環境

2021年2月24日 (水)

冬のシャクナゲ

シャクナゲ(石楠花)は常緑広葉樹です。奈良の室生寺などでは手入れのされたその常緑広葉樹の姿を数多く堪能できます。しかしシャクナゲは比較的に温かい地域だけが好きというわけではなく、札幌のような雪の多い寒冷地にまで分布しています。シャクナゲの原種は亜寒帯から熱帯山地に分布し、ネパールや中国の雲南省にも多くの種が存在しているそうなので、札幌もそれなりに好みの土地のひとつなのかもしれません。

落葉広葉樹は雪の季節には雪の重みで倒壊しないように葉を落としますが、常緑広葉樹は葉をつけたまま越冬します。だから雪の地域ではシャクナゲの葉にも雪が積もります。

Photo_20210223175101

雪は気温が氷点下にならなくても降るので、ただ雪が降ったくらいではシャクナゲの葉は広葉樹らしさを失いません。しかしもっと寒さが厳しくなって氷点下5~6℃やマイナス10℃の凍りつくような日々が続くと、シャクナゲは広葉樹らしい幅広の葉を針葉樹のように細くしぼませて寒さを乗り切ります。人が身をこごめて寒さに対応するようなもので、植物の生活の知恵です。

2_20210223175201

そして、ぼくたちにはまだコートが必需な時期でも、高い山地も大丈夫な「しゃくなげ」にとって心地よい温度になると、それまで細く閉じていた葉を、本来の広葉樹に戻って葉の表面積を大きく広げます。

Photo_20210223175501

冬の間観察していると、シャクナゲは葉を細く閉じたり広く開いたりしながら、温度差を乗り切っているようです。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月 4日 (木)

あるホテルのスポーツジムのマーケティング

ある札幌市内のホテルがホテル内で運営する会員制のスポーツジムというのかフィットネスクラブというのかの新規会員募集案内チラシが郵便受けにポスティングされていました。「新規会員募集中、新春入会&体験キャンペーン」という見出しがあり、その間は、入会金も通常よりは安くなっています。

会員をそれほど集めるところではないと思うので売上金額はそれほど多いとは思わないけれど利益率は高いレベルで安定していると考えると、現在のコロナ不況下ではこうしたスポーツビジネスにも依存したくなる。

札幌のホテルは内外の観光客(とくに外国人観光客)やビジネス関係の宴会やパーティーが収入の源泉ですが、観光客の宿泊や食事、宴会やパーティーの売り上げが減少し低い水準で推移する中でなんとか定常的に売上額と利益額を確保しようと思ったら、今まではホテルの付属品扱いだったと思われるスポーツジムが急に輝き始めたのでしょう。

札幌ではそれなりの年数を経たホテルなので、そのフィットネスクラブに若い人が大勢集まるとは思われないとしても、コロナという理由だけでなく、とくに雪の札幌で気儘な外出ができない不満を、感染防止策や衛生基準の明確なタイプのスポーツクラブで運動したいと考える中高年や高齢者は多いと想像できます。そういう層を深掘りする形で開拓しているのかもしれません。コロナの季節の地味なマーケティングです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」

「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」という主旨の記述と出合いました。もしそうなら、コロナの影響があっても、つまり若干背中を押されるということがあっても、死ぬ時期に近づいた(あるいは死ぬ時期に到達した)かたがその時期に亡くなっているということになり、「コロナによる死」ということに関しては、日本では、それほど大騒ぎをする類のことではないのかもしれません(新型コロナに係る外国人の受け入れ問題は別)。

厚生労働省の「簡易生命表(令和元年)」によると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳で、2018年と比較して男性は0.16年、女性は0.13年長くなりました。また、平均寿命の男女差は6.04年で前年より0.03年減少したようです。なお、平均寿命とは、0歳の人の平均余命を指します(生まれたばかりの赤ちゃんはあと何年生きられるか)。平均余命は時代とともに変化します。

下は以前(2018年3月13日)のブログ記事「平均寿命と健康寿命」で使ったグラフです。明治から太平洋戦争くらいまでは、日本人の平均寿命は50年未満だったことがわかります。

18982016

以下は「国立社会保障・人口問題研究所」のサイトから引用した「(日本における)新型コロナによる死亡者の性別・年齢階級構造(2021年1月25日現在)」です。正確に調べないと「新型コロナの死者の平均年齢が日本の平均年齢と0.1歳しか変わらない」かどうかは不確かですが、ざっくりとは、その指摘が正しそうです。

2021125

そういう指摘やデータもそれなりに役に立ちます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

ワクチンと非国民

四カ月ほど前に「平家物語と令和の義偉(よしひで)」という記事を書きました。菅総理はどうも「治安維持法」みたいな法律と政策が生来的に(あるいは気質的に)お好きなようだ、そういうのがはっきりと現れてきたいう主旨の記事です。最近も「「富岳(スパコン)を通じてSNS上の様々なつぶやきを分析している」といった発言が主要閣僚のひとりからあり、内閣もそういう色に染まりつつあるようです。入院を拒否した新型コロナ感染者に課すのが民事罰でなく刑事罰という発想も、そういう空気の反映かもしれません。

製薬会社が保証できない薬、最後まで責任を取れない薬は、普通は認可されないし、一般市民としては(新しい薬が大好きな人たちを除いて)そういうものには普通は怖くて近づけない。

今回のワクチンは、何かあっても、つまりワクチン接種者が副作用で死んでも、あるいは酷い後遺症が残っても製薬会社はその責任を問われない、なぜなら日本国政府が責任を取るからです。だから、需給が逼迫する中で製薬会社からワクチンを供給してもらえるようになった。そういう経緯のワクチンの接種が始まるみたいです。マスメディアも、日々、その応援報道で忙しい様子。でも、きちんとした治験も完了していないし、販売までのプロセスが普通の手順ではないという意味で変なのはやはり何か変だと考えておいたほうがよさそうです。

治安維持法に似たところのある特措法やその運用方法に目を向けると、背後には、どうも、太平洋戦争当時に醸成された「挙国一致」や「国民精神総動員」という言葉に象徴される人為的な政治の雰囲気と似たようなものが漂っているようです。菅総理が自分の無謬性に自信を持っているとすると「神国日本」という標語のほうがふさわしいかもしれません。無謬な存在とは神のような存在です。挙国一致の雰囲気に逆らうと、まわりから非国民とみなされ、白眼視される。

太平洋戦争中やその前に流行ったコトバ、当時のマスメディアが国民の「啓蒙」に使ったコトバを、当時の新聞の古い漢字でいくつか下に書き並べてみます。

・高度國防國家建設
・國民精神總動員
・擧国一致
・堅忍持久(けんにんじきゅう)
・月月火水木金金
・一億一心
・進め一億、火の玉だ

コロナとコロナワクチンとオリンピックに関して政府とその応援団であるところのマスコミが頻繁に発する用語やメッセージと上に引用したものを比べてみると、それぞれのメッセージや用語の奥に潜むものにはあまり差がありません――これは日本に限ったことではないにしても――。

かりにワクチン接種に慎重な態度をとり続けるとその人には「そういう抗体を持たない不遜な輩がいるとワクチン接種を受けた多数の国民が迷惑する、早くワクチンを接種しなさい」という圧力がどこかからかかりますが、その圧力を構成しているのは、「國民精神總動員」や「擧国一致」や(当時の主婦もタスキをかけて連呼した)「進め一億、火の玉だ」と同じ性質のものです。かつて「特高(特別高等警察)」という組織がありました。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金)

マスクとパルスオキシメーター

動脈血の血中酸素飽和度(SpO2)を指先で測定する小さな測定器を、パルスオキシメーターと呼んでいます(原理上というか製品特性上、同時に脈拍数も測定するので「パルス」「オキシ」メーター)。ぼくの古い常識だと、これは手術室や病棟、あるいは救急車の中でしか使わないコンパクトな医療装置ですが、介護や新型コロナの感染拡大で、どうも、体温計や血圧計と同様、介護医療・家庭医療や健康維持のための必需品になってきたみたいです。

血液中の酸素が不足すると、たとえば脳に血液が数分間循環しないと、植物人間になっていまいます。だから、酸素が十分に動脈に行き渡っているか、それを酸素飽和度(ギョーカイの人はサチュレーションという用語を使いますが)で示して安全であることを確認します。

多くの人が購入に殺到しているというので、いくつかの通販サイトを覗いてみました。

まともな製造会社のまともな製品は売り切れ状態で、すぐに買えるのは、以前のマスクとまったく同じ状況で、いつ耳紐が切れるかもしれない(あるいはすぐに切れてしまう)粗悪な中国製のようです。製造国が中国なので悪いというのではなく、ひどいスペックの粗悪品を製造販売するのを得意とする業者が中国には少なくないということです。

電池で動くある種のデジタル機器なので、そういうモジュールを入手して組み込んで華やかな色合いの製品パッケージにしたら、すぐに売り出せます。耳紐と同じで、測定値が正しいかどうか、すぐに故障するかどうかは買って使ってみないとわからないし、製品保証もどうなっているのかわからない。それなりの見栄えであっても安いのは2000円以下なので、まあ、そういうことなのでしょう。不織布マスクと同じような現象が市場を推移して、そのうちどこかに落ち着きます。

 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

下が凍っていても、その上に深い雪の日はスポーツ用品メーカーのブーツ

地面が冬日(最高気温が氷点下)の連続で硬く凍っていて、その上に、札幌らしくなく、たとえば新潟のように雪が朝からしんしんと絶えることなく降り積もってとても深い日はスポーツ用品メーカーの雪用ブーツに限ります。

そういう日はそういうのを履かないと、電車や地下鉄の駅やバスの停留所まで歩くのが大変です。男性のスーツには向いているとは思えませんが、女性ならスーツのような仕事着でも変ではない(実際はダウンコートを着てマフラーをし帽子もかぶっているので外からスーツは見えないにしても)。職場では環境によって室内履きやその他の靴に履き替えることになりますが、雪国や寒冷地にはその地域の「ドレスコード」「履物コード」があります。

先週末の深い雪の午後に配偶者と美容室に散髪に行ったときは、彼女も僕も同じスポーツ用品メーカーの雪用ブーツに足を通しました。ややきつい感じの入り口からスポッと足を挿し入れると、中はゆったりと柔らかく足を包み込む感じで足先まで温かい。配偶者が先に買い、ぼくが後を追いました。写真のブーツがそれです。

靴底は、滑らない素材を滑らない模様に加工してあるみたいです。靴底部分は一体成型なので、普通の雪用の革ブーツと違って、慣れるまでは――すぐに慣れるにしても――やや違和感があります。配偶者が履いている女性用は、男性用よりも、靴底がより繊細な滑り止め素材を組み合わせてあるように見受けられます。しかし、凍った歩道や氷が固まったような道路では男性用も女性用もグリップ力が不足しており、つるつる滑ってひっくり返りそうになります。アイスバーン状態には向いていません。しかし、雪の積もった歩道ではよく映えます。

North-face

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月26日 (火)

こんなに指先が荒れたのは初めて

寒い場所で、といっても暖房のない室内でですが、そこで素手で作業を続けたことも理由の一つになるかもしれないとしても、この痛みはなんだと指先を見るとそこが割れていたのにはいささか驚きました。恐らく生まれてはじめての経験です。夜寝る前には効き目の良いハンドクリームをいっぱいに塗り込んで朝には手が湿気と滑らかさを取り戻すようにしています。

指先の荒れの主たる原因は、頻度が多いという意味でコロナ対策のための過度なアルコール消毒だと思います。デパートや買い物で人の集まる場所に入るときは入り口でアルコール消毒だし、買い物かごを手にした後は念のためにアルコールだし、外から帰るとアルコール消毒と手洗いだし、宅配便も中身をこれも念のために高濃度のアルコールで除菌(除ウィルス)します。

そういうことが重なり、全般的な湿度の低さも加わっての手荒れ、指先荒れだと思いますが、そういう時の消毒アルコールが小さな傷に沁みる痛さは「痛快」をはるかに超越するものがありますが、我慢です。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

カセットガスの「賞味期限」

冬は鍋物、ではあるとしても、我が家の家庭料理としての鍋物を並べてみると、すき焼き、水炊き、おでんとなります。かつては食べる回数はおでんがいちばん多かったのですが、小田原風のおでんを好む我が家としては札幌では素材の仕込みが厄介なので、おでんの頻度は減ってきました。あとは温めるだけといった加工出汁味がついた袋詰めのおでんは簡単ですが趣味ではない。購入対象外です。

そのおでんは好きなタネを台所で大きな鍋で調理したのを鍋ごと食卓に運んできて食卓の上では火を使わずに最後まで楽しめるので、「カッセトコンロ」は必要ありません。しかし、水炊きやすき焼きは卓上に「カセットコンロ」(値段は安い数千円から3万円近くまでいろいろです)があったほうが調理に便利です。卓上で「カセットコンロ」を利用するには「カセットガス」を装着して点火します。

同じタイプの「カセットガス」を利用する暖房器具に「カセットガスストーブ」がありますが、冬の災害用の緊急暖房装置として1台購入しいざという時のために保管してあります。それを購入したのは、北海道全体がブラックアウトした2018年9月6日よりも何年か前です。電気と都市ガスの供給が停止した場合の緊急措置として石油ストーブよりも利便性が高いと判断したからです。同じ目的で保管してあった石油ストーブは、もったいないとは思いましたが場所取りなので、そのとき一度も使うことなく処分しました。

「カセットガス」を燃料とする「カセットガスストーブ」を買ったときに、「カセットガス」の製造年月日はどこにどのように記載してあるのか、それがわかったとして、カセットガスの「賞味期限」、つまり製造日から何年くらいは安全に使用できるのかが気になってその年数を調べてみたのですが、何となく曖昧なので、その「カセットコンロ」と「カセットガス」と「カセットガスストーブ」を製造販売している企業のお客様相談室に電話で問い合わせたことがあります。

「カセットコンロ」は毎冬使うとしても、「カセットガスストーブ」は我が家では災害時用なので10年に一度しか使わないかもしれないし20年後に初めて使うかもしれない。とすると、「カセットガスストーブ」と同時に購入した「カセットガス」はそのときに問題なく(つまり安全に)作動するのかどうか、いわばその機能の「賞味期限」「賞味期間」が気になったからです。

下はその企業のウェブサイト情報を引用したものです。表示桁数がさまざまなので解りづらい。しかし解り難さはあっても製造年月日はそれなりに確実に解ります。では「カセットガス」の「賞味期限」はというと、非常に明確なガイドラインはそのときはいただけなかったのですが、「10年間」という説明で一応は納得しました。一般の冷蔵庫は10年、ドラム式洗濯機は5年というのと似ていなくもない。我が家は、それ以降、本当はもっと長く安全に使えると思いますが、だいたい10年間基準を採用しています。

Photo_20210121142601


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

窓の雪とホワイトアウト

「螢の光、窓の雪、書(ふみ)読む月日、重ねつゝ、」というもともとはスコットランド民謡につけたところの日本語の歌詞があります。中国の東晋時代、車胤は灯油を買う金がなかったので蛍を集めてその光りで書を読み、また孫康は窓辺の雪明かりで勉強したという中国の故事があり、それに因んだ歌詞です。たしかに貧しくて読書や勉強のための灯りがないときには、蛍の光も窓の雪もぼんやりとそのあたりを明るくしてくれるかもしれません。

蛍の光は実験するわけにはいかないとしても、この時期の札幌だと窓の雪あかりの効果を確かめることはできます。

夜遅く、北向きの部屋で照明を消して窓辺に坐り、降り積もった雪の明かりで本を読んでみました。慣れてくると長時間は難しいにしても小さすぎない活字なら大丈夫です。

昨日の午前中は、冬の札幌では短時間なら結構頻繁に発生しますが、ホワイトアウト状態でした。ホワイトアウトというのは言葉を換えると雪の密度のとても高い横殴りの雪なので、前や周りが真っ白になって視界が消滅します。歩いていると雪の大きなかたまりが恐ろしいような速度で向かってきてそれに包まれてしまい暴風で前に進めません。車はヘッドライトを点けていても役に立たないし信号もよく見えません。路肩に停めてハザードランプを点滅させ、よろよろ運転はしないほうがいい。

そういう天候のときにスマホのレンズを空に向けて撮影すると以下のような具合になりました。この写真だとホワイトアウトの怖さがまったく出ていませんが。

White-out-20210119


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

「土地の記憶」「水の記憶」のカラー印刷はコンビニが便利

国土地理院の治水地形分類図で、たとえば「石狩川水系、札幌」をクリックすると以下のような「河川の記憶」を現した札幌中心部の地図が現れます。

Photo_20210117171401

同様に国土地理院のウェブサイトで「図郭単位の画像データの閲覧」に行き、目的の地域を選択すると、旧流路(昔の河川の流路)を表示した図郭ごとの治水地形分類図の画像データが見られます。

土地は昔の姿をよく記憶して居るので、宅地造成などで土地の様相が変わり、たとえば「・・台」とか「・・ヶ丘」と新しい、それらしい名称で呼ばれるようになっていても、想定を超えた豪雨に見舞われると、あるいはそれに似たような状況が発生すると、溢れた水は、あるいは行き場を失った水は50年前や100年前の記憶をきちんと辿るように「台」や「丘」の下に静かに潜む「昔の河川の流路」に大量に流れ込み、河川が再出現します。

そういう地勢情報は、普通の大きさのディスプレイを持ったパソコンやタブレット端末でも、拡大したのを部分部分を順にたどっていきながら観察できますが、A3サイズくらいの大きさの紙に印刷したのが手元にあると全体情報と細部情報が視線を変えればほぼ同時に目に入ってくるのでとても便利です。しかし家庭内のパソコン用のプリンターは、CADが趣味といったかたを別にすれば、残念ながら、たいていの場合A4サイズの紙までしか対応していません。

そこで、A3用紙に手軽にカラー印刷するために、とあるコンビニチェーンのネットプリントなるサービスを利用することになります。スマホのアプリで印刷したい図番や地図のファイルを登録し、そのあと時間がある時に当該コンビニチェーンのひとつに出かけて(あるいは立ち寄って)印刷です。A3サイズのカラー印刷で1枚100円でした。値段はやや高いとも言えるし、便利さを考えると適切な値段だとも言えます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧