2019年8月 7日 (水)

春は梅、秋はさくら葉

寒い季節の訪れはできるだけ遅い方がいいのですが、先週ほどではないにしても今週の札幌もそれなりに暑いので、以前ひんやりとした季節に撮影した「紅葉・黄葉」の写真を見るともなく見ていたら、桜の紅葉を撮ったのがそれなりにありました。

あまり注目されませんが、秋には桜も紅葉します。楓(かえで)のような鮮やかな紅に染まるのではなくて、葉の色を地味な、渋い抑えた赤に変えます。短期間とはいえ春に花が他よりも目立ちすぎることを恥じて、秋にはつつましくしているのかもしれません。

11
                                         紅葉した桜

「もみじ」とは、秋になって赤や黄色に変色した草木の葉のことを指します。漢字だと「紅葉」や「黄葉」と表記されます。「桜紅葉(さくらもみじ)」とは赤くなった桜の葉のことです。「もみじ」も「さくらもみじ」も秋の季語です。

「楓(かえで)」は紅葉の代表格なので「楓」の別称として「もみじ」を使うことも多い。だから、会話の中でそのときの「もみじ」がどちらを指しているのか紛らわしいことも少なくありません。「桜」の葉が赤くなるのは「楓」よりも早く、あまり来てほしくない寒い季節が近づいていることを「楓」よりも早めに教えてくれます。

下は上とは別の年の10月下旬、同日同時刻の札幌市内のある公園の「桜」と「楓」です。

10 10_20190806094501

念のために季語の歳時記を当ってみると、【桜紅葉 さくらもみじ/さくらもみぢ 仲秋】〈桜の葉が色づくこと。桜の木は日本国中どこにでもあるが、あざやかな朱色にならないのであまり注目されることがない。比較的早く色づく〉とそっけない記述がありました。

「春は桜木、秋は桜葉」とすると、いくら桜紅葉が控えめであっても桜の自信が鼻につくので、「春は梅、秋はさくら葉」というのがいいかもしれません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

山椒も紫蘇(シソ)科風の摘芯?

青紫蘇(大葉)やバジルやアップルミントのようなシソ科植物は、このままだと茎が伸び過ぎるあたりの茎を葉をつけたまま切り取ってやると(この作業を「摘芯」と云います、切り取った葉は当然食べます)、切り取られた茎(「芯」)の根元の辺りから新しい芽がペアで伸び始め、そのペアのおのおのからまた芽がペアで発生するので、葉は倍々ゲームで増えていきます。

と言うと難しそうですが、実作業はもっと簡単です。つまり、紫蘇(しそ)科の野菜は食べごろの大きさになった葉を収穫するときに、摘み取る葉の下に、左右に一対の小さい葉(脇芽)を残してその少し上あたりで茎を注意深く切り取ると(たいていは小さい脇芽が出ているのでその少し上で)、残った左右の小さい葉の枝の部分からまた新しい新芽がそれぞれに出てくるので、倍々ゲームで葉が増えます。写真をご覧いただくほうが解り易い。

最初の写真のような具合に摘芯すると、それが、たとえば、二枚目の写真のような状態になります。そういうことを知らないと、背が高くなるだけで野菜にボリュームが出ません。背を伸ばさないで横というか、前後左右にふくらませていく。

Photo_20190711152201

_

山椒は、ミカン科サンショウ属の落葉低木です。シソ科植物ではありません。しかし、妙に背が高くなってきたので、上に伸び過ぎた枝を複数本、適当に切り詰めてみました。すると切り詰めたあたりから、まるでバジルや紫蘇を摘芯したような具合に、若い芽が出てきました(下の写真)。これなら山椒にもボリューム感が出ます。山椒にも摘芯、ということのようです。

Photo_20190711152301

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

外では白いライラック、室内で白いジャスミン、もう一つの春らしさ

満開に近づいているジャスミンにとっては外は風が強すぎたので、小さな一鉢を屋内に退避させたのですが、朝起きたら室内はジャスミンの香りでいっぱいでした。近所の花屋で購入したもので、それをプラスチックの鉢から素焼きに移し替えて、白い花と香りを楽しんでいます。桜と同じで花の命は長くありません。

_may2019 

札幌市のシンボルの木はライラックです。リラともいいます。5月の中旬から6月にかけては公園やそのあたりの道路際や遊歩道にライラックが咲いています。そのころに「さっぽろライラックまつり」も開催されます。

桜に花冷えがあるように、リラの季節にもリラ冷えの日があります。淡い紫や濃い紫の紫系の花が多いのですが、白にもそれなりの頻度で出合えます。

Photo_9

夏至に向かって段々と長くなる昼間の心地よさを実感できる季節です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

札幌でも桜

近所でいちばん気の早い桜が咲いているのを昨日(4月22日)確認しました。例年、一週間くらいは他よりも先を走るのが好きな桜の樹です。六~七分咲きですね(写真)。朝夕は(日によっては日中も)まだ寒いですが、一部の樹だけでも枝全体がそれなりに桜色に染まると、それなりに春の気分になります。

422

札幌管区気象台の開花宣言用の「ソメイヨシノ」はいつ咲くのかはわかりません。気象台ウェブサイトでは細かい観察データは提供してくれないので。

平成のうちに咲くのか、令和になるのか。ゴールデンウィークに咲きそろうのは間違いなさそうです。まあ、桜はそんなことを気にしているはずもないのですが(実際は気にかけているかもしれない)、地元のテレビ局は「令和になって日本でいちばん最初に桜が咲いたのは札幌でした」みたいな報道映像を撮りたいはずです。だから、札幌気象台の桜には5月1日の開花宣言にタイミングを合わせるようなんとか協力してもらいましょう。

関連記事は「札幌の開花宣言用の桜」。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

Summertime(子守唄)

「Summertime」という曲は、奴隷制度廃止後の米国南部を背景とした「Porgy and Beth」(ポーギーとベス)というオペラで使われた子守唄です。奴隷制度の廃止で黒人差別がなくなるはずもなく、彼らは貧しい。その「Summertime」は次のような歌詞で始まります。

Summertime and the livin' is easy
Fish are jumpin' and the cotton is high
Oh yo' daddy's rich an' yo' ma is good lookin'
So hush, little baby, don't you cry

夏になると 暮しは楽ね 
魚は飛び跳ね 綿(わた)の木も伸びる 
お父さんはお金持ち お母さんはきれい 
だから、シー、赤ちゃん 泣かないで

「the cotton is high (綿の木も伸びる)」という表現は綿花栽培が経済の支えだった当時の米国南部では景気の象徴だったようです。綿の木が伸びて、白い綿花がいっぱい実り、綿花の売り上げで、貧しい生活も少しは楽になる。だから、夏は暮らしやすい。

子守唄は若いお母さんが赤ちゃんに歌いかけてももいいし、小さな女の子が背中に背負った幼い弟や妹のために歌ってもいい。そういう唄です。

「夕焼、小焼の、あかとんぼ、負われて見たのは、いつの日か」も子守唄の情景です。あかとんぼを見たその子は、そのとき、「15歳になって嫁にいった姐や(ねえや)」、つまり子守奉公していた女中さんに背負われていました。

少女や女の子や若い女性の歌う子守唄には独特な雰囲気が漂います。

Angelina Jordan(アンジェリーナ・ジョーダン)というノールウェイの少女(ジャズ歌手)が8歳のときに歌った「Summertime」は、妙に枯れていて聴くものに迫ってきます。季節は夏、場所は北欧。

バルセロナ生まれの女性ジャズ歌手 Andrea Motis(アンドレア・モティス)が18歳のときにバルセロナのジャズクラブで歌った「Summertime」は、柔らかくてみずみずしい感性に溢れています。

そしてこれはぼくが勝手にそう思っているだけですが、昔の自分を思い出して歌う子守唄というのもあるようです。深いところで泣きたかったのでしょうか、テキサス生まれの女性ブルーズ歌手 Janis Joplin(ジャニス・ジョップリン)が26歳のときにコンサートで叫ぶように歌った「Summertime」には格別の凄みがあります。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

札幌のイチョウ並木

北海道大学のイチョウ並木は「どうだ」というような押し出しの良さで豪華だけれど(「北海道大学とイチョウ並木とマーケティング」)、前日の雨でなかば散ってしまったこの通りのイチョウ並木も捨てがたい。こちらのほうのやや控えめな風情が好きなかたも少なくないと思います。
 
北海道大学のイチョウがその黄色をまわりの空間にまき散らしているころ、この通りのイチョウはまだ緑の葉をつけていました。こういう種類による時間差があるので、イチョウの秋を近隣で順番に比較的長い間満喫できます。
 
この通りのイチョウから黄色が消えてしばらくしたら、白いものが枝に積もる季節に入ります。
 
20171109

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

近所の秋と街の稜線

稜線(りょうせん)とは、峰から峰へと続く線、山の尾根のことです。しかし、街にも稜線(りょうせん)があり、複数の建物の屋根の連なりや、オフィスビルが連続するなかで街の稜線を楽しむこともできます。ビルとビルの間に適度な空間があり、ビルの高さが暗黙の了解で調和している場合には、夜明け前や夕刻の稜線は美しい。昼間も、建物の稜線を背景に、街路樹や植物園の樹々を前景にすると、場所によっては、構図のきれいな秋の札幌を堪能できます。
 
札幌市内も、ここ数年はその中心部に高層のオフィスビルや高層の集合住宅が次々と現れるので、地方経済的にはご同慶の至りですが、穏やかだった街の稜線に乱れが生じてきました。街の稜線設計家、稜線管理係といった職業でもあって、そういう職業が機能していれば別ですが、そういうことは起こりそうもありません。
 
ずいぶんと以前、東京では新宿の十二社(じゅうにそう)通りが好きだといった香港生まれの中国人がいました。その理由を聞くと、その一画は東京らしくなく、建物の高さがそろっているからだと答えました。
 
台風が急に雪を連れてきたので、短い秋を覚悟したのですが、雪は一日だったので、札幌はゆったりとした秋です。落葉樹の葉の色づきが少し加速されたくらいの影響にとどまりました。街の稜線がだんだんと楽しめなくなったので、眼は街路樹に向かいます。秋の木漏れ日が気分をなごませてくれます。
 
Photo

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

2年ぶりの遊歩道のサクランボ

この、実桜(ミザクラ)や桜桃(オウトウ)と呼ばれる樹には、去年はどういうわけかまったく実がならなかったと記憶しています。街路樹の一本として植わっているだけで、サクランボ農家のように手入れがされるわけではないので、どの年に実をつけるかは決めていないのかもしれません。あるいは、1年おきと決めているのかもしれない。
 
果物コーナーでパック詰めの地元のサクランボが目立つようになったので、ひょっとしてと、その樹の下に潜り込んで上を見上げたら、赤いサクランボが眼に入りました。この時期のサクランボ園のそれとは違い、鈴なりからはほど遠い状態なのですが、順番に数えていくとそれなりの数にはなります(すぐ下の写真)。地面にはわずかしか落ちていません。
 
Photo_2
 
2年前、その樹に登ってサクランボを採っていた小学生の女の子3人組から、「おじさん、わたしたちもう食べきれないから、残ったのをあげる」とお裾分けをいただいたことがあります。市販のものに負けない味でした。それが下の写真(もらったのを洗った直後)。
 
Photo 2年前に女の子からもらったサクランボ
 
今年は彼女らに会えないかもしれません。小学校高学年だった女の子のその後の2年間は、たとえば母親というような存在からのじわじわとした圧力もあるので(「女の子でしょう」)、彼女らに、もう木登りをしない年齢になったと思わせるには十分に長い時間です。
 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

遊歩道の白樺

札幌駅から隣の駅まで、風情のある遊歩道が続いています。途中、自動車道路に横切られて信号待ちなどする個所もいくつかありますが、春から秋にかけては種類の違う緑がいっぱいでその横や下を気持ちよく散策できます。
 
JRが鉄道を高架にするときに、以前に地上に線路があったあたりを樹木の多い遊歩道にしたらしいのですが、歩くときに伝わってくる設計者の意図がぼくは大好きです。札幌駅に近い方から順に「紅葉の道」、「さくらの道」、「木の実の道」、そして「白樺の道」の4つの区画があり、案内板の内容を引用すると、各区画の樹木類は
 
■「紅葉の道」は「イタヤカエデ・カツラ・ヤマモミジ・アカナラ・ツツジ・ニシキギ」
 
■「さくらの道」は「エゾヤマザクラ・ソメイヨシノ・ヤエザクラ・ウツギ・ツツジ」
 
■「木の実の道」は「ナナカマド・イチョウ・ヤマグワ・エゾノコリンゴ・ニシキギ・ハマナス・アキグミ・エゾニワトコ」
 
■「白樺の道」は「シラカバ(並木)」
 
となっています。つまり、札幌の落葉広葉樹の優美と絢爛を季節に応じて堪能できます。下の写真は、先週末午後の「シラカバ並木」の一本です。雪の降り積もる時期は楽しくありませんが、それ以外は週末の散策目的にかなった遊歩道だと思います。
 
Img_0918

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

楡(ニレ)という落葉広葉樹

札幌は他の都市と比べて緑や樹木が多い町ではありません。中心街のすぐそばが低い山ですし、緑や街路樹の豊かな地域もありますが、かたよりがあって、平均的には緑や樹木は少ない(と、思います)。街路樹に多いのは、イチョウ、ナナカマドやニレのような落葉広葉樹です。雪の多い地域では、樹木は葉が落ちる種類でないと冬が越せません。
 
札幌駅から徒歩で10分くらいのところに「北海道大学植物園」があります。大学の植物園らしく研究用の草本園もありますが、ぼくがこの植物園を好きなのは、開園以前の原生林をそのまま保存してあるからです。そこには、原生林の面影を色濃く残すハルニレやイタヤカエデ、ミズナラ、ハンノキ、ドロノキなどの落葉広葉樹林が広がっています。この植物園の落葉広葉樹林の中に佇んでいるとほっとします。東アジアの照葉樹林文化がぼくにも強く刻まれているに違いない。
 
写真はハルニレ(春楡)の樹です。英語だとエルム(Elm)。背の高い樹で葉は暑い時期には鬱蒼と茂ります。その日は、遅い午後に影が長く伸びて二本の美しいシルエットになりました。
 
3a_201705
 
1_201705 2a_201705
 
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)