道具

2020年11月18日 (水)

「すべり止め用砂が入っています、ご自由にお使いください」

札幌市内では「雪の準備」が現在進行中です(半ば以上は現在完了形ですが)。身近なものを四つあげると、

・街中の(たとえばオフィス街の)低木や灌木の雪囲い
・道路際の赤白ポール
・「落雪注意」の掲示板
そして
・交差点の滑り止め用の砂と砂箱

です。

雪囲いは札幌に限らず雪国では冬の見慣れた風景ですが、楽な準備ではありません。

赤白ポールは、車道と歩道の境界に立てる棒で、雪が厚く積もるとどこまでが路肩かわからなくなるのでそのための印です。除雪の利便を考えて、北海道では歩道と車道の間にガードレールがないところがほとんどで、札幌も例外ではありません。ガードレールがあっても雪に埋もれて見えなくなるし、除雪車の作業の邪魔になります。

「落雪注意」の掲示板は、ホテルや大きなオフィスビルの入り口あたりの一階地面に置かれていることが多いのですが、屋上から雪がどっさっと落ちてくる危険性があるのでそのための注意喚起です。

下の写真は札幌駅に近い鉄道高架下の交差点に設置してあった砂箱です。「すべり止め用砂が入っています ご自由にお使いください」と目立つ文字で書いてあります。10日から一週間くらい前に降り積もった雪が今は消えてしまったので、この砂箱も手持無沙汰な風情ですが、滑り止めの砂が主要交差点に用意され始めると雪の季節の始まりを改めて実感することになります。

20201117


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

戸外でタクアンを発酵中

19リットル(約一斗)のホーロー容器に詰め込まれ、そのホーロー容器がまたゴミ対策と寒さ対策を兼ねたクーラーボックスに入り、タクアンは実際には以下のような感じでゴールデンウィーク明けまで発酵を続けます。

最初の一本を取り出し、そして食べ始めるのは1月末か2月初旬からで、取り出し終わるのはゴールデンウィーク開けです。タクアンを発酵させながら上から順に取り出して食べていきます。それより長く発酵させ続けるとやや酸っぱくなるので最後の数本は糠を付けたままを一本ごとに真空パックして冷蔵庫で貯蔵します。全部を食べ終わるのは6月半ば、という予定です。

手前味噌の味噌汁と同様、朝ごはんの必需品です。

A_20201108102901
             夕方のクーラーボックス


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

漬け込んだ大根が発酵し始めた

天日干しした大根は11月4日に漬け込んだあと、発酵が順調に進行していることが確認できるまでは、家の中の北側の部屋の一画に置いておきます。

発酵中の匂いが部屋に漏れないように大きなポリ袋で覆って留めてありますが、それでも2日ほど経ったころからは発酵中の香りが容器のまわりに微かに漂い始めます。念のため、ポリ袋を外し、容器の蓋を取って重しの隙間から発酵の具合を糠(ぬか)の色や香りで確かめますが、少し緊張して同時にわくわくする瞬間です。

順調に発酵が進んでいます。あと2日ほどそのままにしておいて、天気の良い日に戸外の雨や雪の降り込まないあたりに出し発酵を続けてもらいます。

このままの格好で外に出すのではなく、ゴミ防止と、それからこちらの方がより重要ですが寒冷気候対策に――氷点下の冷気で凍るといけないのでその対策に――写真のような大型(45リットル)キャンプ用クーラーボックスの中に入れておきます。

202011044 Igloo-ice-cube-b


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

三世代の料理用温度計

三世代の料理用温度計です。

Photo_20201009194101

いちばん左が第一世代。配偶者が小学生の時に買ってもらった理科の雑誌のおまけだったそうです。なつかしい感じのアナログ温度計で数年前までは我が家の台所で現役でした。目盛りはマイナス20℃から110℃。じつに物持ちがいい。

まん中が第二世代。デジタル温度計です。10年ほど前に購入。下の白い細長いキャップを取ると長い針状になっており、それを対象物(調理中の料理など)に差し入れて温度を測ります。コイン型のリチウム電池を使い、測定範囲はマイナス50℃から250℃。欠点は、短いので熱いのを測りにくいというのを別にして、第一世代と同じで、料理と接触する測定部分を測定直前に熱湯消毒する必要があること。測定時間と表示周期は1秒と短いものの、瞬間的には測れない。

いちばん右が、買ったばかりの第三世代の料理用温度計で、非接触測定のデジタル表示です。測定範囲はマイナス30℃から400℃まで。単4乾電池2個で稼働し、調理中の料理に向けて(近づいて)ピッとやるとけっこう正確に測れます。熱湯消毒の必要もないし、ほぼ瞬間的に対象物の温度を表示してくれます。

こうした料理用温度計を我が家で何にいちばん頻繁に使うかというと、熱いものなどもいろいろ測るとしても、大根の「べったら漬け」を作る時です。

縦に二つに切った大根のまとまった大きさの切り身を塩漬けにしたのを、わずかな塩と唐辛子と柚子を加えた「甘酒」に、五日から一週間くらい漬けこんでおくと、「べったら漬け」ができ上がります。軽い塩味と軽い甘みが特徴の、タクアンなどとは方向のちがう軽快な感じの漬物です。

つまり、「べったら漬け」には「甘酒」が必要です。

では「甘酒」はどうやって作るかというと、原料は米麹(こめこうじ)と白米(炊きたてご飯)。米麹と少し冷ました炊きたてご飯を混ぜ合わせて温度を60℃くらいに維持してやれば半日(10時間くらい)で甘酒ができ上がります。シンプルな発酵プロセスです。ただし麹(こうじ)菌は70℃以上だと死んでしまうので温度管理が重要です。そこで活躍するのが写真のような料理用(ないしは理科実験用)温度計です。

しかし実際に温度測定に細かく気を遣うのは、米麹と少し冷ました炊きたてご飯を70℃未満で混ぜ合わせるという発酵工程の最初の段階だけで、そこを無事通過すれば、あとは発酵温度を60℃くらいに保ち続ける電気調理器具がその後の半日の面倒を見てくれます。

20190612  
           べったら漬け


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

寒くなる前に窓ガラス掃除

よく晴れていたので、先週の土曜に朝から正午にかけて、できる範囲で窓ガラスの外側部分の掃除をしました。「十分に暖かくなったので窓ガラス掃除」の続きです。

季節の窓ガラス掃除としては、「十分に暖かくなったので窓ガラス掃除」がいわばオープン処理で、今回の「寒くなる前に窓ガラス掃除」はクローズ処理です。両方で時間をかける季節の窓ガラス掃除のセットということになります。丁寧な窓ガラス掃除はそういう行動が誘い出されるほどに天気が良くないとやる気になりません。土曜日はいい天気でした。ピカピカになったガラス窓から忍び込んでくる陽の光というのはいいものです。

それまではずっと素朴なスクイジーで手作業だったのを、「窓ガラス掃除用バキュームクリーナー」に初めて切り替えたのが昨年の秋です。使い勝手も結果もよかったので今年の6月の本格的な窓ガラス掃除もその電動器具と専用洗浄剤を使いました。今回の窓ガラス掃除もそのバキュームクリーナーと専用洗浄剤です。念のためにマスクをして作業を行います。新型コロナのお蔭でマスクはいっぱいあるので。

スクイジーで手作業のときにはいろいろな洗浄剤(とくに成分的に危険でないもの)を試しましたが、汚れ取り・汚れ防止という機能に関しては、当該専用洗浄剤の性能に敵(かな)わないようです。

配偶者やぼくの気分の中では――物理的かつ論理的な相関はないにしても――この掃除は、10月下旬にタクアン作りのために10日間くらい大根を天日干しするという作業の前工程みたいなものです。きれいになった窓ガラスを通してみる天日干し中の大根という景色は悪くない。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月29日 (火)

スマートスピーカーをペアでステレオスピーカーに

誰が言い始めたのかは寡聞にして存じませんが、OS(オペレーティング・システム)搭載の機器や器具をスマート云々と呼んでいます。携帯電話がOSを持つとスマートフォン、スピーカーにOSが組み込まれるとスマートスピーカーという具合です。その状況をAI機能搭載などと過剰広告に近いようなメッセージで形容するところもありますが、それはご愛嬌として受け取ります。

OSやその周りの関連ソフトウェアがもっと大きな対象にビルトインされて更新されていく状況を拡張・拡大していくとスマートカーやらスマートハウス、スマートシティーということになりますが、ぼくは不便な環境(つまり、スマートでない環境)というのもけっこう好きです。

音のいいステレオ再生装置として機能するネットワークスピーカーというのを探していました。スマートスピーカーはカテゴリー的にはそのうちのひとつです。小型で配置が自由で価格も穏当なものが対象です。

CDをセットしてこれからいい音楽(たとえば、アンナー・ビルスマの「バッハの無伴奏チェロ組曲」、あるいは菊地雅章の「黒いオルフェ~東京ソロ2012」など)を堪能するという感じで音に向き合う場合は、従来通りの再生装置の前に坐るに如(し)くは無い。

しかし、そういうのが面倒な場合や何かを作業しているときのBGMとして特定の曲やアルバムを聴きたい場合に、購入した多数のCDの中の曲をすでにPCやタブレット端末の音楽管理ソフトに取り込んであるときは、その音源を利用したほうが簡単だし便利です。従来の再生装置はそういう具合にはいかない。だからステレオ仕立てのネットワークスピーカーが追加的に必要ということになるとしても、音のひどいもの――このなかには設計者の作為が過ぎているような音も含まれます――には興味がありません。

このブログでは工業製品やソフトウェア製品に関してはあまり特定の商品名を出さないようにしているのですが――例外は農産物や食材で、北海道産の「ゆめぴりか」や「大豆」、奈良県産の「南高梅」、福井県で作られた「干し昆布」、大阪の「塩昆布」といった書き方はよくします――、ここではその私的規則から外れます。

ぼくにとっていい音を出すスピーカーの個人的な基準は、B&O (Bang & Olufsen) 製の(今は中古でしか手に入らない)BeoLab8000のような官能的な臨場感に溢れ、澄んだ歯切れのいい音を出すもので、ネットワークスピーカーも何となくそれに雰囲気が近いものが望ましい。

で、時間をかけて複数候補の現物の音を聴いて、落ち着いた先はAppleのHomePodのペアでした。白いのを選んだので淡いベージュの壁に溶け込みハードウェアとしての存在感が希薄なところも――つまり、音楽だけがどこかわからないところから湧いて出る感じ、スピーカーが論理的な存在になったような感じも――悪くありません。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

ネットワークスピーカー候補を引き続き調査中

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴」の続きです。

オーディオメーカーの中にはソフトウェアに弱いところもあるので、そういうところの製品(ここではネットワークスピーカー)でハードウェア機能的にはすぐれものがあってもそれが売れ筋でないとソフトウェア更新も遅れ遅れになり、そのうち捨て置かれてしまい、やがて製品カタログから消えてしまう(つまりサポートの提供も消滅する)というのは十分に予測される事態です。そういう事態が予測されるものは選択肢から外します。

スマートフォンやタブレット端末に組み込まれている機能のひとつに音声インターフェースというかおしゃべりインターフェースというか、そういうものがあります。そういうものについてのぼくや配偶者の評価は低くて、何かの具合で間違えてそれが機能し始めるとぼくから出る声は「うるさい」「しゃべるな」「黙ってろ」「お前は本当に頭が悪いね」くらいです。ぼくはまだそこまでの時間を取ってあげる親切心がありますが、配偶者はまったくのシカトです。

そのおしゃべりインターフェースを活用するために開発されたのが、宣伝等によればスマートスピーカーと呼ばれるものらしいのですが、我が家にそういう騒音インターフェースを利用するというニーズはありません。

しかし、です。そのスマートスピーカーを2台、ペアで組み合わせて左右に割り振ればけっこう音の良いステレオスピーカーとして使えるものがあるらしいことに気がつきました――実際は配偶者がそれに気がついてぼくに教えてくれたのですが。スマートスピーカーのおしゃべりインターフェースにはまったく興味はありませんが、そちらの、いわは設計製造販売会社にとっての副次機能にはとても関心があります。売り場で、ステレオ仕立てで音が聴けるかどうかはわからないにしても、一本なら、音の具合をゆったりとした空間で確かめられそうです。

連休中は「人混みを離れて」を実行していたので出かけたのはご近所野菜の購入と速足散歩くらいでした。売り場が暇そうな曜日を選んで好みの音楽を試聴してみるつもりです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

「脱力系ジャケット」

かっちりとしたのでなくニット風味のジャケットの人気が高まっているというのは知っていました。デパートの洋服売り場でもそういう傾向のジャケットが並んでいます。それが、新型コロナ以降のテレワーク、リモートワークの普及で加速されたようです。画面上はそれなりにきちんとした格好に見えること、ただしゆったりとした着心地であること。

ぼく自身も、数年以上前に、ぼく自身の勝手な呼び名だと「カーディガン・ジャケット」を購入し、それ以来、重宝しています。カーディガン感覚で羽織れるのですが、襟つきの三つボタンだし色は紺色なので、春と秋は、近所を歩く時にちょっと引っ掛ける上着以上の活躍もします。

自宅に定期的に送られてくる通販カタログには、非かっちり系ジャケットもここまで来たかというような商品とそれにふさわしい宣伝コピーが躍っています。見ているだけで楽しい。

ご存知の方は既にご存知かもしれませんが、ぼくがいささか驚いたのはある良質なタオルを使った「タオルジャケット」。「タオル素材を使用した、軽快なジャケットが登場。・・・カーディガン感覚で羽織れるのでリモートワークでも活躍します。・・自宅で洗えるのも便利です。」

その他いくつかあって、極めつけはそのコピーが「脱力系ジャケット」というもの。素材はウール100%。説明コピーは「カーディガンのように気楽に、ワッフルニットジャケット」。「脱力系」というコピーが光っています。

新型コロナが発生しなかったら、この流れはここまでは加速しなかった。新型コロナは少しはいいこともしたようです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴

先週末に、あるお店のオーディオコーナーでスピーカーの視聴をしてきました。視聴したのはネットワークスピーカーと呼ばれているタイプです。実際に音を感じてその音の流れを浴びてみないとそのスピーカーの音の塩梅が実感できません。で、好きな音楽を選択的に保存してあるところのスマートフォンを持参していくつかの製品を視聴です。

先日「従来タイプのステレオスピーカーは若い人には絶滅危惧種?」で次のように書きました。

「最近人気のワイアレススピーカーというのかネットワークスピーカーというのかについてざっと調べてみました。音に対するニーズの変化がなんとなくわかりましたが、提供される音そのものの質が変わったとも思われません。凄く割り切った書き方をすると、ワイアレススピーカーを利用して家庭内のいろいろな場所でスマートフォンやテレビを媒体に室内に心地よく拡がる音を楽しみたいので、別にステレオである必要はない、モノラルでも構わない、ということみたいです。もちろん、ステレオ仕立てのワイアレススピーカーもありますが。」

それはネットや雑誌などで調べた情報で、自分の耳で感じたものではないので、実際のネットワークスピーカーなるものが出す音に、つまりそのライブ感(たとえば、すぐ目の前で人が歌い、すぐその隣でピアノの音がその声に絡む)に自分の耳がどう反応するか、それを確かめたい。勝手に視聴できるのはBluetooth経由という環境に限定されますが仕方ありません。

モノラル仕立てのものは、どうハードウェアとソフトウェアの音響技術を駆使してサラウンドスピーカー風に仕立てようと、やっぱりそういう種類の音でしかないようです。ぼく向きではない。あるいはその場で一緒に音を聴いた配偶者向きでもない。ステレオ仕立てのものにはそれなりに心を動かされるの音を出す(出しているらしい)ものが二つほどありましたが・・・。

そういうネットワークスピーカー環境が今までの音と比べてアップサイジングになる人にとってはモノラルであっても低音の豊かなスピーカーになり、その環境が相当なダウンサイジングになる人にとっては、その製品の物理的な大きさなども考慮してどこでその音と妥協するかが問題になる、ということのようです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

古くて重厚なビジネスバッグ

ある時期にはよく使ったけれど、機能的に時代の流れと合わなくなってしまい、しかし美術品的な美しさがあるので保管してある道具(ないしは持ち物)というのがあります。下の写真のビジネスバッグはそのひとつです。

2_20200821082901

ビジネスバッグと大まかな用語を使いましたが、実際にはアタッシュケース(attache case)とかブリーフケース(briefcase)と呼ばれている種類の頑丈な牛革製のカバンです。両方とも米国で購入したのですが、買ったときに店員から、手入れはワックスではなく水拭きで、と言われました。

このブリーフケース用の革はベルティングレザーといいます。英語だとbelting leather です。だから、この質の革を使ったブリーフケースはbelting leather briefcaseと総称されています。重厚感のある皮革が特徴ですが、実際にとても重厚で丈夫です。使い込むにしたがって味わいが増します。

ベルティングレザー(belting leather)とは、文字通り「ベルト用皮革」という意味です。「ステアハイド(Steerhide)」を植物タンニンで鞣(なめ)しオイルで仕上げたヌメ革の一種で工業用のベルトなどに使われるとても丈夫な革です。だからベルティングレザー(ベルト用皮革)と呼ばれています。

「ステアハイド(Steerhide)」とは、生後3〜6ヶ月以内に去勢され、2年以上経った牡(雄)の牛の皮のことです。生後3ヶ月~半年程度で去勢されると穏やかな気性になるためキズが少なく厚みが均一な皮が得られるそうです。(かつてテレビ用西部劇ドラマに「ローハイド(Rawhide)」というのがありました。「生の皮」という意味ですが、カウボーイ達がズボンの上に着用する革製のズボンカバーを指していたようです。)

ベルティングレザーは元々オイルを含んでいるのでメンテナンスにオイルやワックスは基本的には必要ありません。むしろ使わない方が良いとも言われています。だから店員の「手入れはワックスではなく水拭きで」というアドバイスになります。

味わいがあり手に提げていても見ていても飽きないカバンです。床に置くとピタッと安定しています。がっしりと丈夫だし、皮革の重厚感が漂うので、紙の資料や貴重な書類の持ち運びには最適です。それ自体の重さが3.1㎏と軽くないし、横幅が46cmあるので、車通勤のかたや車で自営のかたには便利だとしても、満員電車にこれを手に提げて乗り込むのはあまり向いていません。電車や地下鉄の座席に座る場合も左右のお隣ときっちりと腰掛ける場合はこのブリーフケースがお隣の膝に当たりヒンシュクなので、疲れているので座りたいなと思っても我慢して立っていました。

そこまではいいとしても、だんだんと機能的に時代の流れと合わなくなってしまいました。ノートブック型PCの持ち運びには向いていない。ノートブック型PCは、蓋を開いて取り出すのではなく、縦にスッと仕舞って使うときは抜き出すように取り出せないと便利ではありません。それにスマートフォンの収納も便利とは言い難い。

で、だんだんと使われなくなり、同じベルティングレザー製でもソフトタイプでジッパー付きのブリーフケースが日々のコンパニオンになり、気が向いたら取り出して鑑賞され、必要なら拭き掃除のような手入れをされるだけという境遇です。でも革の擦(す)れやちょっとした傷も新品には決して出せない味わいであり、そういう意味ではいつまでも美しい道具です。



人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧