農産物

2019年7月10日 (水)

寒い6月、温度の上がらない7月上旬

先月23日に「花フェスタ」の会場で、黒の栽培ポット入りのラベンダーをひとつ購入しました。ポット売りだったので家で素焼きの鉢に移し替えると数日後に開花しました。開花すると通常の夏の暑さだと1週間くらいで花が散り始めるのですが、今年はけっこうひんやりしているので花も長持ちして、2週間近く咲き続けています(写真)。珍しい。

人にとっては早朝は半袖だと風が冷たいくらいで、だから早い時刻に通勤に向かう人たちは、しっかりとジャケットや上着を身につけています。

最近話題の異常気象の周辺の小さな波がここまでやってきているのかもしれません。

人間にとっては心地いい天候ですが、露地栽培の野菜にとっては(ということはそういう農家にとっても)困った気温かもしれません。もうそろそろだと思うのですが、まだ好物のセロリが野菜売り場に出てきません。我が家のルッコラやバジル、青紫蘇(大葉)といった夏野菜の生育速度も期待するほど高くない。例年よりもけっこう遅い。

2_20190709180601 

ぼくは、温暖化ガス(二酸化炭素)の排出を人為的に規制できたら地球の温度変化問題はすべて収まるといった極端な議論には眉唾ですが、そうなのは、ぼくは、人類の産業活動や経済活動が地球の温度変化に与える影響は、自然がもたらす温度変化の数%から最大で十数%程度までだと考えているからです。大した割合ではない。

それほど大した影響を自然に与えられる程度まで人類が「賢い」ものであるのなら、すでに台風や地震を回避・抑制する方法を思いついているはずです。しかし残念ながらそれらに対しては打つ手がありません。

地球の温度変化の処方箋について極端な主張を耳にするときは、バランスを取るために、以下のような、「地球の過去40万年の相対気温推移グラフ」を改めて参照するようにしています。このグラフの説明を「丸山茂徳氏」(地質学者、元東京工業大学教授)の講演記録からお借りすると、次のようになります。

40

このグラフが客観的な正しさをもった資料かどうかは、僕自身では検証できません。僕が納得しているだけであり、過去にはIPCC第3次報告の「ホッケースティック・カーブ」という「スーパーコンピュータ」を駆使した地球温暖化の捏造例があり、そのグラフを納得した人たちも多数いらっしゃいました。

『人間が文明を創って、化石燃料をたきCO2を出すようになった時代は、過去300 年前ぐらいからです。このわずかな変化に今ナーバスになっている訳ですが、人間の文明とは無関係に、地球というのはこれぐらい(±4℃)を平気でやっています。』

たしかに、10万年の単位で8℃の上昇と下降を繰り返しています。

『今から100万年前、あるいは200万年前くらいから地球の両極に巨大な氷河が発達し始め、ギュンツ、ミンデル、リス、ヴェルムという4回の大きな氷期があり、最後、1万年前にポコンと温かくなって人間はこの間に文明を創った。そういう歴史です。』

『そこまでのことを簡単に要約すると、地球の気候は変化することこそが本質であると言うことが一つです。その温度幅を考えた時、・・・人類の文明以前に非常に大きな温度変化があった。だから現在我々がナーバスになっている1、2℃の変化は驚くべきものでも何でもない。』

□□□

下のグラフが「ホッケースティック・カーブ」。

Ipcc3

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

冬越しも想定して山椒を育成中

野菜売り場に「和歌山産の実山椒」が並んでいました。「北海道産」もそのうち、ゆっくりと登場します。北海道では山椒は栽培できないと思っていましたが、実際には、北海道の南半分くらいでは山椒の木は生育可能だそうです。そうでないと北海道産の実山椒が8月に店頭に姿を見せることはありません。

下の写真が「実山椒」です。体は小さくても才能や力量が優れていて侮れないことのたとえとして「山椒は小粒でもぴりりと辛い」といいますが、その山椒です。その小粒でもぴりりと辛い実山椒を水で煮てアクをとり、ガラス瓶に塩漬け保存しておくといつでも料理、たとえば、ちりめん山椒作りなどに使えます。

_-s_1  実山椒(水洗い中)

自宅で実山椒を収穫するつもりはさらさらないのですが、木の芽(山椒の若芽)を使った料理は簡単に作れます。たとえば、時期を過ぎましたが「筍(たけのこ)ご飯」。木の芽は香りを味わう日本のハーブなので「筍ご飯」にはその特徴がうまく生かされています。その特徴を活用した調味料であるところの「木の芽味噌」も作る予定です。木の芽をすりこぎで細かくすって白味噌(白味噌は自宅で簡単に作れます)と合わせれば、「木の芽味噌」が完成します。「木の芽味噌」にはたくさんの木の芽を使うので、山椒を育成中です。冬越しも視野に入れていますが、どうなることやら。

20190607

白味噌に関する最近の関連記事は「白味噌も年に一度くらいは自家製を楽しむ」それから「続・白味噌も年に一度くらいは自家製を楽しむ」。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

続・ルッコラで確認する5月の気温

札幌でも5月末なのに日中の最高気温が急に30℃を少し超える日が2~3日とはいえ急に連続して現れて、ヒトにとってはいささかびっくりですが、ルッコラなどの夏野菜の生長にはけっこうな按配です。ヒトにとっていささかびっくりと言っても、びっくりするのは午後の話で、札幌のような大きな山脈の西側で日本海に近い地域では午前中の外気はひんやりとしています。日中も日陰だと過ごしやすい。

ただし、北海道には身体が寒冷地仕様のかたがたが多いので、そういう人たちにとっては「気温が28℃以上になると死にそうになる」というのが共通実感のようです。かつてスリムだったに違いない中年以上の女性は、数日間とはいえ外気温が30℃以上だと本当に死にそうな表情をしています。

北海道では冷房供給機能としてのエアコンをお持ちでない家庭も少なくないので、風が窓から窓へと抜ける場合は問題ないとしても、空気の流れに動きのない夜は対策が必要ですが、扇風機で間接的に(直接は身体に当てないように)部屋の空気を動かしますか。次回、美容室での散髪のときに、エアコンを持っていないと言っていた若い担当者に暑さ対策を尋ねてみましょう。

写真は早朝の水遣り後のルッコラで、強い陽射しが気持ちよさそうです。彼らには申し訳ないのですが、あと数日くらいで最初の間引きなので、間引きされることになった葉には大切な夏の風味として野菜サラダに参加してもらいます。

30-2019527 早朝の山椒

山椒も期待通りに成長中で、早く「木の芽味噌」を作りたいのですが、木の芽味噌は「木の芽」の柔らかい部分を少なからず使うので、これも味噌まではもう少し時間がかかりそうです。

30-0527 朝の山椒

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

ルッコラで確認する5月の気温

今年の札幌の5月の上旬と中旬はぼくたち人間には上着を羽織ってちょうどいいくらいの気温の流れでした。その流れの中に、上着を脱ぎたくなるような日中と、薄手のコートに袖を通したくなるようなリラ冷えの日が入り交じり、全体的には涼しかったと思います。

5月はまだ1週間ありますが、ルッコラにとっても今年の札幌の5月はやや寒かったらしい。種蒔き後の双葉や本葉の成長速度で、彼らが十分暖かいと感じているのかまだ寒いと思っているのかがわかります。根と葉を気持ちよく伸ばすにはもの足りない気温の推移だったようです。

左側の写真が今年のルッコラで、4月29日の種蒔きから23日後(5月22日)の様子です。まだまだ食べられない。

右側の写真は去年のルッコラで、5月17日の種蒔きから22日後(6月8日)の状態。野菜サラダの素材としてその日から使えます。

つまり、今年の札幌の5月はそれほど暖かくなかったということをルッコラが教えてくれる。

20190522-23 20180608-22

今年最初のルッコラは、ぼくが種を播き過ぎたのでけっこう混みあっていて間引きが必要ですが、サラダの一部になってもらうには、あと1週間くらいは必要みたいです。

下は以前の採りたて、食べ頃のルッコラの例。

67s

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

ストローは麦わら

ストローはぼくは使わないので、もっと正確に言うと、ストローが必要な飲み物は家でも店でも飲まないので、ミクロ的にはどうでもいいのですが、最近のストロー素材のデフォであるところのプラスティック製(ポリプロピレン製)が、たとえば一部のファストフード店などでは、ECなどでの流れに応じて、マクロの観点から使用禁止になるらしいです。

以前はストローは麦わら(麦藁)でした。ストローという語の意味そのものが、その素材であるところの「Straw(麦わら)」からきています。夏の必需品だった(今でも一部の人たちにはそうであるところの)麦わら帽子の素材であるところの麦わらです。麦稈(ばっかん)ともいいます。

プラスティック(ポリプロピレン)製のストローが世に出てきて段々と蔓延(はびこ)ってきたときには、その風情のなさに驚きあきれたものですが、それが廃止ということになると以前の風情の一部が取り戻せそうです。全部が麦わらという具合にいかない場合は、麦わらのような品の良い紙製になるのか、それともストローなるものを使わなくなるのか。派手な色彩の紙素材だとかえって興ざめです。

プラスティック・ストロー廃止のニュースを聞いて、プラ以外の素材のストローがあることに驚いている若い女性が少なくないみたいですが、生まれてからずっと麦わらストローの存在を知らないのだから仕方ありません。

余談ですが、夏の終わりの北海道では、麦稈(ばっかん)ロールと呼ばれる、麦の穂を刈り取った後の麦わらを丸めて作った、直径が大人の背丈よりも高い短い円筒形のものが麦畑にゴロゴロと並んでいます。麦稈は牛の寝床に敷かれます。

下の写真は(手持ちの写真がなかったので)「森の中の支配人」さんのTwitter【#畑の学校】からお借りしたものです。麦稈ロールと麦わら帽子がいっしょに撮影されています(「森の中の支配人」さんにはこの場を借りてお礼申し上げます)

Family
       麦稈ロールと麦わら帽

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

安平(あびら)町の土付きニンジン

9月6日未明に北海道の胆振(いぶり)地方で発生した最大震度7の地震の震源地は厚真(あつま)町で、安平(あびら)町は、厚真町の西北に隣接する農業の町です。

定期的に利用する小売店の野菜売り場の有機野菜コーナーに、安平(あびら)町産の土付きニンジンが並んでいました。先週の土曜(9月15日)の夕方のことです。

ふたパック残っていたのでまとめて購入。安平町のある有機野菜栽培農家のニンジンで、この農家の野菜は、ニンジンやダイコンやゴボウのような根菜類がとくにおいしいので以前から贔屓にしていて、今回の地震でその農家が無事だったのか心配していたのですが、このニンジンに出合って、ひと安心です。

写真は、土を洗い落とした直後の、そのニンジン。

20180915

その夜の晩ごはんに、さっそくサラダの一部としていただきました。残りは、翌朝に、青森のリンゴと大分のカボスと混ぜ合わせてジュースになります。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

続・野菜の季節

イタリアンパセリの種播きから発芽までは2週間以上かかり楽しいけれどもけっこう疲れるという趣旨の記事を書いたばかりですが、考えてみれば、バジルも種蒔きの日から本葉が出るまでは1カ月ほど必要です。

たっぷりの水で膨らませた市販の土ポット(正確には、ピートモスを圧縮し特殊ネットで包んだ培養ポット、プロ農家も使う)に、バジルの種を播いたのが5月10日。下の発芽状態の撮影日は5月20日。双葉が発芽するまで屋内栽培で10日かかっています。

__20180520 

その、双葉が出始めた状態の土ポットをすぐに新しい土を入れた丸鉢に移植してから、本葉がそれらしく出揃うまで(下の写真)、16日から17日日必要でした。種蒔きからだと結局1ヶ月近く経過しています。

だから黒のビニールポット(ポリエチレンポット)で栽培された野菜苗がよく売れるのでしょう。コスパだけを考えるならその方がコスパはいい。加工食材みたいなものです。種から育てるというのは、自分で選んだ種や土といっしょに遊ぶ経験を買っているようなものです。

20180607_0510 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

「あのう、気は確かですか?」

次のような短い記事がありました。(2018/6/1 共同通信 『・・・』部分)

『除染土、農地造成に再利用』『環境省方針、食用作物除く』

 『環境省は1日、東京電力福島第1原発事故に伴う除染で生じた土を、園芸作物などを植える農地の造成にも再利用する方針を決めた。除染土の再利用に関する基本方針に、新たな用途先として追加した。食用作物の農地は想定していない。

 工事中の作業員や周辺住民の被ばく線量が年間1ミリシーベルト以下になるよう、除染土1キログラムに含まれる放射性セシウム濃度を制限。くぼ地をならす作業に1年間継続して関わる場合は除染土1キログラム当たり5千ベクレル以下、1年のうち半年なら8千ベクレル以下とした。除染土は、最終的に厚さ50センチ以上の別の土で覆い、そこに花などを植える。』

「あのう、気は確かですか?」としか言いようがない。見て見ぬふりをする人たちの多くなった福島原発のout-of-control状態は、こういう風にして政策的に(つまり、意思決定プロセスがよくわからないままになし崩し的に、線引きを曖昧にしてごり押しで)、「持続」「拡散」していくもののようです。環境省と農水省は、どこかに忖度せずに、ちゃんと議論をしたのかしらん。

元気な植物の根は驚くほど深く広く伸びていく。自分で花や野菜を栽培するとよく実感できます。今までもそれなりに気を遣ってきましたが、家庭で使う園芸用や野菜栽培用の「土」や「苗」の「選択」が、これからは、とてもやっかいになります。

20180529 
種から育てる夏の葉物野菜と鉢と土

Tm
苗を買ってきて育てるラベンダーと鉢と土

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

美味しい野菜、普通の野菜

今年の札幌では、露地もののアスパラが例年よりも店頭に並ぶのが早いので、いろいろな農家が栽培したアスパラを楽しんでいます。あたりまえですが、農家によって、味の違いがあり、有体に言えば、おいしさ・味の濃厚さに差があり、生産者名が栽培努力でブランドになっているところのアスパラは、そうでないところのものよりも、やはり、味が深い。でも、値段は味の差ほどは変わらない。

アスパラは他の野菜といっしょにサラダで食べることが多い。ドレッシングは自家製の塩麹です。塩だけというのも悪くないと思いますが、最近は何でもマヨネーズであるところのマヨネーズはお勧めではありません。野菜の自然な味わいが台無しになってしまう。

かつてミニトマトを作っていたことがあり、味に関してはお店で売っているものとそれほど遜色はないと思っていました。しかし、あるとき、ある有機栽培農家のミニトマトを食べてからは自分で栽培するのを中止しました。味が違い過ぎたからです。自家栽培ミニトマトのコスパの悪さにうんざりしてしまったとも言えます。

タクアンの味は使う糠や麹や塩にも依存しますが、食味の決め手は、天日干しの仕上がり具合も含めてやはり大根そのものの品質です。現在、2017年度産のタクアンは最後の3本を朝ごはんで少しずつ食べていて、2017年度産はとても出来がいいのですが、その大根の生産者は上述のミニトマト農家です。

最近は夏の野菜は、ルッコラ、バジル、イタリアンパセリといった葉物野菜くらいしか作りません。自分で言うのもなんですが味はいいと思います。種は、在来種の種を得意とする種専門店から買ってきて、直播きをする。必要なら土ポットで苗を作り移植する。丁寧な水遣りも欠かさない。土には当然気を遣っています。

20180529 ルッコラ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

野菜生産地帯のタンポポとカエルと加工食品

所用で札幌中心部から北東に1時間くらいの野菜生産地帯に足を運びました。野菜栽培が中心なので一面が畑です。ハウスもきれいに並んでいます。有機野菜栽培農家も少なくない野菜生産地域なのですが、まれに場違いな感じで水を張った田植え前の水田も見かけます。野菜農家が自家消費用のコメを作っているのでしょうか。
 
野原にタンポポが咲いていました。外来種か在来種か、どっちかなあと近づいてみると外来種(いわゆる西洋タンポポ)でした。そのあたりで見かけるタンポポはたいていは繁殖力の強い外来種です。在来種(日本タンポポ)に出合う機会は多くありません。
 
2018_a
 
そのタンポポが在来種であるか外来種であるかその見分け方は、花びらの下の総苞片(そうほうべん)の向きです。下の絵のように、在来種は総苞片が直立していますが(つまり、反り返っていない)、外来種は下向きに反り返っています。(この絵はネットでお借りしました。この場を借りて作者に御礼申し上げます。)
 
___2
 
2018_btm
 
野原で出合ったタンポポ(すぐ上の写真)は、総苞片(そうほうべん)が下向きに反り返っているので外来種です。
 
近所に地場チェーンのスーパーマーケットがあり、品揃えは小さな百貨店です。農家と思しき買い物客も見かけましたが、添加物が盛りだくさんの加工食品やお菓子もお好きな雰囲気でした。
 
夜の8時くらいにその水田のそばを通ると、カエルが鳴いていました。鳴き声が大きくて、大きいというよりもうるさいに近い感じで、一重窓なら窓を閉めても気になって眠れないかもしれないと思われるほどの音量です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧