情報処理

2021年2月22日 (月)

とても小さい活字の文庫本を何冊か処分

先週、古い文庫本を20冊くらい処分しました。古いので捨てたのではなく、もう読み返すこともないと判断してゴミ扱いをしたのでもありません。購入してざっと目を通しその後僕と一緒に何度か引っ越しをしながら本棚で座り続けていた単行本や著作集を30年ぶりに読み返すといった事態は(しばしばではないにせよ)それなりに発生します――何かの物理的ないしはその他の都合で捨てていなければ。

その処分した20冊というのは、文庫本(岩波文庫・新潮文庫・中公文庫・ハヤカワ文庫など)と新書版(岩波新書・中公新書・講談社現代新書など)だけを集めてある本棚に並べてあったとても活字サイズの小さい、従って紙の色も経年変化した文庫本の小説類です。読めなくはないけれど、たとえば読み返すかもしれないし参照用にも保管しておきたい(たとえば、プラトンの「饗宴」、あるいは「古事記」)という種類の文庫本ではない。

伊丹十三「女たちよ!」(文春文庫)はなかなか刺激的なエッセイ集です。出版年が古く、処分した小説と同じように驚くほど小さい活字が並んでいます。電子書籍があると思うので捨ててもいいのですが(註:電子書籍はなさそうだが、文庫の新版はあった)、茶色くなった紙も含め懐かしい内容なのでとってある。

以前は新聞紙の活字もとても小さかったのがある時期から各全国紙で大きく読みやすくなりました。金融情報などが満載の日本経済新聞だけが抵抗を続けていたのが抵抗しきれなくて、全国紙では最後に大きな活字に移行したと記憶しています。調べてみると、大きな活字になったのは、毎日新聞が2007年末、朝日新聞と読売新聞が2008年春、日本経済新聞はよくわからない。

そのあたりから文庫本の活字の小ささの不愉快が目につき始め、従って文庫本の出版社もその前後から大きめの活字の文庫本に方向転換したのだと勝手に考えています。

手元にあるワイド版岩波文庫の「聊斎志異」(上下)の出版は2010年、「華国風味」(青木正児著)は2001年です。「ワイド版岩波文庫」や「講談社文芸文庫ワイド」(たとえば吉田健一著「絵空ごと・百鬼の会」)がぼくは好きだとしても需要がないのか出版本数が少なく人気のないのは最初の印刷だけで廃版になってしまう。活字を読者が好みの大きさに拡大できる電子書籍という選択肢もありますが、電子書籍よりも紙の中古本です。ぼくは実用書や実用書風以外は電子書籍をあまり歓迎しないので。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

5G用の工事を見かけるようになった

スマホに「5Gで通信中」とかなんとか――正確には憶えていませんが――、そんな表示が出たのは、札幌ではない場所で、今まで一度だけです。

そういう眼で札幌市内の商業ビルや集合住宅(とくに賃貸の集合住宅)を眺めていると、レンタルしたと思われる巨大なクレーン車が新しいアンテナを屋上まで吊り上げ、3人がかりで設置作業(と古いアンテナの撤去作業)を行い・・・、といった光景が視界に入ってきます。これを全国の主要地域で次々とこなすとなるとインフラ整備にけっこうなお金がかかることは想像に難くない。

政府からのケータイ通信料金の値下げ圧力と業界内の値下げ競争と、その間をより良いコスパを求めてベンダーを気儘に移動する若いユーザーというのが5G絡みの図式で、だから「【重要なお知らせ】で始まるマーケティングメール」が若くはないぼくにも届くことになります。

5G対応ではありませんが、通信インフラには小さい保険をかけていて、その小さい保険とは何かというとモバイルwi-fiルーターです。保険なので月掛け費用が発生します。東北でそれなりに大きい地震がありましたが、停電や普段使っている通信回線に輻輳(ふくそう)が生じて身動きが取れなくなった場合に役に立ちます。充電状態の確認を兼ねて短時間ですが定期的に使ってやります。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月10日 (水)

【重要なお知らせ】で始まるマーケティングメール

タイトルが【重要なお知らせ】で始まるメールが、おそらくひと月くらい前から毎日のように届くので、うるさいなあと中を見ることなく反射的に消していたのですが、先日、ふと中身が気になって目を通してみたら、最近の競合状態(つまり特定の領域での値下げ競争)の激化を反映してか、特定のオプションサービスの内容の充実と同時にそのサービス値下げのお知らせでした。

ぼくのスマホは電話やインターネット通信に関して、一台は安定した大手業者とそれなりにいろいろなサービスを付加して契約。もう一台は電話やインターネットに関して限られたサービスを大手三者以外のところと、一台目の大手よりは当然のことながら安く契約しています。

ところが、最近、大手三者の間で(大手四社というには四社目が小さいので大手三者としますが)、子会社や関連会社も巻き込んで、価格競争が激化してきました。激化に至る最初の一突きは政府から出ましたが、一般ユーザーにとってはサービス価格の低下や同じような価格でサービス内容が充実するのは悪い話ではない。

二台目のスマホは、通信が主で電話は副でしたが、最近、回数は少ないにしても、一回の通話時間が長い電話がその二台目で増えてきました。やや込み入った話や難しい話、同じページ数の多い資料を見ながら進める話、時間をかけないと先に行かない話はどうしても通話時間が長くなります。メールや短いメッセージの交換や5分間の電話では埒が明かない。つまり、電話代も契約時の想定よりも想定以上に高くなってきた。ぼくは短い電話を頻繁に掛けるタイプではないし、そういうニーズも持っていないので、そういうニーズをターゲットにしたサービスはぼくには魅力がない。

そういう状況で、タイトルが【重要なお知らせ】で始まるメールです。この値段なら、そのオプションサービスを追加してもコスパ的には結構いいかもしれないと思える価格です。迷わず契約しました。普段はほとんどスルーするプロモーションメールもたまには役に立ちます。

 


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」

「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」という主旨の記述と出合いました。もしそうなら、コロナの影響があっても、つまり若干背中を押されるということがあっても、死ぬ時期に近づいた(あるいは死ぬ時期に到達した)かたがその時期に亡くなっているということになり、「コロナによる死」ということに関しては、日本では、それほど大騒ぎをする類のことではないのかもしれません(新型コロナに係る外国人の受け入れ問題は別)。

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳で、2018年と比較して男性は0.16年、女性は0.13年長くなりました。また、平均寿命の男女差は6.04年で前年より0.03年減少したようです。なお、平均寿命とは、0歳の人の平均余命を指します(生まれたばかりの赤ちゃんはあと何年生きられるか)。平均余命は時代とともに変化します。

下は以前(2018年3月13日)のブログ記事「平均寿命と健康寿命」で使ったグラフです。明治から太平洋戦争くらいまでは、日本人の平均寿命は50年未満だったことがわかります。

18982016

以下は「国立社会保障・人口問題研究所」のサイトから引用した「(日本における)新型コロナによる死亡者の性別・年齢階級構造(2021年1月25日現在)」です。正確に調べないと「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」かどうかは不確かですが、ざっくりとは、その指摘が正しそうです。

2021125

そういう指摘やデータもそれなりに役に立ちます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

カセットガスの「賞味期限」

冬は鍋物、ではあるとしても、我が家の家庭料理としての鍋物を並べてみると、すき焼き、水炊き、おでんとなります。かつては食べる回数はおでんがいちばん多かったのですが、小田原風のおでんを好む我が家としては札幌では素材の仕込みが厄介なので、おでんの頻度は減ってきました。あとは温めるだけといった加工出汁味がついた袋詰めのおでんは簡単ですが趣味ではない。購入対象外です。

そのおでんは好きなタネを台所で大きな鍋で調理したのを鍋ごと食卓に運んできて食卓の上では火を使わずに最後まで楽しめるので、「カッセトコンロ」は必要ありません。しかし、水炊きやすき焼きは卓上に「カセットコンロ」(値段は安い数千円から3万円近くまでいろいろです)があったほうが調理に便利です。卓上で「カセットコンロ」を利用するには「カセットガス」を装着して点火します。

同じタイプの「カセットガス」を利用する暖房器具に「カセットガスストーブ」がありますが、冬の災害用の緊急暖房装置として1台購入しいざという時のために保管してあります。それを購入したのは、北海道全体がブラックアウトした2018年9月6日よりも何年か前です。電気と都市ガスの供給が停止した場合の緊急措置として石油ストーブよりも利便性が高いと判断したからです。同じ目的で保管してあった石油ストーブは、もったいないとは思いましたが場所取りなので、そのとき一度も使うことなく処分しました。

「カセットガス」を燃料とする「カセットガスストーブ」を買ったときに、「カセットガス」の製造年月日はどこにどのように記載してあるのか、それがわかったとして、カセットガスの「賞味期限」、つまり製造日から何年くらいは安全に使用できるのかが気になってその年数を調べてみたのですが、何となく曖昧なので、その「カセットコンロ」と「カセットガス」と「カセットガスストーブ」を製造販売している企業のお客様相談室に電話で問い合わせたことがあります。

「カセットコンロ」は毎冬使うとしても、「カセットガスストーブ」は我が家では災害時用なので10年に一度しか使わないかもしれないし20年後に初めて使うかもしれない。とすると、「カセットガスストーブ」と同時に購入した「カセットガス」はそのときに問題なく(つまり安全に)作動するのかどうか、いわばその機能の「賞味期限」「賞味期間」が気になったからです。

下はその企業のウェブサイト情報を引用したものです。表示桁数がさまざまなので解りづらい。しかし解り難さはあっても製造年月日はそれなりに確実に解ります。では「カセットガス」の「賞味期限」はというと、非常に明確なガイドラインはそのときはいただけなかったのですが、「10年間」という説明で一応は納得しました。一般の冷蔵庫は10年、ドラム式洗濯機は5年というのと似ていなくもない。我が家は、それ以降、本当はもっと長く安全に使えると思いますが、だいたい10年間基準を採用しています。

Photo_20210121142601


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

「土地の記憶」「水の記憶」のカラー印刷はコンビニが便利

国土地理院の治水地形分類図で、たとえば「石狩川水系、札幌」をクリックすると以下のような「河川の記憶」を現した札幌中心部の地図が現れます。

Photo_20210117171401

同様に国土地理院のウェブサイトで「図郭単位の画像データの閲覧」に行き、目的の地域を選択すると、旧流路(昔の河川の流路)を表示した図郭ごとの治水地形分類図の画像データが見られます。

土地は昔の姿をよく記憶して居るので、宅地造成などで土地の様相が変わり、たとえば「・・台」とか「・・ヶ丘」と新しい、それらしい名称で呼ばれるようになっていても、想定を超えた豪雨に見舞われると、あるいはそれに似たような状況が発生すると、溢れた水は、あるいは行き場を失った水は50年前や100年前の記憶をきちんと辿るように「台」や「丘」の下に静かに潜む「昔の河川の流路」に大量に流れ込み、河川が再出現します。

そういう地勢情報は、普通の大きさのディスプレイを持ったパソコンやタブレット端末でも、拡大したのを部分部分を順にたどっていきながら観察できますが、A3サイズくらいの大きさの紙に印刷したのが手元にあると全体情報と細部情報が視線を変えればほぼ同時に目に入ってくるのでとても便利です。しかし家庭内のパソコン用のプリンターは、CADが趣味といったかたを別にすれば、残念ながら、たいていの場合A4サイズの紙までしか対応していません。

そこで、A3用紙に手軽にカラー印刷するために、とあるコンビニチェーンのネットプリントなるサービスを利用することになります。スマホのアプリで印刷したい図番や地図のファイルを登録し、そのあと時間がある時に当該コンビニチェーンのひとつに出かけて(あるいは立ち寄って)印刷です。A3サイズのカラー印刷で1枚100円でした。値段はやや高いとも言えるし、便利さを考えると適切な値段だとも言えます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

冷蔵庫の部品探しとその注文で、複数の女性に助けられた

冷凍冷蔵庫の「庫内灯」がある夜に急に暗くなりました。暗くなったといっても真っ暗ではなく、いつもの半分くらいかそれ以下の明るさになったということです。2個ある庫内灯のうちの1個の寿命がどうも尽きたという雰囲気です。

作りがとてもしっかりとしている冷蔵庫で十数年使い続けています。毎日いっぱい食べる野菜や冷凍食材(市販の加工冷凍食品ではなく自家製の冷凍食材)の出し入れなどの使い勝手もよくて、これ以上の機能のものになかなか巡り合えないというのが配偶者の評価です。

暗いと使いづらいので対処方法を求めてA4サイズの取扱説明書を読むと、庫内灯の注文は『(冷蔵庫の)品番をご指定のうえ、お買い上げの販売店でお求めください』とあるだけで、冷蔵庫の品番は取説に書いてあるからいいとしても、肝心の庫内灯の品番についてはどこにも記載がありません。

当該メーカーの「お客様相談センター」に電話しました。取説には夜8時まで対応とあったのでまだ間に合うと考えたのですが、2~3年前から応対時間は夕方の6時までに変更されていたので、相談は翌朝に持ち越されました。

電話がつながりません。コロナ対策でコールセンタのブース数を間引きして減らしているのか、しばらくお待ちをという録音音声が繰り返されるばかりで目的の窓口の入り口に到達できません。製品窓口から入るかサービス窓口に行くか迷ったのですが、当該部品は品番のついた一般販売対象品らしいので製品窓口を選びました。しかしつながらない。ひたすら我慢して静かに待ちます。やっと担当女性とつながったので、事情を丁寧に説明し、壊れた庫内灯の品番を教えてくれるようお願いしました。

少し時間がかかるがいいか、ということなので、しばらくこのまま待っていると答えました。

「思ったより時間がかかりそうです、折り返しお電話させていただくということでもよろしいでしょうか?」
「大丈夫ですよ、では、お電話お待ちしております」

すぐには呼び出し音が鳴るという雰囲気ではなかったので、そのメーカーのウェブサイトのサポート画面で若い女性の「AI」が支援してくれるらしいサポートチャットを使ってみることにしました。結果はすぐに行き詰ってしまい、最後に「もっと頑張って勉強してちゃんと答えられるようにします」というメッセージが現れ、つまりは予想通りでした。でも「AI」だそうです。

電話が鳴ったので、出てみると先ほどの女性でした。今度は、庫内灯の品番調査に予想以上に時間がかかりそうなので、それでもいいかという話です。いい、と答えると、「本日中には必ずご連絡します」「じゃあ、同じ電話番号にお願いします。ぼくが出ない場合は誰かこの話を分かった人が必ず出ますから」

忙しいのに変な客につかまってしまってダメじゃないかと上司や上席から注意されている彼女の姿を想像して心配していました。2時間くらいたって、また呼び出し音です。その女性でした。今度はその庫内灯に関する情報が彼女の口から手際よく発出されます。

おたくのオンラインストアではこの部品を買えるか、と尋ねると、オンラインストアではその部品は扱っていないので、街の電気店か家電量販店に注文してくれという返事です。パートナーとのビジネス構造がそういう風になっているのでしょう。
「どうも、そうするしかありませんね。」
「申し訳ございません。・・・もしも、庫内灯のねじ込み部分が固くなって取り外しが難しい場合は修理相談窓口にご相談ください」と最後に親切なアドバイスが追加されました。

先日ハイブリッド型の加湿器を購入した家電量販店の総合受付に電話して、電灯やLED電球などの販売窓口に電話を回してもらいました。可能ならその場でその庫内灯を注文するつもりです。受話器を取ったのはきびきびとした声の女性でした。

事情を説明し、その庫内灯の在庫はあるか、ない場合はメーカーから取り寄せることは可能かといったことを尋ねたら、彼女は端末かなんかで少し調べている様子で「その庫内灯はうちでは現在は販売終了になっています。でもメーカーから手に入るかどうか調べてみますので、あとでお電話させていただいてもよろしいですか」

1時間ほどして電話がかかってきました。量販店の彼女です。「先ほどの庫内灯ですがお取り寄せ可能です。今、ご注文なさいますか。年末なので、入荷が年明けになるかもしれませんが、それでもよろしいですか」
冷蔵庫の庫内灯は1個は活きているのでしばらくはそれでしのげます。
「それでお願いします。ただし、もう1個も風前の灯火かもしれないので、2個まとめて取り寄せてください」
「承知しました。入荷次第ご連絡いたします」

これでおそらく一件落着です。けっこう時間がかかりました。でも、AI女性は別にして、賢い働く女性とのやりとりが楽しい一日でした。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

雪の季節はラジオ体操とストレッチングボード

外が日中でも氷点下かそれに近くなり雪でもわずかに積もっていると、暖かい間は好きだった速足ウォーキングに強い意欲が涌かなくなります。だらしないと言えばだらしないとしても、しかし身体は毎日動かしたいので、室内でできるところの「号令付きラジオ体操第一」と「ストレッチングボード」に頼ることになります。「ラジオ体操」はタブレット端末に保存してあるので思い立った時にすぐにできる。

ラジオ体操は「第二」になると途端に身体の動きがわからなくなるのに対して、「第一」は小学生の頃から夏休みの早朝や体育の時間には繰り返してきたせいか、身体は勝手に動きます。だから惰性という欠点に陥らないように注意しながら手足の先まで気にしながらしっかりと伸ばして作動させると、けっこうな運動にはなります。

ぼくの平泳ぎは大人になって以降は足の推進力が中心のゆったりとした泳ぎです。だから、泳ぐときに足の裏で水を掴まえる量を多くして全体的なキック力を高めようと、足の甲を脛側にできるだけ引き付ける。そのためにストレッチングボードで、足の甲からアキレス腱、足首、ふくらはぎにかけての繋がりを柔らかくしていました。

しかし、そういうトレーニングを毎日していないと、速足ウォーキングをしているくらいでは足のそのあたりが徐々に硬くなり、久しぶりにストレッチングボードに乗ると、死ぬほどの苦しみとは言わないにしてもふくらはぎを伸ばした状態でまっすぐに立てないくらい最初の数日は痛みが走ります。しかし、慣れてくると、甲と向こう脛の角度をもっと鋭角にしてみたいという思いも湧いてくる。

雪とアイスバーンの季節は――そろそろそうなりかかっていますが――「ラジオ体操」と「ストレッチングボード」に依存することになります。印象的な選択肢とは思えませんが、良しとします。

 


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

ネットワークスピーカーの音について、その後の感想

現在使っているネットワークスピーカーは初めて購入したものですが、ステレオ機能に対応しているネットワークスピーカーの中では大きい部類で、しかし大きいといってもスピーカー一般という範疇においては小型なので、だからそれなりに自然な音を出すように、設計者がハードウェア技術やソフトウェア技術で巧みな音響補正を施してあるみたいです。

気になることもあって、従来のタイプの(つまりステレオ装置用のスピーカーという意味での従来のタイプの)できの良いスピーカーは、聴き手がすぐそばにいても離れていても聴き手に対しては同じ音質で歌うのに対して、たとえてみれば客がライブハウスで演奏者や歌い手のすぐそばにいても後ろの少し離れた席に座っていても同じ音がその人まで届くという状態に近いのに対して、我が家のネットワークスピーカーは、リビングのような空間にだけ適応しているのか――つまり、当該ネットワークスピーカーは自分の置かれている居住環境を反響音等から学習してその環境に徐々に適応していくということの結果そうなったのか――、スピーカーと距離を置いた居間の拡がりの中にぼくが位置しているときは流れでる音は心地いいのですが、スピーカーに近づき過ぎると音にやや不快な感じが混じってきます。

そのやや不快な感じとは、それなりにゆったりとした空間のなかでシェパードのような大型犬がゆったりと吠えるときの声の心地よさに、スピッツのような小型犬のキャンキャンした鳴き声が少し混じり始めるのに似ています。

音の満足度は従来型スピーカーに対して75点くらいだとしても、CDなどを個別にセットしなくていいことを考えると、ステレオ仕立てのネットワークスピーカーはなかなかに手軽で結構な音響装置だと思われます。

関連記事は「ネットワークスピーカーという家庭内インフラは音楽に関してはそれなりに便利」。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年11月 6日 (金)

ネットワークスピーカーという家庭内インフラは音楽に関してはそれなりに便利

ある程度以上のステレオ音質で音楽が鳴るネットワークスピーカーという家庭内インフラ(というか家庭内プラットフォーム)を先日導入した、それなりに利用しています。ただ我が家のネットワークスピーカーの「スマート」スピーカー相当部分は、あまりスマートではないので、その使い方は外出前に「外の気温は何度?」と聞くくらいです。その種の問いにはきちんと答えてくれる。

そういう音のインフラがなかった時には宝の持ち腐れであったところの、ある通販サイトの音楽配信サービスを――会員は一定数の楽曲の視聴やアルバムのダウンロードは無料――今は使っています。その一定数の中には、以前持っていたLPレコードで途中で処分し、その後CDも購入しなかったアルバムや購入し忘れたアルバムが入っていたりもするので、そういうものを中心に楽しんでいます。

動画配信サイトに投稿された音楽ライブを鳴らすのも悪くないのですが、動画が混じるとタブレットやスマホの電力消費が想定以上に大きいので、音楽だけというほうが充電用機器には具合がいい。

昨日はタクアンの漬け込み作業を配偶者といっしょにやりながら、その音楽配信サービスでダウンロードしたピアノトリオのジャズや女性のジャズボーカルを聴いていました。

天日干し後の大根の総乾燥重量が12.5kgだったので、ためしに「12.5kgの4%は何グラム?」とそのスピーカーに「塩」の量を質問したらそのスピーカーに入っている担当の女の子は混乱してしまったようです。苛めてはいけません。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧