道具

2019年9月 5日 (木)

8月下旬から始まる北海道らしいテレビコマーシャル

半袖半ズボンがふさわしい夜の暑さが続いていても、8月下旬になると、北海道ではテレビコマーシャルに新しいアイテムが加わります。そういうことをまだ思い出させてくれなくてもいいとも言えますが、デパートの洋服売り場の季節替えといっしょです。画面の中で新しい季節は急に訪れます。
 
8月下旬から宣伝される代表的な商品は、
 
・冬用タイヤ
・石油ストーブ
・寒冷地仕様のエアコン
 
凍った路面でいかに短い距離で止まれるかが冬用タイヤの訴求ポイントです。灯油を使う石油ストーブは灯油暖房の温かさそのものとコストパフォーマンスを視聴者に印象付けます。以前は例寒地ではほとんど用をなさなかったエアコン暖房も最近は技術革新で、外気温がマイナス15℃でも十分に暖かいことを謳っています。
 
そのうち自動車用品店やガソリンスタンドなどに休日はタイヤ交換のために車が並び、灯油業者の専用トラックが各家庭の屋外用大型タンク(500リットル)を灯油で満たすために走りまわる光景が見られます。
 
少し季節が下ると、上記の三種の神器に、家庭用除雪機の宣伝が加わります。訴求ポイントは女性、家庭の主婦でも操作が簡単なこと。赤い除雪機と青い除雪機が市場を分け合っています。歩いている途中で実際に遭遇するのも赤か青です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

きんぴらゴボウの翌朝は包丁研ぎ

包丁の主たるユーザーは配偶者でぼくは副次的な利用者ですが、包丁研ぎはもっぱらぼくの役割です。包丁は定期的に研ぎますし、当方のリクエストできんぴらゴボウなどをいっぱい作ってもらった後は包丁の刃がゴボウの硬い繊維で確実に傷むので、そのままにしておくと他の食材の切れ味が悪くなる。きんぴらゴボウの翌朝は早朝からその包丁を臨時に研ぐことになります。

包丁の切れ味に点数をつけて貰っています。「恐ろしいほどよく切れる」というのを100点満点とすると、そういうのは年に一度くらいはあるのですが、たいていは80点から85点くらいの評価です。気を遣ってもらって90点。

研ぐときのストロークを長くし、刃が砥石にあたる角度も一定に保つようにしている積りですが、切れ味に差が出るのはそのあたりにバラツキが出るのでしょう。「今日は恐ろしいくらいよく切れる」と評価されても、研いだ本人にはどうしてその日はそういう特別な仕上がりになったのか、いつもと同じことをしている積りなのでその理由がよくわからない。

しかし、そういうバラツキはあっても研いだあと刃先をすっと指の腹で撫でて味わう刃の感触は、たかが家庭用の包丁ではあってもなかなかにいいものです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

2019年8月 2日 (金)

赤紫蘇で染まってきた梅干し用の竹の平籠

梅の天日干しが終了すると、柔らかくシャワーで湯洗いして、その後三日間くらい乾燥させ、無地の布に包んで翌年の同じ時期まで仕舞っておきます。

梅干し作りの「土用干し」工程で使うこの竹の平籠は毎年少しずつ赤紫蘇の赤に薄く染まっていくのが風情です。サイズは60㎝と90㎝の長方形で、二枚セットで、青梅8kgから10kgに対応できます。今年は8kgの南高梅を梅干しにしたのですが、個数は396個でした。

20190801

使い始める前のこの平籠の色味は、6年前には下の写真のようでした。目をずらしてやや複雑な交叉に編んだ竹がこの6年間で渋い淡い赤に染まりました。(この編み方は、網代〈あじろ〉編みといい非常に頑丈な竹編みです。)

全体を支える木枠は杉板で作られています。料理で使う「へら」は、杉やヒノキの木べらはすぐに乾きますが、竹べらはなかなか乾きません。だから、台所で竹べらは使わない、というのはさておき、竹の平籠なので、時間をかけて乾かします。

Photo_20190801113201

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

北海道の日帰りバスツアー

ある旅行会社から観光旅行のパンフレットが送られてきました。以前、その会社の「日帰りバスツアー」に配偶者といっしょに参加したことがあるからです。

日帰りバスツアーのページを開けるといちばん目立つあたりに「夏の積丹(しゃこたん)へ」とあり、そのなかに、ぼくたちもお世話になったコースが全く同じ構成で掲載されていました。こういう構成は変えようがない。「積丹で食す!豪快!ごはんが見えないウニ丼。」

お酒の好きなひとは、団体ツアーであっても一杯やりながらゆっくり「ウニ丼」を賞味するのがいい。軽く酔ったあとで、積丹海岸の積丹ブルーを満喫できます。途中で北海道の地酒のひとつであるところの余市のウイスキーも味わえるので、こういうのはバスツアーに限ります。

配偶者は、以前はウニにはまったく興味がありませんでした。美味しくなかったからだそうです。理由はウニの保存(型崩れ防止)のために添加してあるミョウバンです。北海道で「塩水ウニ」を口にしてその評価が劇的に変わりました。殻から取り出したウニを海水と同じ濃度の塩水につけてあるのを「塩水ウニ」と云います。不味いわけがない。

ページを繰っていると、北海道(あるいは札幌)らしいユニークな日帰りツアーもありました。「日本の空を護り続ける戦闘機航空団最北の基地 千歳基地航空祭」。最近の事故ニュースや映画で話題のF-35ステルス戦闘機は無理だと思いますが、現地に行けば、政府専用機や編隊飛行をするブルーインパルス、離着陸し基地上空や周辺を低空飛行するF-15の爆音と空気振動を味わえると思います。

最新鋭戦闘機は最新鋭の武器なので、つまり最新ハードウェアと最新ソフトウェアのある種の極致の組み合わせなので、それだけで拒否反応を起こすかたもいらっしゃるかもしれませんが、洗練されたロボットメカニズムやエンジニアリングに憧れる男の子や女の子、AIに憧れる少年や少女にはけっこう刺激的なイベントかもしれません。それに映画の「空母いぶき」効果で、今年は女性の参加者が増えるかもしれない。

まだ当時と似たような素朴なモデルが市販されているみたいですが、子どもの頃に木と竹・竹ひごと紙とアルミニウム管のゴム動力模型飛行機を組み立てて遊び(竹のプロペラの機体がまっすぐ飛んでいってどこかで行方不明にならないように左に大きく回転する風に作り、けっこう長く飛行しました)、それから、第二次世界大戦のイギリスやドイツや日本や米国などのレシプロ戦闘機の形と性能をほとんどすべて記憶していた身としてはけっこう戦闘機に対する思い入れがあります。

「千歳基地航空祭」のすぐ隣に「ススキノ・ホストクラブでお姫様体験」という案内があり、「戦闘機」と「ススキノ」は面白い組み合わせですが、「ススキノ」のほうが「千歳」よりも倍くらい値段が高い。それでも1万円未満に抑えてあります。博多でも東京でも同じことは簡単にできるので、札幌独特のツアーというのではないと思いますが、去年もパンフレットで見た記憶のあるツアーなので、最近はそういうニッチ市場が常に存在するということなのでしょう。今年から始まったツアーは「新コース」と書いてあり「お姫様体験」にはその注釈がないので、やはり定番コースのひとつのようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年5月 8日 (水)

引っ掛けるタイプの風呂掃除用具や、窓ガラス掃除のことなど

休みが続いたし暖かくなったので掃除の話です。

配偶者は熱心に掃除をします。ぼくも掃除が嫌いではない。普段はそれぞれの持ち場を担当しているのですが(たとえば、台所やお風呂や手洗いは配偶者の担当、床全般や窓ガラスはぼくの担当)、ぼくの床掃除の結果が気に入らない場合は、配偶者が同じ場所や隅をフロア用シートでオーバーライドする場合もあります。

写真は浴槽・浴室用の抗菌スポンジです。汚れがよく落ちる上に、水切れがいい。使わないときは壁のタオルバーにスポッと引っ掛けられます。そういう大きさの穴と切り込みがついている。配偶者のお気に入りです。どなたが最初に考案したのか知りません。よくできています。

これは各家庭の好みの問題ですが、台所にせよ風呂場にせよ、使わない時間帯にはそこに何もない状態が気分がいい。床でたとえてみると、お掃除ロボット(を使うとして、それ)がストレスなく自由に動き回れるような状態です。だから、風呂場にも床や棚には何もない方が望ましい。

最近は風呂場の掃除のしやすさと(石鹸やシャンプーを含むところの)浴室関連用品のきれいな収納を追求した結果なのか、吊るすことのできる、ないしは、汚れの原因となる余分なものを使わずに引っ掛けることのできるタイプの商品が増えてきたようです。写真の商品もそのひとつです。

しかし、何でも壁に吊り下げる、何でも空中に引っ掛けるを遣り過ぎると、ちょうど、プロの調理場の雰囲気だけをまねて、調理器具や調理道具を(日常的に使うものもそうでないものも)やたらとぶら下げてある料理の下手な家庭の台所と同じで、とても使い勝手が悪くなるかもしれません。

A_2

B

窓ガラス掃除はスクイジーです。

風呂場でも濡れた鏡や壁をサッときれいにするのに簡易スクイジーが便利ですが、窓ガラス掃除担当のぼくが使うスクイジーはそれなりに本格的なタイプです。春になると冬の吹雪や冬の外気などで汚れた窓ガラスの掃除が必須です。暖かい休日の風のない昼過ぎくらいがいちばんやりやすい。春の最初の窓ガラス掃除は、一度ではきれいにならないので、好みの濃さに薄めた洗剤を用意し、続けて2回か3回スクイジーをかけます。そこに窓ガラスが存在しないような仕上がり具合だととても気分がいい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

ストローは麦わら

ストローはぼくは使わないので、もっと正確に言うと、ストローが必要な飲み物は家でも店でも飲まないので、ミクロ的にはどうでもいいのですが、最近のストロー素材のデフォであるところのプラスティック製(ポリプロピレン製)が、たとえば一部のファストフード店などでは、ECなどでの流れに応じて、マクロの観点から使用禁止になるらしいです。

以前はストローは麦わら(麦藁)でした。ストローという語の意味そのものが、その素材であるところの「Straw(麦わら)」からきています。夏の必需品だった(今でも一部の人たちにはそうであるところの)麦わら帽子の素材であるところの麦わらです。麦稈(ばっかん)ともいいます。

プラスティック(ポリプロピレン)製のストローが世に出てきて段々と蔓延(はびこ)ってきたときには、その風情のなさに驚きあきれたものですが、それが廃止ということになると以前の風情の一部が取り戻せそうです。全部が麦わらという具合にいかない場合は、麦わらのような品の良い紙製になるのか、それともストローなるものを使わなくなるのか。派手な色彩の紙素材だとかえって興ざめです。

プラスティック・ストロー廃止のニュースを聞いて、プラ以外の素材のストローがあることに驚いている若い女性が少なくないみたいですが、生まれてからずっと麦わらストローの存在を知らないのだから仕方ありません。

余談ですが、夏の終わりの北海道では、麦稈(ばっかん)ロールと呼ばれる、麦の穂を刈り取った後の麦わらを丸めて作った、直径が大人の背丈よりも高い短い円筒形のものが麦畑にゴロゴロと並んでいます。麦稈は牛の寝床に敷かれます。

下の写真は(手持ちの写真がなかったので)「森の中の支配人」さんのTwitter【#畑の学校】からお借りしたものです。麦稈ロールと麦わら帽子がいっしょに撮影されています(「森の中の支配人」さんにはこの場を借りてお礼申し上げます)

Family
       麦稈ロールと麦わら帽

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

ゴム長の出番

ゴム長といっても膝下までの長いのではなく、短いゴム長の出番です。人に会うときにはさすがに無理ですが、ちょっと近所に野菜などを買いに出かけたり、近所の郵便ポストに郵便物を投函する場合などには便利です。この時期の必需品です。女性用のおしゃれなゴム長もありますが、基本的に歩きやすい種類の靴ではありません。あくまで実用の履物です。

日中最高気温がプラスになる日が継続すると、夜中や明け方の最低気温は氷点下のままであっても、車道や歩道に水が溢れはじめます。

歩行者の立場からしてとくにやっかいなのが横断歩道と歩道とが接するあたりです。けっこう深い水たまりになっていることが多いので普通の靴では歩けない。普段の革の冬靴で何とかしようとするなら、水中を爪先立って歩くしかありません。その冒険が途中で失敗すると、その歩行者をどういう悲劇が待っているかは想像に難くない。

あたりはまだ根雪が残っています。車道の雪は車線の確保のためにすぐ隣の歩道に移すのですが、歩道も一定幅の歩行空間が必要なので、除雪車が1.5メートルくらいの幅の歩道を作ります。つまり、そのあたりは硬くなった雪の壁が小さな万里の長城になって続いていて、水たまり形成のための水の供給源にはまったく苦労しません。だから水に強いゴム長の登場です。

たいていの車は、それが大型の業務用であれ小さな自家用であれ、そういう水たまりのすぐそばや水たまりのなかを普通の速度で走っていきます。だから、横断歩道で信号待ちをしているときは、水たまりをよけるだけでなく、濁った水のしぶきが飛んでくるのを避けないといけない。たいていの車は、水しぶきを歩道側に跳ね上げながら走っていくのがお好きなようです。好きというよりもそんなことをいちいち気にしていられないのでしょう。歩行者は専守防衛です。

ゴム長がいちばん活躍するのは、札幌では雨の季節ではなく(幸いなことに日本各地で見られるタイプの長い梅雨は札幌にはありませんが)、雪融けが始まるこの季節です。もっとも、急に寒い日(最高気温が氷点下の冬日)が連続してぶり返すと、そのあたりはがたがた状態の濁った氷の広がりに変化します。でも、ゴム長は、靴底が滑らないので、そういう場合でも履き替える必要はありません。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

英語の基本料理用語集

手元にあると便利なので「英語の料理用語集」というのをスマホとPCに置いてあります。そういう趣旨の簡易版が文字情報としてネットで公開されており、「計量用語」が6個、「調理器具用語」が25個、「調理用語」が40個、「火力用語」が5個含まれていました。それぞれのグループから2個ないし3個用語を取り出すと、たとえば以下のような具合です。

「計量用語」(6個)
tsp=teaspoon 小さじ (5cc)
tbsp=table spoon 大さじ (15cc)

「調理器具用語」(25個)
grater おろし器
strainer ざる

「調理用語」(40個)
core 芯を取る
grill 焼く
steam 蒸す

「火力」(5個)
low heat, low flame 弱火
high heat, strong fire 強火

しかし、それだけではもの足りないし、文字だけだと印象が薄い。また、調理器具用語にはgraterがあっても調理用語にgrateがないといった不平等さもあるので、項目の不足分を補いながら、画像情報はネットから適当な写真をお借りして(あるいは自分で撮影したものを加えて)、私家版の写真付きいいかげん用語集をつくりました。その結果、たとえば、grateとgraterの項は以下のようになっています。

grate (チーズや大根などを)すりおろす


grated raddish 大根おろし Photo

 
grated turmeric おろしたウコン Photo_2


grater おろし器(金) Photo_3 S


grater 山葵(わさび)用おろし板 shark skin 鮫皮 S_2

それから、Simmerはboilと違って100℃未満で沸騰させずに煮ることですが〈Simmering is a food preparation technique in which foods are cooked in hot liquids kept just below the boiling point of water (which is 100 °C or 212 °F), but higher than poaching temperature.〉、写真があった方が(その差が)わかり易いので次のようなものを探してきてくっつけてあります(写真はネットからの借り物です、この場を借りてお礼申し上げます)

Simmer_not_boil Simmer_not_boil_s

ときどきは役に立つ。手元にあるとそれなりに便利です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

白いタオルと手作り雑巾

雑巾(ぞうきん)は最近ではすっかり市販の商品になったみたいです。スーパーでも100円ショップでもインターネット通販でも綿100%タオル地が素材のまっさらな雑巾を売っています。手軽で人気があるのでしょう。しかし、我が家ではそんなもったいないことはしない。雑巾は手作りです

我が家の手作り雑巾の素材には二種類あって、ひとつは企業のロゴマーク入りの宣伝用タオルといった貰いものタオル、もうひとつは自宅の洗面所や浴室で使い古したタオルです。前者はたいていは繊維の品質やロゴの存在が洗面・浴用向きではないので余分なところをカットしてすぐに雑巾にします。使い古したタオルは、質のいいのを使っているうちにくたびれてきたものなのなので、最後のお役目として雑巾になってもらいます。裁ち鋏とミシンがあれば簡単です。

「昔ながらの白いタオル」というタオルがあったので3枚セットを試しに買ってみました。商品の説明コピーに『最後に雑巾になれれば、本望です』というのがあったからです。品質は配偶者の選択基準をなんとか通過しました。あとはしっかりと使い込んで雑巾にするだけです。

下の写真は企業の地味な宣伝タオルからロゴの入ったあたりを切り取り、雑巾向きのサイズにカットしたあと、ミシンをかけ、水通ししたもの。畳んであったので折り皺がありますが、まだ雑巾としてはデビューしていません。こういうストックを常に3~4枚くらい持っていると便利です。

B2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

除雪機の季節

今年は雪が遅くて嬉しかったのですが、もう逃れられないようです。多分これからは、降ったあと溶けないままの雪に新しい雪が重なって、根雪になっていきます。

北海道では、10月になると、二つの冬製品のテレビコマーシャルが活発になりますが、そのひとつがスノータイヤで、もうひとつが除雪機です。除雪機といっても市役所なんかが使う本格的な業務用ではなく(そういうものはテレビで宣伝してもしようがない)、家庭用の除雪機です。

実際には他にも参加企業があるのかもしれませんが、ぼくの目につく範囲では二つのメーカーの寡占状態で、その二つのメーカーの共通項は、オートバイ製造といったらいいのかエンジン製造といったほうがいいのか。

除雪機の色は赤と青で住み分けています。安全に配慮した設計とはいえ取り扱いに気をつける必要のある機械なので、白い雪の中で目立つように、赤と青です。これ以外の目立つ色は難しいので(あとはオレンジ色くらいか)、それが理由で二つのメーカーの寡占が継続していると勝手に理解しています。

下は、この前の土曜の早朝に比較的近所で活動していた青い除雪機です。客の出入りする施設のまわりで作業をしていました。小型業務用なのか大型家庭用なのか区分がつきませんが、いずれにせよ除雪機の足回りは雪に埋もれないようにキャタピラーです。

Photo

ちなみに、赤い除雪機メーカーの宣伝では、操作が簡単なことを訴求するためか、除雪作業しているのは必ず若い女性。たとえば除雪用のスコップはどこの家庭にもあるので中年女性でもいいと思いますが、どういうわけかそういう年齢の女性は登場しません。

次の写真は、市役所などが委託稼働させている中規模の除雪機のキャタピラー跡です。アイスバーンになった道路に雪が降り、その雪を深夜に取り除いたので早朝のアイスバーンの上にキャタピラーの跡がきれいに残っています。

Photo_2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)