環境

2019年10月15日 (火)

土地の記憶、名前の記憶

今回の台風19号で首都圏も冠水被害を受けましたが、その一つが超高層マンションが近年密集してきた首都圏のある地域です。そこは都心に比較的近く通勤や通学のための公共交通機関の利便性もとても高いところです。
 
そのあたり一帯は以前は工場専用地帯でしたが(今でも一部は工場地域)、そのずっと前は田園だったようです。「旧河道(きゅうかどう)」だったかもしれないと思い調べてみましたが、100年と少し前の地図と現在の地図を見くらべても、川の流れはいくつかの蛇行部分を除きそれほど変化していないので、そのあたりが以前は川だったのがそのうち旧河道になったのかどうかはよくわからない。

旧河道とは、昔、河川だった場所で、河川の流路が変わって水が流れなくなってその結果できたものです(「山から海へ 川がつくる地形」本編資料編 国土地理院)。だから豪雨の場合などは自然が昔の記憶を呼び戻すので、水が流れ込んで冠水被害などを受けやすい。下は、上記資料からの引用で「都市部の旧河道」についての説明です。ちなみに、札幌市の東北部にある大きな美術公園(モエレ沼公園)は旧河道の跡地をうまく利用したものです。

Photo_20191014125301
 
北海道の札幌(さっぽろ)は「アイヌ語で『乾いた大きな川』を意味する『サッ・ポロ・ペツ』」に由来します。稚内・幌加内の「内」や登別・当別・江別「別」は、「ナイ」や「ペツ」という「川」を意味するアイヌ語を(漢字の当て字を通して)受け継いでいます。温泉地である登別の「登」は「ヌプル」の当て字、「ヌプル」の意味は「濁る」、つまり、登別は温泉地らしく「濁っている川」という意味になります。
 
北海道ではありがたいことに漢字の当て字を通してアイヌの土地の記憶が受け継がれており、そういう意味では東京の中心部も同じことです。溜池、赤坂、青山、四谷、渋谷、神泉、荻窪、池袋・・・。池、谷、山、坂、泉、窪、袋。池も窪も袋も「水がたまりやすい場所」という意味です。土地の形状と水の記憶です。
 
昔のいやな記憶を消すために電鉄会社やディベロッパーが自治体に働きかけて駅名や地域の地名をそれらしいものに変更するというのも需給の流れで致し方ないのかもしれませんが、地名は、あまり、いじりたくないものです。
 
氾濫しやすいことで有名な川に利根川支流の「鬼怒川」があります。「鬼」が「怒る」「川」なので、氾濫の記憶に満ちた命名です。北海道にも「深川市」と「沼田町」を流れる「雨竜川」という名前の川があります。氾濫の記憶が「雨」と「竜」に引き継がれています。
 
川が氾濫したり、山を切り崩して造成された高台の住宅地に激しく雨が降ると、「思わぬ場所」や「本来の場所でないところ」にあらたに川が発生することがあります。実際は「本来の場所」に久しぶりにまた川ができたということで、住民の数十年の記憶にある本来よりも、数百年から数千年の自然の推移においての本来のほうが本来度が強かったというわけです。
 
現在は「・・台」や「・・丘」と呼ばれている住宅地の、たとえば、50年前の地名、100年前の地名は何だったのか。古い土地の名前は、その土地の特性をたいていは凝縮しています。100年くらい前までの地形と現在を簡便に比較するには「今昔マップ on the web」が便利です。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

「50年ぶりの異常気象です」という報道と、自然の循環

遅めの時刻にテレビを見ていたらニューヨークが33.9℃で異常な暑さだという報道がありました。「ニューヨークで10月に33℃以上の気温になったのは78年ぶりだそうです」と画面の中でレポーターがしゃべっています。
 
「30年ぶりの暑さとか、50年ぶりの大雨」という表現で現在の気象の異常事態を報道するのがマスメディアはお好きなようです。78年ぶりもその一つです。ただ、最近はそういう久しぶりの事象を「その原因は地球温暖化、その原因の原因は人為的な二酸化炭素の排出だ」というのと係り結びのように結びつけるのが好きな媒体と、その二つを直接的に結びつけることにためらいのあるらしい媒体の両方がある雰囲気ではあります。
 
冷静に考えると、50年ぶりの激しい降雨とか78年ぶりの高温とか言うのは、50年前と78年前に同じ事象が確実に存在したということなので、そういうゆったりとした周期で自然の事象が循環しているとも言えます。
 
時間というのはぼくたちが感じるものとしては常に現在しかないにしても、それとの付き合い方としては、もっぱら直線の上をどんどんと進んでいくような時間の中で生きるのが好きな文明や文化もあるし、時間の本質は循環(春夏秋冬)や交替(昼と夜、太陽と月)だと考えて循環や交替の中で過ごすのを重んじる文明や文化も存在します。一人の人間のなかでも、直線的な動きで進む時間を心地よく感じるときもあれば、時間が円環状に流れるなかで深いくつろぎを覚える場合もあります。
 
地球や宇宙というのは基本的に循環が好きなのだと考えると、その循環の波と、文明を直線的な改良の進行だと考えるぼくたちの仮説的な直線指向が交差したところが、マスメディアがかしましいところの「何十年ぶりの事象」かもしれません。災害につながるような何十年ぶりかの異常事象や台風や地震についてはじつに困ったことではあっても、残念ながら自然はそういうことをとくには気にしていないようです。
 
下のグラフはプランクトンの外殻化石の分析に基づく1万1300年前から現在までの気温変化(1961~1990年の気温の平均値からの偏差)のグラフです(「A Reconstruction of Regional and Global Temperature for the Past 11,300 Years」オレゴン州立大学 ショーン・マーコットら 2013)。
 
11300-shaun-a-marcott
 
このグラフを見て
 
・データは、我々が、現在、長期の寒冷期の中にいることを示している
・また、データは、我々が数千年にわたる寒冷期の一番底にいるということも示している
・ただし、過去100年の間に気温が劇的に上昇したので、過去数千年の間に起こった寒冷化の影響をすっかり打ち消している
 
と解釈するかたもいらっしゃるようです。
 
これを過去1万年ではなく過去40万年の気温変化(偏差)を描いたグラフ(丸山茂徳 地質学者、元東京工業大学教授)の中に位置づけてみると以下のようになります(赤い縦長の楕円で囲んだ部分が上のグラフに相当する部分)。
 
40_20191004155601
 
おおまかに10万年ごとに気温の上昇と下降(温暖化と寒冷化)を「循環的に」繰り返しています。丸山茂徳氏の言葉をお借りすると『人間が文明を創って、化石燃料をたきCO2を出すようになった時代は、過去300 年前ぐらいからです。このわずかな変化に今ナーバスになっている訳ですが、人間の文明とは無関係に、地球というのはこれぐらい(±4℃)を平気でやっています。』

46億年という地球の今までの経過時間の中で最近の40万年というのはわりあいに「刹那」なので(割り算をすると0.0087%)、循環と言ってもそういう短期間における循環です。ひょっとして現在が寒冷期にさしかかる入り口あたりかもしれないと考えると、けっこう憂鬱になります。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

ゲノム編集食品と遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え作物は、英語ではGMO、Genetically Modified Organismです(順番はGMOが先で、それが遺伝子組み換え作物という訳語になりました)。遺伝子組み換え食品は、英語ではGenetically Modified Foods、あるいはGenetically Engineered Foodsです
 
一方、ゲノム編集はGenome EditingないしはGenome Engineeringで、だからゲノム編集食品はGenome Edited FoodsないしはGenome Engineered Foods。
 
DNA(デオキシリボ核酸、その生物がもつ遺伝情報を規定する化学物質)の総体をゲノム(genome)といいます。ゲノム(genome)とは、遺伝子(gene)と染色体(chromosome)から合成された言葉で、「遺伝情報の全体・総体」を意味します。先ほど本棚をのぞいたら「ゲノムを読む」(松原謙一・中村桂子著、1996年)というタイトルの古い本がまだ棚の奥のほうにありました。いささか懐かしい。
 
遺伝子組み換えといってもゲノム編集といっても、要は両者とも、特定の目的のために遺伝子や遺伝情報を操作することです。特定の目的とは、一般的には生物の品種の改良とされていますが、その中には結果としての品種の改悪も含まれるので、遺伝子組み換えやゲノム編集の目的は品種の変更や修正としておいたほうがよさそうです。
 
先日、消費者庁は、ゲノム編集で品種改良した食品に関して、特定の遺伝子を切断しただけの食品についてはゲノム編集表示を義務付けないと決めたと発表しました(「ゲノム編集技術応用食品の表示について」 消費者庁食品表示企画課 2019年9月)。
 
その理由は、ゲノム編集食品は、当該食品(食材)にヒトが欲する機能や特性を持たせるために当該食品(食材)の特定の遺伝子を切断して作られますが、そのときに外部から遺伝子を挿入するタイプと挿入しないタイプがあり、現在開発が進んでいる食品の大半は挿入しないタイプで、そういうタイプだと、ゲノム編集食品はそれを作った本人しかそれがゲノム編集されたものだとはわからない(外部の第三者は当該食品の特徴がゲノム編集の結果でであるか従来の育種技術で起きたのかどうか科学的に判別できない)。それが表示義務がない理由だそうです。
 
ところでゲノムは遺伝情報の総体を意味する用語とはいえ、ゲノムの全部が遺伝子であるわけではなくて、ゲノムの中で「遺伝情報を持ったDNA」(つまり遺伝子)は、量としては数%~10%くらい、残り(残りという言い方は、残りに属するDNAにとっては失礼な話ではありますが)であるところの90%は遺伝情報とは直接の関係のない、存在理由がいまだによくわからないDNAです(だから、ジャンクDNAなどと呼ぶ礼を失した研究者もいます)。だから、いまのところ、ゲノムの90%は「無用者」ということになっています。
 
しかし、科学というのが常にそうであるように、ある時点で見えるものは見えるにしても、見えないものは見えない、見えないものの実態はよくわからない、だからとりあえずその「無用者」は「役立たず」としてその存在を許されていますが、そういう「役立たず」を生物はなぜずっと抱え込んでいるのか。かりに「無用者」の一部を毀損した場合その影響が長期でどうなるかは誰もわからない。況や、特定機能を担っている遺伝子をゲノム編集で切断して特定機能を殺した(抑止した)結果の長期の影響に於いておや。
 
身近な例で言うと、以前は(「腑に落ちない」とか「腹に落ちる」という慣用句の長い間の存在にもかかわらず)見向きもされなかった、あるいは頭や心臓と比べると非常に軽視されてきた「腸」や「腸内フローラ」のひそかで重大な役割が最近になって急に見直され始めたというような事例もあります。(関連記事は「食べものや体における『無用者の系譜』」)。
 
牧草と配合飼料とゲノム編集」で書いたように、ゲノム編集食材は日本が世界を一歩リードしています。
 
養殖の鯛やハマチは魚売り場ですでにおなじみですが、ゲノム編集技術を活用して開発した筋肉もりもりの鯛(肉厚マダイ)の生育が進行中だそうです。ゲノム編集した鯖の養殖も実験中です。魚が研究対象になれば、当然、トマトのような人気野菜やイネも対象になります。
 
しかし、ゲノム編集食品と名付けても遺伝子組み換え食品と言っても、遺伝子を操作した結果生まれた食材・食べものという基本的な事実に関して両者に差はありません。農産物でも(たとえばトウモロコシや大豆やジャガイモ)海産物(たとえばマグロや鯛やサバ)や畜産物(たとえば牛や鶏)でも、作りだす側の適用技術の違いから別の表現を付けているだけで遺伝子を操作して新品種を作ったという意味では同じです。「ゲノム編集は、別の種の遺伝子を導入するのではなく既存のDNAに改変を加えるもので、遺伝子組み換え作物(GMO)に使われる技術とは異なる」と主張されても「ああ、そうですか」と聞き流すだけです。
 
日本は、ECと同様に、遺伝子組み換え食品は表示義務があることになっていて、それが遺伝子組み換え少く品の増殖の防波堤になっているような気になりますが、担当省庁も熱心でないし、実質的には遺伝子組み換え農産物の輸入や流通は業者(作る人や運ぶ人)の「お気に召すまま」状態です。最近も「また遺伝子組み換えトウモロコシの輸入ですか」のような出来事がありました。
 
味噌や豆腐だとそこで使われている原材料の大豆が国産の「遺伝子組み換えでない」ものを選択的に購入できます。しかしゲノム編集食品では作った本人や企業はわかっているにもかかわらず自己申告が免れるとすると、消費者は、たとえば「どこどこ産の妙に筋肉モリモリの鯛は買わない」といった消費者の共有知による食材選択をするしかなさそうです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

平飼い有精卵が選り取り

ある農家の「平飼い有精卵」の6個入りパックのなかに、手書きの文章をコピーして短冊風(あるいは栞風)にカットしたのが入っていました。そのまま引用します。
 
「朝夕はずいぶんと涼しくなってまいりましたね。先日農場で蛍を見つけました。蛍を見ていると環境に負荷の少ない取り組みを応援してくれているようにも思えました。このような取り組みができるのも皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。(農場名)(代表者名)」
 
平飼いとは、下の写真のような飼い方のことです。北海道の農家は広いので鶏を地面で遊ばせておく。狭い団地のようなケージには閉じ込めない。写真は上の農家のウェブサイトからお借りしました。
 
Photo_20190830080801
 
農家によって何を鶏の飼料(エサ)にするかはそれぞれに差がありますが、北海道で暮らすことのありがたいところは、ご近所野菜売り場の中の鶏卵コーナーの棚に「平飼い有精卵」が5種類ほど並んでいることです。5種類というのは5つの違う鶏卵農家からやって来たのがそこで買い手を待っている、という意味です。
 
たとえば、下のラベルの鶏卵を出荷している農家では、鶏用の飼料は
 
「北海道産を主体とした(一部国産を含む)米、大豆、牡蠣(カキ)殻、魚粉などの自家配合飼料と青草・野菜などを食べて育ちました」となっています。コメも大豆も牡蠣も魚も青草も野菜も全部北海道産が手に入ります。野菜なんかは自分で栽培するし、青草もそのあたりに自生しています。
 
北海道産以外の国産飼料は一部は含まれるかもしれませんが、外国産(たとえば米国産)のトウモロコシや大豆はまったく含まれていない。だから、消費者はラベルを読んで自分が鶏に食べてほしいという種類のエサで育った平飼い有精卵を買えばいい。本質的なことではありませんが、コメをよく食べる鶏の黄身の色は淡くなり、ニンジンや黄色いトウモロコシをよく食べると黄身はオレンジ色になります。
 
Photo_20190830080901
 
いろいろと不可思議な政治文脈で「食べて応援」という言葉が溢れていたことがありましたが(今でも一部そうですが)、そういう文脈ではなく、消費者目線の非常に真っ当な意味でこういう鶏卵農家の卵は「食べて応援」だと思われます。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

夏の街並み、昼下がりと夕方と

下の2枚の写真は徳島県の脇町という「うだつ」の上がった家々が連なる街並みです。最初の写真では隣り合った二軒にそれぞれ「うだつ」が上がっていて、左の家の軒先では風鈴が揺れています。8月20日の暑い昼下がりの街並みです。
 
A_20190827195701 
B_20190827195801 
 
山口県の柳井では毎年8月13日に「金魚ちょうちん祭り」というのがあり、本祭りの13日を挟んで8月の約1ヶ月間、古い街並みに金魚の提灯が吊り下げられます。可愛らしい金魚です。(写真は「OVO 柳井金魚ちょうちん祭り【絶景NIPPON】」からお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます)
 
Photo_20190827195901  

「うだつ」の街並みにこの金魚の提灯を端から端まで吊るしたらどんな夏の夕方の風景になるか。そういう街並みのない札幌というところに住んでいるので、そんな勝手な想像をして愉しんでいます。軒下のないススキノに無理やり吊るしても、この風情はでません。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

『気候変動の原因は、人間活動ではなく、雲の量』という主旨の刺激的な論文

地球温暖化などの地球規模の気候変動を左右しているのは「人間活動」ではなく「雲量」である、という主旨の刺激的な論文に出合いました。

この連休中にひょんなきっかけから「NO EXPERIMENTAL EVIDENCE FOR THE SIGNIFICANT ANTHROPOGENIC CLIMATE CHANGE」(June 29, 2019)という二人のフィンランド人学者(J. KAUPPINEN と P. MALMI)が書いた論文に目を通してみました。共著者のひとりであるJ. KAUPPINENはIPCC AR5 (Fifth Assessment Report) のエキスパート・レビューアとしても働いたそうです。

この論文には、上述の通り、人為的な活動(産業活動や経済活動などの人間活動)から生み出された二酸化炭素のような温室効果ガス(と呼ばれているもの)が、地球温暖化(あるいは地球の気温変動)の主な原因というのは誤りで、それを実証する証拠は存在しない、という趣旨のタイトルが付けられています。

その論文の結論は一行だと次の通り。

「Low cloud cover controls practically the global temperature」(地球の気温を実質的に制御しているのは低い位置の雲量である。)

Low-cloud-cover
     以前に機中から撮影したlow cloud cover

その結論の簡潔な補足説明は以下のようになっています。

「A too small natural component results in a too large portion for the contribution of the greenhouse gases like carbon dioxide. That is why IPCC represents the climate sensitivity more than one order of magnitude larger than our sensitivity 0.24°C. Because the anthropogenic portion in the increased CO2 is less than 10 %, we have practically no anthropogenic climate change. The low clouds control mainly the global temperature.」

(IPCCは自然の要素の影響をごくわずかしか考慮しなかったので、二酸化炭素のような温室効果ガスの影響があまりに過大なものになってしまった。だから、IPCCの提示する気候感度は、我々の考える気候感度(0.24℃)よりも、一桁大きいのである。CO2の増加量全体に対する人為的な活動による影響度(増分割合)は10%以下であり、つまり、気候変動への人為的な影響は実質的には存在しない。地球の温度を制御しているのは、低い位置にある雲の量である。)

(過去40年くらいの)雲の量と地球の気温の関係は、当該論文から引用すると以下のようになっています。雲量が増えると地球の気温は下がり、雲量が減少すると気温は上がる。気温グラフに見られるスパイク(一時的な、両者の関係の大きなゆがみ)の発生は、たとえば1991年のフィリピンのピナトゥボ山の大噴火や、エルニーニョの影響です。

No-experimental-evidence-figure-2

では雲の量を何が決めているかというと、この論文では言及はありませんが、宇宙線の量だと考えられています。

たとえば、神戸大学 Research Center for Inland Seasの「Winter monsoons became stronger during geomagnetic reversal」(July 03, 2019)という論文は、「high-energy particles from space known as galactic cosmic rays affect the Earth’s climate by increasing cloud cover, causing an “umbrella effect”」(宇宙からやってくる高エネルギー粒子 (銀河宇宙線) が、雲量を増やし、日傘効果を起こして、地球の気候に影響を及ぼす)と考えています。

気候変動に及ぼす銀河宇宙線と雲(雲量)の影響は、それがどちらの方向でも(温暖化の方向でも寒冷化の方向でも)IPCCの仮説よりもはるかに大きいということのようで、そのことに関しては最初の論文と主旨が一致します。

参考のために宇宙線や日傘効果を描いた絵をその論文から下に引用してみました。

Winter-monsoons-cosmic-rays-and-umbrella

 

ぼくにはとても納得できる内容の論文でした。なお、最近の関連記事は「寒い6月、温度の上がらない7月上旬」。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

寒い6月、温度の上がらない7月上旬

先月23日に「花フェスタ」の会場で、黒の栽培ポット入りのラベンダーをひとつ購入しました。ポット売りだったので家で素焼きの鉢に移し替えると数日後に開花しました。開花すると通常の夏の暑さだと1週間くらいで花が散り始めるのですが、今年はけっこうひんやりしているので花も長持ちして、2週間近く咲き続けています(写真)。珍しい。

人にとっては早朝は半袖だと風が冷たいくらいで、だから早い時刻に通勤に向かう人たちは、しっかりとジャケットや上着を身につけています。

最近話題の異常気象の周辺の小さな波がここまでやってきているのかもしれません。

人間にとっては心地いい天候ですが、露地栽培の野菜にとっては(ということはそういう農家にとっても)困った気温かもしれません。もうそろそろだと思うのですが、まだ好物のセロリが野菜売り場に出てきません。我が家のルッコラやバジル、青紫蘇(大葉)といった夏野菜の生育速度も期待するほど高くない。例年よりもけっこう遅い。

2_20190709180601 

ぼくは、温暖化ガス(二酸化炭素)の排出を人為的に規制できたら地球の温度変化問題はすべて収まるといった極端な議論には眉唾ですが、そうなのは、ぼくは、人類の産業活動や経済活動が地球の温度変化に与える影響は、自然がもたらす温度変化の数%から最大で十数%程度までだと考えているからです。大した割合ではない。

それほど大した影響を自然に与えられる程度まで人類が「賢い」ものであるのなら、すでに台風や地震を回避・抑制する方法を思いついているはずです。しかし残念ながらそれらに対しては打つ手がありません。

地球の温度変化の処方箋について極端な主張を耳にするときは、バランスを取るために、以下のような、「地球の過去40万年の相対気温推移グラフ」を改めて参照するようにしています。このグラフの説明を「丸山茂徳氏」(地質学者、元東京工業大学教授)の講演記録からお借りすると、次のようになります。

40

このグラフが客観的な正しさをもった資料かどうかは、僕自身では検証できません。僕が納得しているだけであり、過去にはIPCC第3次報告の「ホッケースティック・カーブ」という「スーパーコンピュータ」を駆使した地球温暖化の捏造例があり、そのグラフを納得した人たちも多数いらっしゃいました。

『人間が文明を創って、化石燃料をたきCO2を出すようになった時代は、過去300 年前ぐらいからです。このわずかな変化に今ナーバスになっている訳ですが、人間の文明とは無関係に、地球というのはこれぐらい(±4℃)を平気でやっています。』

たしかに、10万年の単位で8℃の上昇と下降を繰り返しています。

『今から100万年前、あるいは200万年前くらいから地球の両極に巨大な氷河が発達し始め、ギュンツ、ミンデル、リス、ヴェルムという4回の大きな氷期があり、最後、1万年前にポコンと温かくなって人間はこの間に文明を創った。そういう歴史です。』

『そこまでのことを簡単に要約すると、地球の気候は変化することこそが本質であると言うことが一つです。その温度幅を考えた時、・・・人類の文明以前に非常に大きな温度変化があった。だから現在我々がナーバスになっている1、2℃の変化は驚くべきものでも何でもない。』

□□□

下のグラフが「ホッケースティック・カーブ」。

Ipcc3

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)