葵の生命力

遊歩道に並んでいる植栽コーナーでのひとつでラベンダーがいっぱい咲いていました。そこでは、最初にどなたかが思い付きで植え付けたのか、毎年この時期に紫の花を咲かせます。人の手がとくには入っていない場所(のはず)ですが、ラベンダーは北海道育ちらしく6月の下旬に咲くことを忘れません。

富良野のラベンダー畑はプロの仕事なのでじつに見事です。しかし、札幌の街中の道端でも紫色のそれなりの拡がりをそれなりに楽しめます。

Photo_20190629123801 
 富良野の農園

2019_20190630185801
 札幌市内の道端

それからこれは札幌に限りませんが、立ち葵もピンクや白や赤や黒の花を開き始めました。じつに生命力の強い植物で、毎年、この時期が来ると舗装道路わきの土などなさそうな場所や植栽コーナーの隅や端から、それぞれは数本ずつですが、それらの連なりを合わせるとびっくりするくらいの本数で出現していることに気がつきます。

Photo_20190629123901  濃いピンクと淡いピンクの立ち葵

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

少し不気味なスズラン

リラ(ライラック)は札幌市の樹ですが、では札幌市の花はというとこれがスズランです。漢字だと鈴蘭、漢字のほうがその形を思い浮かべやすい。そのあたりの植栽場や公園でよく見かけます。スズランを自治体の花としているところも日本では多いみたいで、必ずしも北海道や長野の自治体の独占というわけではありません。

下は、札幌市内のある公園で、とくに手入れもされずにそのあたりに葉が拡がって控えめに花を咲かせていたスズランです。撮影は5月末です。いい匂いがしました。

Photo_20190627150901

可憐で芳香を発するところのスズランは、実は、有毒植物です。有毒物質はスズラン全体に存在しますが、花や根にとくに多く含まれているそうです。ある種の植物はたとえばレクチンなどで動物から食べられないように自分を護っていますが、スズランの毒も昆虫や小動物からの自己防衛のためでしょうか。そのあたりはよくわからない。

「耐寒性が強い、日陰でも育つ、強い香りがある」という風にスズランの特徴を並べると、たしかに薄暗いところでも平気で咲いているので、スズランには申し訳ないのですが、ぼくはドクダミを連想してしまいます。ドクダミは「蕺草」と書き、「毒を矯(た)める・止める」草という意味です。毒を持つスズランと毒を止めるドクダミ、似たもの同士かもしれません。

Tm
                 ドクダミ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

札幌と、『荒地』の書き出し部分の季節感

以下はT・S・エリオット『荒地』 (The Waste Land, 1922) の第一部「死人の埋葬」の書き出し部分です(吉田健一訳)。

「四月は残酷な月で、死んだ土地から
リラの花を咲かせ、記憶と欲望を
混ぜこぜにし、鈍った根を
春雨で生き返らせる。
冬は何もかも忘れさせる雪で
地面を覆ひ、干からびた根で少しばかりの生命を養い、
それで我々は温くしてゐることが出来た。
夏は俄か雨となってスタルンベルガエゼを渡って来て、
我々を驚かせた。我々は柱廊の所で立ち止り、
日光を浴びてホフガルテンに出て行き、
そこでコオヒイを飲んで一時間ばかり話をした。」

札幌に住んでいると引用した詩の季節感を、表面的には、よく理解できます。著者の土地(英国)の緯度は札幌よりも高く(従って夏の日は長く)、しかし暖流の関係で冬は札幌よりも暖かいのですが、英国と札幌は季節の雰囲気が似ているのかもしれません。

「四月は残酷な月」の「残酷」の意味が、「その月」がもはや冬でもないけれど、しかしまだまだ寒くてとても春とは言えない、春の暖かさを期待しているのに毎日のように裏切られてしまう、そんな中途半端な感じなので「残酷」だ、というのでしょうか。

「冬は何もかも忘れさせる雪で地面を覆ひ」は確かにその通りで、冬は地面がどこまでも雪と氷で覆われます。でもその「死んだ土地」に「春雨」(根雪を溶かせる雨)が降ると、「死んだ土地」から「リラ(ライラック)」が、冬の「記憶」と春への「欲望」を「混ぜこぜにして」5月半ばに薄紫色の花を咲かせ始めます。

そして、翌月にはニセアカシアの白い花が続き、短い夏が俄かに、ちょうど「俄か雨」が来るようにやってきます。

「死んだ土地から、リラの花を咲かせ、記憶と欲望を混ぜこぜにし、鈍った根を春雨で生き返らせる。」

こうした瞬間の連なりがゆっくりと、しかし気がつけば急に動いているのを実感できるのは札幌に生活することの楽しみのひとつです。

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧