植物と花

2024年5月22日 (水)

ローズマリーが瀬戸内の陽の光の下で生長中

ローズマリーが気持ちよさそうな瀬戸内の陽光を浴びて生長中です。小さい苗を植え付けたのがこの三月一日だったので二か月半くらいで結構大きくなりました。

短期的な彩りに四月下旬にラベンダーの紫を追加してみました。ラベンダーは花が咲き終わったら取り去ります。これだけ香るハーブが揃っていると、近所のイタズラ猫も近づいてきません。

ローズマリーの種類は、左から、トスカナブルー、マリンブルー、インガウノです。途中で一番左のトスカナブルーの葉の表面の一部にうどん粉病らしきもの――白っぽい灰色の粉上のもの――が発生したのでそういう葉を持つ枝は鋏で丁寧に除去し、感染防止のために薬剤を散布しました。薬剤散布は三種類ともにです。

ローズマリーは木なので、一年後にこの三本のローズマリーで幅が二メートル半くらいの短い生垣風ができ上がるのが楽しみです――幅の狭いのは生垣とは言えないとしても。どういう剪定をすると低く背が揃ったそれらしいのができるのかはその時の課題です。

20240301_20240520101201
                三月一日
20240313_20240520101301
                三月十三日
20240520
                五月二十日

ローズマリーは小さい苗が植え付け後一年くらいで下のような大きさにまで生長します。

202305_20240520151401


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

実山椒はこの時期を逃すと手に入らない

未熟な山椒の実を青山椒(あおざんしょう)とか実山椒(みざんしょう)と呼びます。実山椒はこの時期を逃すとまったく手に入らなくなるので、比較的近隣のミカン産地でもある山間部で採れたものを一年分購入しました。早生なのか、普通よりも半月以上早い入手です。チリメンジャコや昆布の佃煮の味付け・香り付けに使います。以前は実山椒そのものの佃煮も作っていましたが今は休止中です。実山椒は収穫量も少ないし、農家の収穫作業も年に一度のめんどうな手摘み作業のはずなので、値段は安くない。

写真はその一年分の下処理を済ませた直後の実山椒です。

下処理とは、小枝を取り除き、沸騰した湯でさっと茹で、しばらく水に晒してアク抜きをするという一連の行為を指します。長い時間冷水につけすぎると肝心のピリピリ感がなくなるので注意が必要です。鮮やかな緑の実に黒くなったのが混じっていたら、小枝を摘まみ取る際にいっしょに取り除きますが、今年は黒いのは全くありませんでした。小枝を取り除くのは根気の要る手作業なので、配偶者とぼくの共同作業です。

510

これを小分けして真空パックし、冷凍保存しておくと一年は大丈夫です。調理時に必要な量を取り出して使います。「山椒は小粒でもぴりりと辛い」ということわざを実感できない子供には、一粒食べさせると、その場で納得するかもしれません。

510_20240511075701

なお、春先に出る山椒の若芽は「木の芽」と呼ばれ、料理のあしらいに重宝します。掌(てのひら)に乗せて軽く叩くと香り立ちます。以前は鉢植え栽培していたこともあり、下はその様子。

__20240511183801


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

今年はレモンの蕾が10個くらい

四月中旬に、ハダニのついた古い葉とついているかもしれない古い葉を――ということは新芽と現れたばかりの小さい新葉以外の凡ての葉を――ひとつ残らず取り除いたのですが、植物の春の生命力というのは見事なもので、ほぼ枝の骨格だけだったレモンの木は二週間後には写真のような新緑のそれなりの横溢になりました。

503-a

去年は全く花が咲かなかった、つまり実が生らなかった我が家のレモンの木も、今年は、寒い時期から定期的に土に栄養をあげたのが効いたのか、淡いピンクの花芽(かが)――蕾と呼んでもいいと思われます――が、全部で十個を超えるほど顕れました。

20240502-a
20240502-b

蕾が順調に花になって咲いたとして、実がなるかどうかはミツバチなどの来訪で受粉ができるかどうかに依るとはいえ、何個かは期待できそうです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

芝桜とタイムの刈り込み

「花がら摘み」という優雅な表現があります。花が咲き終わっても散らずに残っている枯れた花を「花がら」といいますが、それを手で摘んだり鋏(ハサミ)で切り取ったりする作業が「花がら摘み」です。こうして植物の美しさと健康を保ちます。

芝桜は手入れをせずに放っておいても毎春それなりに花を咲かせて見る人を楽しませてくれる種類の植物ですが、もっときれいに咲いてもらえるように育てようとするなら、花が咲き終わったあとの枯れかかった「花がら」を刈り込むという手間をかけたほうがいい。少しくらい「花がら」になっていない元気な花が残っていてもいっしょに刈り込みです。

匍匐性のタイムも花が咲き終わったら二~三日はその状態を観賞し、その後で刈込みです。

芝桜でもタイムでも蕾は隣の蕾に負けないように陽の光を求めて伸びながら咲こうとするので、花を支える茎はそれぞれが競争するように背が高くなり、その結果、株はお隣と「おしくらまんじゅう」をしているに近い様相を呈することになります。ぎゅうぎゅう詰めとは言わないまでもそれに近い状態になっている。

「花がら」やそれに相当する景色を鋏で不要な枝を剪定する気持ちで刈り込みをすると、梅雨から夏にかけて風通しがよくなり、湿気で蒸れて枯れるという事態を予防することができます。また刈り込むことによって芝桜やタイムは枝分かれしやすくなるので、草丈が低くて蒸れにくい元気な株に生長します。タイムは紫蘇科なので、青紫蘇やバジルが摘芯で増えるように、刈り込むことで増殖します。

満開直前のタイムと芝桜。

0414_20240504110301

満開で人の眼を愉しませた後、「花がら」がいっぱい、ないしは「花がら」がいっぱいに相当する景色になったタイムと芝桜。

503

二十年以上使っている小型のガーデニング鋏だと枝や少量の花がら剪定には適当だとしても、大量の柔らかい「花がら」の刈り込みには向いていないので――出来なくはないにしても時間がかかるので――芝桜や芝の刈り込みに向いた形状の――取っ手部分は刃先から上に二十度の角度がついているような――、刃が長くて少し大型のがっしりとした鋏を購入し刈り込み作業を行いました。

下が、刈り込み後のタイムと芝桜の様子。まあまあの仕上がりということにしておきます。

504


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

橙の白い花が咲き始めた

庭の橙(ダイダイ)が白い花を咲かせ始めました。蕾は小さいのも膨らみかけたのもまもなく開くのも合わせて多数ついています。

For-2024426-c
For-2024426-a

この橙の白い花から採れる香りのいい精油がネロリです――オレンジの香りを柔らかい青みで包んだような上品な匂いです。花をひとつひとつ手で摘むので収穫に時間と手間がかかるし、またたくさんの花からわずかな精油しか取ることができないので、ネロリは非常に高価です。自宅の橙でネロリが作れたらいいと思っても無理な話なので、白い花の香りを毎日愉しむことで良しとします。雨に濡れた橙の花もほっとするようないい匂いがします。

20240430-b

近所には大きな橙の木を複数本植えてあるお宅もあり、花が真っ白な点描の広がりのように咲く時期にそういうところを通ると、秋には金木犀の香りが別の近所の庭から通りに漂い出すように、しかしもっと控えめに上品な感じのネロリの芳香がふんわりと漂ってきて、しばらくの間立ち止ってしまいます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

元気なスギナ、元気な無名の草

生命力が旺盛な雑草の代表格がスギナとドクダミです。ともに古くから重宝されている薬草で、従って雑草と呼ぶのはどうかなという気もします。だからなのか、ドクダミは十草(じゅうそう)や十薬(じゅうやく)と呼ばれることのほうが多い。

そのスギナと、ドクダミに何となく似ているけれども実はそうではないところの名前のよくわからない雑草が近所の道端の小さな原っぱで元気に春を謳歌していたので、早朝のゴミ出しのついでに撮影しました。

葉はスギナも、スギナと仲のよさそうなドクダミもどきも――あの独特の匂いがないし葉の色合いも形状も違うので明らかにドクダミではないですが――見事なくらい色鮮やかな緑です。

418-a

写真の彼らの生活場所はコンクリートのすぐ隣で土もありますが栄養がありそうには見えない。しかし彼らはそういうことには頓着していない様子です。適度に雨が降ればそれで十分。本物のドクダミもこのあたりで暮らしていたはずですが今日はどういうわけか見あたらない。そうなると、あの独特の暗い香り、日陰や陽の当たらない建物の隅にぎっしりと群生したドクダミの不気味な匂いが懐かしい感じではあります。そういう彼らを眼にして雑草の春の横溢を鬱陶しいと思うか、それとも彼らの強靭さに感心するか。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

レモンの葉に棲み付いたハダニというやっかいな奴

風で地面に落ちているレモンの葉が妙に多くなってきたようなので、どうしたのかと近づいたらクモの糸のようなものがわずかに枝の根元に揺れています。葉に赤い小さい点々があり、薄いゴム手袋をはめた手で葉に触ってみると葉を軽くこすった指のあたりが赤くなりました。

ハダニのようです。家庭菜園だとキュウリなどはハダニがよく棲み付く代表ですが、レモンの葉もハダニにとっては快適な住環境のようです。ハダニは乾燥した埃っぽい環境で繁殖するらしい。雨が少ない間に急に発生し繁殖したようです。空気は埃っぽいとは思わないけれど、中国から黄砂が飛んできたのもあるいは影響しているかもしれない。

モノの本によれば、乾燥した環境の好きなハダニの有効な予防措置は、適切な散水を行いハダニが好む乾燥状態を作らないようにすること、また定期的な剪定を行うことですが、すでにハダニに棲み付かれたレモンをどうするかは別の話です。ハダニが棲み付いた葉は思い切って取り除くしかないみたいです。そうすることでハダニの蔓延を抑えることができる。

というわけで、新芽と出たばかりの柔らかそうな春の新葉以外は葉を全部除去しました。古い葉はすべて、一枚ずつ、捥(も)ぐか鋏で切り取るかして半透明のゴミ袋に入れていきます。時間がかかったのですが――根気のいる作業でした――レモンを救済するにはそうするしかありません。

新芽以外の葉をすっかりと取り払うと、枝という骨格だけになります。そうなると枝ぶりがよくわかるので、今まで気が付かなかった、あるいは気が付いていてもいささか可哀そうな気もしてそのままにして置いた、結局はすっきりとした成長の邪魔になるところの不要枝(逆さ枝や下り枝や徒長枝など)を鋏でバサッと剪定です。ついでに刺さると痛い思いをするところの棘も丁寧にパチンと切り取っておきます。柚子(ユズ)ほどではないにせよレモンの棘もとても痛い。

赤い点々のついた葉とそうなりそうな怪しい葉と不要枝が詰まった半透明のポリ袋は燃えるゴミの日にゴミ捨て場です。

0416
新芽と春の新葉以外の葉をすべて取り除く。レモンの根元のピンクや紫は芝桜。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年4月15日 (月)

匍匐性のタイムがほぼ満開

匍匐性のタイムがほぼ満開になりました。橙を植えてある植栽区画の下生えとして芝桜の隣に一年前に移植したのが、環境が合っていたのかどんどんと全方位に這うように蔓と葉先を伸ばして繁茂し、満開に近い状態を迎えました。花はボンボンみたいな球形で色は薄紫。八分咲きです。コモンタイムの小さい白い花のように存在感をわざと隠そうとしているのも同じタイムですが、この淡い菫色はそれとはずいぶんと表情が違います。

今年は桜で花見、タイムで花見と、花見で忙しい。

0414

半年前の2023年9月27日は以下のような按配でした。

Iii_20240414070801


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

今年の橙(ダイダイ)は元気そうです

一昨年は橙(ダイダイ)実が数個収穫できしました。去年は芳香を漂わせる白い花も咲かず、したがって実もなりませんでした。しかし、今年は大丈夫そうです。

1215

二年前の引っ越し時に植えたのが元気な個体だったし、ご近所の庭にもきれいに白い花を咲かせ実をつける橙があったので、放っておけば大丈夫だろうとつい油断してしまいました。土の性質もそのままではそれほど合っていなかったようです。何よりも栄養不足でした。それが二年目は葉の色艶にも顕れました。しかしそういう葉でも若くて柔らかいととても美味しいらしくアゲハ蝶の顎の強い色鮮やかな芋虫はその新鮮なところをどんどんと齧ってしまいます。

橙は英語だとビターオレンジ(bitter orange)です。橙の白い花から採れる香りのいい精油をネロリと言います――オレンジの香りを柔らかい青みで包んだような上品な匂いです。イタリアやフランス、モロッコが主要生産地ですが、花をひとつひとつ手で摘むため、収穫に時間と手間がかかるし、たくさんの花からわずかな精油しか取ることができないのでネロリは非常に高価です。

下の写真はご近所のとくに手入れをしている風でもない庭で咲いていた橙の白い花です。撮影は2023年5月6日で、花がいちばん元気な満開の日を数日過ぎたあたりです。速足ウォーキングの際に出会いました。こういう花からネロリができる。秋の速足ウォーキングの時に遭遇する金木犀(きんもくせい)の芳醇な香りも捨てがたいけれど、橙の白い花はそれとは方向の違う優雅な香りを持っています。

May06_20240410094801

今年は我が家の橙も寒い頃の手入れが効いたのか、白い小さい蕾状のものが何十個も枝先からから現れました。下はそのひとつです。これからどうなるか、楽しみにしています。我が家での橙の利用方法は、黄色くなった実の果汁や皮で「ポン酢」や「マーマレード」を作ることです。

20240410


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

匍匐性タイムはまだ蕾でこれから満開です

薄紫の花のひとつが八分咲きの感じで満開はまもなくです。あとは三~四分咲きのが二十個くらい、そして無数と呼びたいほどにも数の多い残りの花はまだ蕾の状態です。

0407-b
0407-a

橙の下生えとして、遠慮がちな性格の芝桜の隣に、一年ほど前に別の場所から植え替えたのですが、土も気候も格段に合っていたのでしょう、この一年でどんどんと周りに前後左右に拡がりました。そういう種類の匍匐性(ほふくせい)タイムだったのか、あるいは、この個体が特別に元気なのか、どちらにせよ、グラウンドカバーとしての充実度は芝桜を凌駕しています。現在、隣で白い花を咲かせている芝桜がそのうち駆逐されてしまうのではないかと気がかりなくらいです。

立性(たちせい)のタイムが――コモンタイムなどですが――小さい花を目立たない風に咲かせるのを経験していましたが、匍匐性のタイムが、一般的にはそうだとは言い切れないとしても、これほどまでに多量に蕾を付けるとはまったく予想していませんでした。満開になればそのあたりは、領域が限定されているとはいえ、薄紫が横溢します。嬉しい誤算です。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧