言語・言葉

2020年10月29日 (木)

「平家物語」を斜め読みして、ふと、感じること

ぼくは「平家物語」の名場面と呼ばれているような箇所――「一の谷の戦いの鵯越(ひよどりごえ)」、「平敦盛と熊谷直実の一騎打ち」、「屋島の戦いにおける那須与一の弓」など――は、小さい頃に祖父の口から、たとえば縁側で繰り返し聞くのを楽しみにしていました。琵琶の音色は決して混じらないにしても、平家物語の一部を孫に話すのが好きな家庭版の琵琶法師から聞くようなものだったかもしれません。明治生まれにはそういうことのできる人がいました。令和の今なら、その代替はおそらく「漫画で読む平家物語」「アニメで観る平家物語」ということになります。

その平家物語を本という媒体で斜め読みしてみて、ふと、感じることがありました。

この物語の主題は戦記物語的に書かれた平家の栄枯盛衰であるとしても、底を流れているのは天皇家の、最近の社会科学ないし環境関連用語を借用すれば、サステイナビリティ(sustainability)の強靭さかもしれないなということです。琵琶法師経由で日本中に拡がることになるその物語の原作者がそういうことを意図したのではないにしても、そういう風に読もうと思えばそういうものについての地味な詳細叙述とも読めます。

この物語作者は「奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者も遂にはほろびぬ、偏(ひとへ)に風の前の塵におなじ」というストーリー展開に必要な鮮やかな色の場面記述と、その場面の裏に同時に存在するものについての地味な記述を織り混ぜているようです。

天皇家は、見かけは藤原家や武家に翻弄されても、一族の生存にかかわる土台の部分は、専横的な政治経済的な駆け引き(この中には院政や臣籍降下といった手段も含まれますが)を駆使しつつ、不死身のアメーバーのように、生存に必要なものを新たに取り込みながら不要になった周辺部は切り離し、ネバネバと動いていて崩れ去るということがありません。「この世にこそ王位も無下に軽けれ。昔は宣旨を向って読みければ、枯れたる草木も花咲き実なり、飛ぶ鳥も従いけり。」(今でこそ、天皇の地位もはなはだ軽くなったが、昔は宣旨を対面して読みかけると、枯れた草木も花を咲かせて実を結び、飛ぶ鳥も従ったものだ)という状態ではあっても、平家は朝敵として滅亡し、源義経は兄の頼朝に殺されてしまいます。

平家物語の冒頭部分の以下のような一節も、天皇家のサステイナビリティという観点から見ると、自分にそのうち役に立つかもしれない別のある一族に短期間の夢幻を楽しませるための、そしてその一族が邪魔な存在になれば彼らの夢を破壊してしまうつもりの、ひそかな布石について語っているのかもしれません。

『その先祖を尋ぬれば桓武天皇第五の皇子、一品式部卿葛原親王九代の後胤、讃岐守正盛が孫、刑部卿忠盛の嫡男なり。かの親王の御子高見王無官無位にして失せ給ひぬ。その御子高望王の時、初めて平の姓を賜はつて上総介に成り給ひしよりたちまちに王氏を出でて人臣に列なる、その子鎮守府将軍良望後には國香と改む、國香より正盛に至る六代は、諸国の受領たりしかども、殿上の仙籍をば未だ赦されず。』

《現代語訳》『清盛の先祖を調べると、桓武天皇の第五皇子、一品式部卿葛原親王から数えて九代目の子孫、讃岐守正盛の孫で、刑部卿忠盛の嫡男である。葛原親王の御子、高見王は、官職も官位もないままなくなられた。その御子の高望王のとき、初めて平の姓を賜わって、上総介になられてから、ただちに皇籍を離れて臣下の列に連なる。その子・鎮守府将軍良望は、後には国香と名を改めた。国香から正盛に至るまでの六代は、諸国の国守ではあったが、殿上人として昇殿することはまだ許されなかった。』

ふと感じたことのもうひとつは、これはひとつめとは関係がないことですが、「物語」に登場するさまざまな戦いの時間がとても短いことです。鏑矢(かぶらや)を飛ばし合い、鬨(とき)の声をあげたら、途中に修羅場は数多く登場しても、あるいは戦いの場が、やがて、一の谷、屋島、壇之浦と移っていっても、戦は、実質的には短時間で片が付いてしまいます。合戦は短時間なそれの間歇的な繰り返しと映ります。余計なことですが、義経の仕掛ける戦は奇襲攻撃ばかりで、当事者にとってはそういう奇襲攻撃も壮絶な殺し合いの場には違いないとしてもなんだかあっさりとしている。

だから、戦いにおける兵站(へいたん)については、長期戦ではないので、敵の攻め方や殺し方を考えるほどには、兵站について真剣に考えなかった武将が多かったかもしれない。頼朝はそういうことにも時間をかけたにしても、国民に人気の高い義経はそういうことは苦手だったようです。それが国民のDNA的な一般性質として伝わって、たとえば第二次世界大戦における帝国陸軍の中国東北部や東南アジアの兵站事情――気合だけがあって武器弾薬や食糧は大幅に不足――に繋がっていたようにも思われます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

言語は時間をかけて、規則性が少なく組み合わせが自由な方向に流れていくらしい

ぼんやりとであっても、まわりの(ないしは世界の)言葉の動きを眺めていると次のような事態には気がつきます。

・強い政治経済的な背景があるにせよ、屈折系言語では他の言語ではなく、英語が抜きんでて世界標準的な役割をしている。インターネットなどでもそうである。

・(中国本土での簡体字への移行ということはさておいて)中国語で「・・・的」という表現が増えてきた。たとえば、「我的手机」(私の携帯電話)、「幸福的家庭」(幸せな家庭)、「西方的力量」(西洋の力)、「虔誠的基督徒」(敬虔なクリスチャン)。そういう表現は、中国の古い文章の集合体であるところのたとえば古典授業用「漢文教科書」にはおそらく載っていない。

・日本語では、「旧仮名遣い」や「係り結び」といった言葉の規則性や関係性がいつの間にか消えてしまった。たとえば、「ゐ」や「ゑ」、「その中に、もと光る竹なむ一筋ありける」や「名こそ流れてなほ聞こえけれ」。

世界の言語は、通常、孤立語、屈折語、膠着語の三つに分類されます。

「孤立語」の代表例が中国語。それぞれの単語が孤立(自立)していて、それぞれの単語が個別に意味を持っています。日本語のような助詞(・・は、・・を)は使わない。中国語で「私はあなたを愛している」は「我愛你」。「孤立語」なのでそれぞれ語が、たとえばドイツ語(Ich liebe dich.)のような活用や格変化をすることはありません。

屈折語は古代ギリシャ語、サンスクリット語、フランス語、ドイツ語などです。英語も屈折語ですが、屈折語の中では屈折度が少ない言語です。屈折とは活用のことで、動詞の人称変化や時制、名詞の格変化(主格・属格・与格・対格・呼格)などの文法的性質を指しています。

古代ギリシャ語だと、「ギリシャ語の活用変化(語形変化)は大別して、名詞変化(declension)と動詞変化(conjugation)の二種になる。形容詞や代名詞等の変化は名詞変化に含まれる。」「数は単数(singular)、双数(dual),複数(plural)の三つがある。」「ギリシャ語においては、人称や数が動詞の変化の中に示されているわけであるから、とくに強調せんとする時以外には、代名詞の主語を置くということはない。従って外見上主語のない文章はギリシャ語においては極めて普通のことである」(田中美知太郎・松平千秋 著「ギリシャ語入門」)という具合です。

膠着語は、そのひとつが日本語ですが、助詞や接辞などの機能語が、名詞・動詞などの自立語にひっついて文が構成される言語のことです。「うちはあんたが好きや」の「は」「が」「や」は、それ自体では実質的な意味を持たない、機能語です。膠着語では、そういった機能語が、「うち」「あんた」などの名詞(自立語)や「好き」などの動詞(自立語)に付着して文が構成されます。

中国語における「・・的」という表現の増加は、孤立語に日本語のような膠着語の便利さ(孤立したものをねばねばとくっつける性質)が取り込まれつつあるということです。前述した例を再掲すると「幸福的家庭」(幸せな家庭)や「西方的力量」(西洋の力)などです。その背景にある理由は「和製漢語」の輸入と、あるいは似ているかもしれません。言語として時代の変化に俊敏に対応するためにはその言語の表現柔軟性を高める必要がある。

19世紀末~20世紀初期に日本で作られた「和製漢語」のなかで、中国で普及したものには、たとえば、次のような熟語があります。和製漢語を輸入しないと中国語は西欧の脅威、時代の変化、文化の変貌に対応できなかった。

《系統・電話・電気・旅行・自転車・野球・科学・歴史・哲学・病院・派出所・銀行・弁当・味噌・寿司・抹茶・煎茶・文化・和紙・鉛筆・雑誌・美術・時間・空間・入口・出口・市場・投資・企業・広告・国際》

「中華人民共和国駐日本国大使館 ウェブサイトの記事 《和製漢語:中国 日本と世界を繋ぐ絆》によれば、中国は、20世紀初頭に『独立、平等、自由、民主、法制、主権、民族、国際、哲学(西周による)、美学(中江兆民による)』といった和製漢語を輸入し――現代中国語における『社会科学関連語彙の六割は和製漢語』――、また20世紀の終わりごろからは『人気、写真、料理、新人類』などの新しい和製漢語を再び取り入れ始めたそうです。

ある言語の他国や他地域への浸透力はその言語を主言語とする国々の政治力や経済力に基づくとしても、自国語以外の言語を使う必要に迫られた場合でそれが屈折語だと、その中では屈折の度合いが低い言語が選好されるのは理にかなっています。つまり、フランス語やドイツ語ではなく英語です。

高度な屈折性をそなえた言語は、それを母国語とする人には肌理(きめ)細かい配慮が可能ですが、外国語(や古典語)としてそれを学ぶ人にとっては、自国語がそういう性質のものでない場合は、その屈折性が学びのとても高い参入障壁になりますが、英語はその障壁がまだ相対的に低い。

日本語は、ややこしい言語規制を水に流すように取り払ってしまったあとどこへ向かっているのか。ひょっとすると「オノマトペ(擬音語と擬態語の総称)」的な表現方法を拡大・強化する方向に進展しているのかもしれません。言葉のアニメ化とも言えます。画像や映像としてのアニメは輸出力の強い日本の卓越した文化なので、言語のアニメ化傾向というのも悪くはありません。「オノマトペ」的な表現自由度が強化された日本語が「和製漢語」のように中国に浸透して中国語を変えるかもしれません。今後のお楽しみです。関連記事は「ぴえん超えてぱおん」。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

「従って」が多すぎる、従って、解りにくい

かつてベストセラーになった刺激的な内容のエッセーがあります。必要があって一部を読み返していたところ、黙示文学に関する論述のなかで、「従って」という言葉がやたらと出現する箇所に出会いました――著者はもともと「従って」という接続詞がお好きな雰囲気ではありますが。

書き手が「従って」を繰り返すときは、その一節を書き進めているときの書き手の強い気持ちがその論述の展開に滲み出てきて、それが「従って」という接続詞の多用となる場合があるとしても、読み手はその繰り返しを鬱陶しいと感じるかもしれません。ぼくは「従って」の頻出がけっこう気になりました。

その一節の《原文》と、《原文から「従って」をすべて取り除いた場合の文章》を以下に並べてみます。

《原文》

《これには別の理由もある。ユダヤ人は、モーセの第二誠によって、実質的には絵画・彫刻を禁じられたに等しかった。従って、ゲルニカ(引用者註:ピカソのゲルニカ)を描こうとすれば、それを文章になおした形にならざるをえない。従って読者諸君が、一度実際にゲルニカを文章になおしてみれば、ある程度、その表現方法が理解していただけると思う。従ってこの逆も可能で、黙示文学はそのまま絵になるのであって、『ヨハネ黙示録』の多くの場面は、二千年にわたって、キリスト教美術の主要なモチーフになっている。またいわゆる「聖画」が氾濫する理由もこれであり、一方、古代のさまざまのレリーフや彫刻には、それを文章になおせば、そのまま黙示文学的表現になるものも少なくない。従って、こういった表現は、考えようによっては、別に珍しくないともいえる。》(下線は引用者による)

《「従って」をすべて取り除くとどうなるか》

《これには別の理由もある。ユダヤ人は、モーセの第二誠によって、実質的には絵画・彫刻を禁じられたに等しかった。ゲルニカ(引用者註:ピカソのゲルニカ)を描こうとすれば、それを文章になおした形にならざるをえない。読者諸君が、一度実際にゲルニカを文章になおしてみれば、ある程度、その表現方法が理解していただけると思う。この逆も可能で、黙示文学はそのまま絵になるのであって、『ヨハネ黙示録』の多くの場面は、二千年にわたって、キリスト教美術の主要なモチーフになっている。またいわゆる「聖画」が氾濫する理由もこれであり、一方、古代のさまざまのレリーフや彫刻には、それを文章になおせば、そのまま黙示文学的表現になるものも少なくない。こういった表現は、考えようによっては、別に珍しくないともいえる。》

「従って」のない文章は意外とすっきりとしています。しかしそれは読み手がそう感じるだけであって、書き手にとっては、「従って」がないと、少なくとも著者心理的には、画竜点睛を欠くということになりそうです。

関連記事は「文間文法(ぶんかんぶんぽう)という見慣れない用語」。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

平家物語と令和の義偉(よしひで)

最近の動きを拝見していると、菅義偉(すが よしひで)首相は大日本国憲法と治安維持法の復活をもくろんでいらっしゃるのかもしれません。自民党の改正憲法草案は旧日本国憲法と治安維持法の匂いが濃い草案ですが、それ以上の思い入れを菅首相は治安維持法的なものにお持ちのようです。批判的な反対勢力や反対論者は、彼らが遠吠えしている分にはあまり気にならないのですが、それがノイズとしてそばにあるとけっこう鬱陶しい。

鬱陶しいものは遠ざけたいし消し去りたい。彼は現在の自分の権力と権勢を使ってその範囲内でそういう不協和音的なノイズを合法的に排除する仕組みや枠組みを作りたいのでしょう。権力が拡大すれば「合法性」の解釈適用範囲も拡がります。

政権が左寄りでも右寄りでもその政権が勢力を拡大すればその政権向きの「治安維持法」を欲するのは時代や国を問わずよく見られる現象ではあります。トランプ大統領は異論を大声で陽性に排除しようとしますが、菅首相の除去の仕方は陰にこもっている感じです。

話が前後しますが、自民党総裁の地位を手に入れた際の菅官房長官の手腕は、ドスを懐に入れた「悪」が舞台裏を目立たずにひそかに静かに漂い動いた感じで、見事でした。

以下に『平家物語』の冒頭をごくわずかに修正して――正確には文字をいくつか追加して――引用してみます。案外、違和感なく読み通せるかもしれません。

『祇園精舎の鐘のこゑ、諸行無常のひびきあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。おごれる人もひさしからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前のちりに同じ。

とほく異朝をとぶらへば、秦の趙高(てうこう)、漢の王莽(わうまう)、梁の朱忌(しゅい)、唐の禄山(ろくさん)、これらはみな、旧主先王のまつりごとにもしたがはず、たのしみをきはめ、いさめをも思ひいれず、天下の乱れんことをさとらずして、民間のうれふるところを知らざりしかば、ひさしからずして、ほろびし者どもなり。

ちかく本朝をうかがふに、承平の将門(まさかど)、天慶の純友(すみとも)、康和の義親(よしちか)、平治の信頼(のぶより)、令和の義偉(よしひで)、これらはおごれることも、たけき心も、みなとりどりにこそありしか、まぢかくは六波羅の入道、前(さき)の太政大臣平(たいら)の朝臣清盛公と申せし人のありさま、つたへ聞くこそ心もことばもおよばれね。』


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月30日 (水)

複数の語り手の合作としての叙事詩や叙事物語

ある年齢に達すると抒情詩よりも叙事詩のほうを心地よいと感じるようになります。抒情性がそのまま現れる事態というのはけっこう鬱陶しい。叙事詩の行間や語り言葉の間からも抒情性は立ち上がってきます。そういう抒情性は心地いい。

「トロイア戦争」を舞台にした古代ギリシャの叙事詩に「イーリアス」や「オデュッセイア」があります。それらを吟じた多数の吟遊詩人がいたはずですが、「ホメロス」という名前は残っているものの同じ叙事詩をそれぞれに吟じた他の多数の吟遊詩人の名前(たとえばテストリデスなど)は残っていません。

ホメロスの本名はメレシゲネスで、ホメロスとは当時のある地方の方言で「盲目の人」という意味だったそうです。成人後に眼病で眼を悪くしたらしい。失明してからのほうが詩作が活発になったようです。「イーリアス」や「オデュッセイア」を吟じた他の吟遊詩人がホメロスのように目が不自由であったかどうかはわからない。しかし、目が不自由な方のほうが、音の連なりとしての長い叙事的な物語をはるかに記憶しやすいということはあるかもしれません。

竪琴のような弦楽器を持った多くの吟遊詩人が「イーリアス」や「オデュッセイア」をそれぞれの語り口で筋書きや語りの変奏を付け加えながら詠じたものを「ホメロス」がいわばコンパイラー、編集者としてまとめ上げたので、作者が「ホメロス」ということになったようです。

平安時代における平家の盛衰(ないしは平家と源氏の戦い)が題材であるところの「平家物語」は、「イーリアス」や「オデュッセイア」と幾分かは同じように、盲目の僧である琵琶法師(日本版の吟遊詩人)が日本各地を巡って口承で、つまり琵琶を弾きながらその物語を「語る」ことによって伝えられきました――「語る」とは節を付けて歌うことですが、叙事物語なので「歌う」ではなく「語る」です。平家物語にもホメロスのようなコンパイラー、編集者がいたと想像できますが、平家物語は一般的には琵琶法師の個人名が表に出てこないことになっています。

しかし「徒然草」(二百二十六段)には、兼好がどこかの確かな筋からそう伝え聞いたのか、「平家物語」の成立に関して次のように記述されています。兼好が徒然草を書いたのは、平家物語の初版(というのも変な言い方ですが)が出来てから百数十年くらい後なので、その記述は正しいのかもしれません。

『後鳥羽院の御時、信濃前司行長(しなののぜんじゆきなが)、稽古(けいこ:学問の意)の誉ありけるが・・・(中略)・・・この行長入道、平家物語(へいけのものがたり)を作りて、生仏(しやうぶつ)といひける盲目に教へて語らせけり。さて、山門の事を殊にゆゝしく書けり。九郎判官の事は委しく知りて書き載せたり。蒲冠者(かばのくわんじや)の事はよく知らざりけるにや、多くの事どもを記し洩らせり。武士の事、弓馬の業わざは、生仏(しやうぶつ)、東国の者ものにて、武士に問ひ聞きて書かせけり。かの生仏が生れつきの声を、今の琵琶法師は学びたるなり。』

長い期間をかけて伝承されてきた叙事詩や叙事物語には多数の吟遊詩人や語り手の創造的な変奏(ジャズの即興演奏的な変奏)が積み重なっていると思われます。『かの生仏が生れつきの声を、今の琵琶法師は学びたるなり』も、基本形はあったにせよ、僕はそういう文脈で理解しています。

Photo_20200929130701

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

「面倒くさい人ね」

どちらかというと少々手垢のついたような表現でも、久しぶりに耳にすると新鮮に響く場合があります。

ある知的で穏やかな中年女性が、行動に鬱陶しいところがあり発言にまとまりを欠くところの別の中年女性のことを評して先日つぶやくように使ったのが「面倒くさい人ね」でした。洞察力に満ちたひとことです。それ以外の表現だと別の中年女性の鬱陶しさをきちんと蔽えない。

この表現はぼくが最近は耳にしていなかったというだけで以前からよく使われています。彼女のつぶやきを通してその表現を聴いたのが久しぶりだったせいか、あるいは、こちらの方がよりそうかもしれませんが、中年女性ともうひとりの中年女性という大人の女性の関係性において、相手の深層を描写するその言葉が正鵠(せいこく)を射ていたためか、とても説得力のあるひとことでした。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

「神社に狛犬、寺院に狛犬」、「阿形(あぎょう)の狛犬、吽形(うんぎょう)の狛犬」

狛犬に関して、神社本庁ウェブサイトは次のように説明しています。

『神社にお参りすると参道の両脇に一対で置かれた石製の狛犬を見かけます。神社境内のことを語るとき、鳥居と並んでまず思い浮かぶほど、狛犬は神社にとって一般的なものとなっています。普段、私たちは石製のものを多く目にしますが、このほかに、社殿内に置かれる木製や陶製のもの、また金属製のものなどがあります。』

「一対の狛犬(こまいぬ)」といっても、神社や寺院で狛犬をよく見るとほとんどの狛犬は左右で形が違います。わずかに違うというよりも、顔かたちや表情がけっこう違います。それから「狛犬」といってもとても普通の「犬」には見えない。鬣(たてがみ)を持った猛獣の雰囲気がある。

仏教はインドで始まりましたが、そのインドでは仏像の前に2頭のライオン(「獅子」)を置きました。「狛犬」の形はそこから来ています。仏像といっしょに、当然のことながら2頭のライオン(「獅子」)も日本に入って来て、仏像の前に2頭の「獅子」を置く習慣が始まりました。奈良時代までは「獅子」と「獅子」の組み合わせだったのが、平安時代から「獅子」と「狛犬」の組み合わせになったそうです。

「一対の狛犬」を観察すると、一方は口を開け、もう一方は口を閉じています。そして口を閉じた方には、たいていは頭に角(つの)がある。口を開けているの(阿形 あぎょう)が「獅子」で、口を閉じて(吽形 うんぎょう)角があるのが「狛犬」です。

神仏習合が盛んになったのは平安時代からで、だから狛犬もその所属先・勤務先に柔軟性を発揮できるようになったのでしょう。寺に坐っていてもおかしくないし、神社にいても違和感はない。

下の写真は、高野山・金剛峯寺のなかにある赤い鳥居の神社とその前の一対の狛犬です。全体配置とそれぞれの狛犬(左側が口を閉じて角のある「狛犬」、右側が口を開けた「獅子」)の拡大写真を並べてみます。筋肉や顔つきは猛獣です。

Photo_20200911082001
Photo_20200911082201 Photo_20200911082301      狛犬(吽形と角)           獅子(阿形)

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

徒然草の中の神仏習合

サラッと書いてあるのでサラッと読んでしまうのですが、不思議と言えば不思議な記述です。徒然草の第百九十六段は次のような書き出しで始まります。

「東大寺の神輿、東寺の若宮より帰座の時・・・」(東大寺の御輿が、東寺に新設した八幡宮から奈良に戻されることになったときに・・・)。寺に神輿(みこし)があり、寺に宮(みや)がある。

書いているのは吉田兼好。出家したので「兼好法師」と呼ばれていますが、彼の本名は卜部兼好(うらべかねよし)。「卜部」は卜占(ぼくせん)を司り神祇官を出す神職の家系なので、彼の中では何の不思議もなく「神仏習合」あるいは「本地垂迹(ほんちすいじゃく)」が生きていたようです。

「本地垂迹説」とは、日本の八百万(やおよろず)の神々は、仏教の様々な仏(菩薩なども含む)が化身として日本の地にかりに現れた権現(ごんげん)であるとする考えで――「権」は一時的な、かりそめの手立て、という意味、従って「権現」はかりそめに現れた、という意味――だから、各地に「熊野権現」のような「・・権現」があり、また神社内には神宮寺が作られ、「八幡神」は「八幡大菩薩」という名前でも祀られています。

確かに京都の東寺には小さな神社があります。空海は東大寺に関係していたとしてもその誕生の経緯については不案内でしたが、こういう一節を読むと、兼好が生きていた時代との距離が急に妙に縮まった気分にはなります。

神仏習合が今でもしっかりと存続しているのは、ぼくたちはそれをほとんど意識しませんが、身近な例で言えば、初詣です。ぼくたちはその場所が神社か寺か、とくには気にしません。たいていは近所の、いつもの神社やお寺に参拝・参詣します。そこに仏と神が本地や権現としてあるならそこが神社でもお寺でもどちらでも構わないわけです。

関連記事は、「神仏習合について雑感」と「神と仏の二重構造や神と神の二層構造と、グローバリゼーション」。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

徒然草の中の枕草子、源氏物語や紫式部日記

「方丈記」はさてこれかどうなるのだろうというところでお終いなので、いささか肩透かしを食った気分になるエッセイです。もう一度読もうという気分になりにくい。それに対して、「徒然草」はまた気が向いたら気に入ったところをパラパラと(あるいは丁寧に)読み返してみるかという心持ちになります。有職故実(ゆうそくこじつ)に言及したような段や教科書に載るような内容の段と再び喜んでお付き合いするかどうかはわからないにしても。

「徒然草」を頭から順に読んでみると教科書向きの、つまり、教育官僚好みだと思われるような段は少なからずあって、これは教科書には採用されるかどうかはわからないけれど、第百六段<高野(かうや)の証空上人(しようくうしやうにん)、京へ上りけるに、細道(ほそみち)にて、馬に乗りたる女の、行きあひたりけるが、口曳きける男、あしく曳きて、聖ひじりの馬を堀へ落してげり>なんかもそのひとつです。

それから教科書向きであるかどうかは関係なく、ページを繰っていくと、世に言われる兼好法師らしさの溢れた第七十五段<つれづれわぶる人は、いかなる心ならん。まぎるゝ方(かた)なく、たゞひとりあるのみこそよけれ>や第七十六段<世の覚(おぼ)え花やかなるあたりに、嘆(なげき)も喜びもありて、人多く行きとぶらふ中に、聖法師(ひじりほふし)の交(まじ)じりて・・・>に出会うことになりますし、さらに進むと、第百四十三段<人の終焉(しゆうえん)の有様のいみじかりし事など、人の語るを聞くに、たゞ、静かにして乱れずと言はば心にくかるべきを、愚(おろ)かなる人は・・・>や第二百二十九段<よき細工(さいく)は、少し鈍(にぶ)き刀を使ふと言ふ。妙観(めいくわん)が刀はいたく立たず>が待っています。

しかしそういうのとは違った匂いを持つ文章も少なくなくて、たとえば第百三十七段<花は盛りに、月は隈(くま)なきをのみ、見るものかは>は、<(月影の)椎柴(しひしば)・白樫(しらかし)などの、濡ぬれたるやうなる葉の上にきらめきたるこそ、身に沁みて・・>といった感じで枕草子風の香りを漂わせた段だし――「らしい」辛口や無常観が満載だとしても――、第百三十九段の<花は、一重(ひとえ)なる、よし。八重桜は、奈良の都にのみありけるを、この比ぞ、世に多く成り侍はべるなる。吉野の花、左近(さこん)の桜、皆、一重(ひとえ)にてこそあれ。八重桜は異様(ことやう)のものなり。いとこちたく、ねぢけたり。植ゑずともありなん。遅桜(おそざくら)またすさまじ。虫の附きたるもむつかし>は枕のパロディーを意図したのでしょうか。

また、第百四段<荒れたる宿(やど)の、人目(め)なきに、女の憚る事ある比(ころ)にて、つれづれと籠(こも)り居たるを、或人、とぶらひ給(たま)はむとて・・・>や第百五段<北の屋蔭に消え残りたる雪の、いたう凍(こほ)りたるに、さし寄(よ)せたる車の轅(ながえ)も、霜いたくきらめきて・・・>には源氏物語風の創作の趣きがあります。

それから、第百段<久我相国(こがのしやうこく)は、殿上(てんじやう)にて水を召しけるに・・・>や第百一段<或人(あるひと)、任大臣の節会(せちゑ)の内辨(ないべん)を勤(つと)められけるに・・・>や第百二段<尹大納言(ゐんのだいなごん)光忠卿(みつただきやう)、追儺(ついな)の上卿(しやうけい)を勤められけるに・・・>は情景と対象人物を眺める眼が、紫式部日記の著者の視線を連想させます。

第百七段<女の物言ひかけたる返事(かへりごと)、とりあへず、よきほどにする男はありがたきものぞ」とて、亀山院の御時、しれたる女房ども・・・>は、文体をそれらしいものに変えて、紫式式部日記の後半のどこかにそれとなく紛れ込ませてもそのまま通りそうです(と、勝手に妄想しています)。

以下は、その第百七段の原文と現代語訳ですが、この(谷崎潤一郎ではなく与謝野晶子を思わせる)現代語訳は「徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳)」というウェブサイトから引用させていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

◇第百七段(原文)

 「女の物言ひかけたる返事(かへりごと)、とりあへず、よきほどにする男はありがたきものぞ」とて、亀山院の御時、しれたる女房ども若(わか)き男達の参(まゐ)らるる毎(ごと)に、「郭公(ほととぎす)や聞き給へる」と問ひて心見られけるに、某(なにがし)の大納言(だいなごん)とかやは、「数ならぬ身は、え聞(き)き候(さうら)はず」と答へられけり。堀川内大臣殿は、「岩倉(いはくら)にて聞きて候ひしやらん」と仰(おほ)せられたりけるを、「これは難なし。数ならぬ身、むつかし」など定め合(あ)はれけり。

 すべて、男をば、女に笑はれぬやうにおほしたつべしとぞ。「浄土寺(じやうどじの)前関白殿(さきのくわんぱくどの)は、幼くて、安喜門院(あんきもんゐん)のよく教(をし)へ参(まゐ)らせさせ給ひける故に、御詞(おんことば)などのよきぞ」と、人の仰せられけるとかや。山階(やましなの)左大臣殿は、「あやしの下女(げぢよ)の身奉るも、いと恥(は)づかしく、心づかひせらるゝ」とこそ仰(おほ)せられけれ。女のなき世なりせば、衣文(えもん)も冠(かうぶり)も、いかにもあれ、ひきつくろふ人も侍(はべ)らじ。

 かく人に恥(は)ぢらるゝ女、如何(いか)ばかりいみじきものぞと思ふに、女の性(しやう)は皆ひがめり。人我(にんが)の相(さう)深く、貧欲(とんよく)甚(はなは)だしく、物の理(ことわり)を知らず。たゞ、迷(まよひ)の方(かた)に心も速く移り、詞(ことば)も巧(たく)みに、苦しからぬ事をも問ふ時は言はず。用意あるかと見れば、また、あさましき事まで問(と)はず語(がた)りに言ひ出(い)だす。深くたばかり飾れる事は、男(をとこ)の智恵(ちゑ)にもまさりたるかと思えば、その事、跡(あと)より顕(あら)はるゝを知らず。すなほならずして拙きものは、女なり。その心に随(したが)ひてよく思はれん事は、心憂うかるべし。されば、何かは女の恥(は)づかしからん。もし賢女(けんぢよ)あらば、それもものうとく、すさまじかりなん。たゞ、迷(まよひ)を主(あるじ)としてかれに随(したが)ふ時、やさしくも、面白くも覚ゆべき事なり。

◇第百七段(現代語訳、吾妻利秋訳)

 「突然の女の質問を、優雅に答える男は滅多にいない」らしいので、亀山天皇の時代に、女達は男をからかっていた。いたい気な若い男が来るたびに、「ホトトギスの声は、もうお聴きになって?」と質問し、相手の格付けをした。のちに大納言になった何とかという男は、「虫けらのような私の身分では、ホトトギスの美声を聞く境遇にありません」と答えた。堀川の内大臣は、「山城国の岩倉あたりでケキョケキョ鳴いているのを聞いた気がします」と答えた。女達は「内大臣は当たり障りのない答え方で、虫けらのような身分とは、透かした答え方だわ」などと、格付けるのであった。

 いつでも男は、女に馬鹿にされないよう教育を受けなければならない。「関白の九条師教は、ご幼少の頃から皇后陛下に教育されていたので、話す言葉もたいしたものだ」と、人々は褒め称えた。西園寺実雄左大臣は、「平民の女の子に見られるだけで心拍数が上昇するので、お洒落は欠かせない」と言ったそうである。もしもこの世に女がいなかったら、男の衣装や小道具などは、誰も気にしなくなるだろう。

 「これほど男を狂わせる女とは、なんと素敵な存在だろう」と思いがちだが、女の正体は歪んでいる。自分勝手で欲深く、世の中の仕組みを理解していない。メルヘンの世界の住人で、きれい事ばかり言う。そして都合が悪くなると黙る。謙虚なのかと思えば、そうでもなく、聞いてもいないのに下らないことを話し始める。綺麗に化粧をして化けるから、男の洞察力を超越しているのかと思えば、そんなこともなく、化けの皮が剥がれても気がつかない。素直でなく、実は何も考えていないのが女なのだ。そんな女心に惑わされ、「女に良く見られたい」と考えるのは、涙ぐましくもある。だから女に引け目を感じる必要はない。仮に、賢い女がいたとしよう。近付き難さに恋心も芽生えないだろう。恋とは女心に振り回されて、ときめくことを楽しむものなのである。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

枝を手折(たお)る

先日のブログ記事「桜狩り、サクランボ狩り、紅葉狩り」で、次のように書きました。

《「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」は、折り取られた桜の花枝がそのあたりを歩く(あるいはそのあたりで舞う)人たちの頭髪や帽子(冠)にさされたのがたくさん見られたほうが背景としてはいちばん感じが出ます。もっとも最近は、自宅の庭の桜以外でそんなことをすると少々ややこしいことになってしまう恐れもありますが。》

「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」は古今集と伊勢物語の中の歌なので、十世紀初めの日本では春のお祝いや喜びに花の咲いた桜の枝が人々の手で折り取られていたらしい。

以下は「方丈記」からの引用です。蛇足ですが、鴨長明はその歌が新古今に十首も入集(にっしゅう)された歌人でもあり十二世紀後半から十三世紀初めにかけての方です。

「かへるさには、折につけつつ桜を狩り、紅葉(もみじ)をもとめ、わらびを折り、木の実を拾いて、かつは仏にたてまつり、かつは家づとにす」(帰り道は、季節に応じて、春なら桜の枝、秋なら紅葉(もみじ)の枝を手折り、ワラビを折ったり、木の実を拾ったりして、それらを仏前にも供え、土産にもする)

草庵に一人で住んでいた彼も、季節の折々には、出先からの帰り道に、ワラビを摘み木の実を拾い、そして桜や紅葉の枝を手折っていました。時間の範囲を控えめに言って九世紀の後半から十三世紀の前半くらいまでは、季節の手折りは、自然の草木と人との当時の関係が滲み出たとても自然な行為だったようです。

今年はなかったにしても、たいていは桜の樹の下の宴会で酔っ払って枝を折り取るオジサンやオニーサンという存在が登場しますが、自然保護にうるさいおばさんもそういうオジサンの行為に対して目くじらを立てることもないのかもしれません。

 


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧