環境

2020年11月13日 (金)

コロナで人の波が急速に引いてしまった繁華街と、刺身

コロナ、大丈夫ですか?」の続きです。

どうしてもうまい刺身が食べたくなり、でも、飲食店をやっている方々には申し訳ないのですが、そういうお店での飲食は個人的には当分は対象外なので、刺身なら刺身用のさく(柵)や丸もの(を捌いてもらったの)を、対面販売の魚屋で控えめな会話をしながら購入して自宅で食べることになります。大通り公園近くのデパ地下の魚売り場に向かいました。

買ったのは、津軽海峡で獲れた「鮪」(マグロ)のさくと福岡の「鯛」(タイ)のさく、地元の「目抜き」のさく、それから丸ものであるところの屋久島産の「首折れ鯖(サバ)」。

「この鯖は刺身がおいしいですよ、今日いちばんのお勧めです」
「締めても大丈夫?」
「刺身がお勧めですが、締めるなら5分ずつですね、長くても10分」
 塩を摺り込んで5分締め、そのあと酢で5分締めるという意味です。

【註】首折れ鯖とはゴマサバの首を折って血抜きすることで鮮度を保つ屋久島漁師の技法、およびそうやって処理された屋久島産のゴマサバのことです。「首折り」作業の結果、足の早い鯖(サバ)がプリプリとした食感の刺身で食べられることになりました。明治時代に屋久島で生まれた手法です。

鯖は三枚におろしてもらい、晩ごはんは、四種の刺身の盛り合わせでした。二日に分けて食べるとしても外食に出費しない分だけ結構な贅沢です。とくに「首折れ鯖」は初日は刺身でその薄赤色の弾力性を味わい、二日目以降は締め鯖として締めた魚の別の生(なま)の味わいを堪能します。

地下に降りてくる前の一階の化粧品売り場で顕著に気づいたことですが、おそらくは11月に入ってからの札幌(や北海道)の新型コロナ感染者の新規感染者の急増が理由で、勤め帰りの女性でにぎわうはすの夕方の売り場は、雪まつりの直後の第一波を彷彿させる感じで、閑散としています。販売員の女性が手持無沙汰な感じで持ち場に立っている。

魚売り場ではお店の人と少なめにゆっくりと会話しながらじっくりと商品を吟味できましたが、繁華街の中心部であるところのその近隣の地上からは人の波は引きつつある様子です。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

今年は冬が早いようです

今年は冬が早いといった実感は、たとえば初雪の日付といった気象台の観測値やメディアを流れる天気予報で抱くものではなくて、ぼくの中では、最初の冬靴(雪靴)を取り出して靴箱の中の夏靴(というか冬靴でない普通の靴)と置き替える作業と関連しています。車ならスノータイヤに履き替える日です。それが去年よりも早いかどうか、そしてどれくらい早いか。

今年は去年よりも一ヶ月以上冬が早いようです。異常気象をなんでもここ百数十年の地球温暖化と結びつけるノリの軽い気象予報士なら地球寒冷化の始まりかとでも言ってもよさそうなくらいですが、さすがにそういう勇み足は控えています。

去年は12月下旬くらいまで札幌では雪の実感はなくて、だから去年の12月10日に東京国立近代美術館(MOMAT)に気軽に日帰りすることができました。「日帰りで『鏑木清方 築地明石町展』へ行って来ました。いい画は無理をしても実物の前に立つようにしています。そうしないと目が衰える。」

まわりに雪が積もっていると気軽に出かける気分が抑え込まれてしまいます。それに、雪と縁のない丸の内や竹橋を札幌からの冬靴で歩くのもぞっとしない。

今年は、この日曜の夜中に強い霙(みぞれ)を経験したかと思うと、その後、穏やかに霙混じりの雪が間歇的に降り続いています。途中、強い晴れの時間帯が気まぐれに長く短く割り込んでくるのが、比較的日本海に近い札幌らしいところです。

【蛇足的な註】「ぞっとしない」は「面白くない」「感心しない」という意味で使っています。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

「コロナ、大丈夫ですか?」

札幌から遠く離れたところのお住いの知り合いから、市民感覚の親切な電話をいただきました

「コロナ、大丈夫ですか?」

ニュースに《北海道過去最多"200人"…札幌も最多更新「158人」コロナ感染判明》といった見出しが流れ、メディアに《9日の東京都の新規感染者数は157人で、札幌1市のみで東京都を上回る結果となりました》のような内容の記事が出た夜のことです。

札幌はよほど危機的な状況にあると映っているらしい。

「Go To トラベルで旅行するとしたら、何と言っても北海道ですよ」
「そうかもしれませんね、一週間ほど前もレンタカー会社の営業所は観光客と思しき人たちで相当に混雑していました」

ぼくの市民感覚では、この夏から秋にかけてのGo To キャンペーンを利用した旅行者増加は、昨年末からお正月、雪まつりにかけての中国人観光客の大量流入を彷彿させます。新型コロナの感染者の急増にはローカルな「ススキノの賑わい」も晩秋の寒さも関係しているのかもしれないとしても、人の移動に伴うコロナウィルスの移動が再拡大の最初のひと押しだったようにも思われます。

札幌市民は、少し前までの東京都民と同じで他の地域の住民には「バイキン」扱いされるかもしれません。いささか面倒なことになりつつありますが、これも憂き世のおつきあいです。マスクのストックは、今後、期待通りの役割を演じ続けることになりそうです。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

クロバネキノコバエが急に発生?

一昨日は明け方まで降った雨が上がり、日中は秋の陽光を満喫できるいい天気でした。まだ暗くなる前の時刻に所用先から歩いて帰る途中のことです。向うから中学生くらいの女の子の二人連れがしきりに何かを追い払うようなしぐさをしながら歩いてきます。訝りながらその女の子たちとの距離を詰めていくと、顔に小さな動くものがいっぱいぶつかってきます。

何だろうと思い着ているものを見ると、小さい黒い羽のある虫がいっぱいくっついています。ジャケットもズボンもすべてです。幸いマスクをしているので口には入らないものの、おそらく背中も帽子もその小さな虫だらけだと思われます。

玄関先でそのたくさんの黒いのをそっと丁寧に払い落として中に入りましたが、数が多いので全部が獲りきれたわけではありません。

そういえば、と、その前の晩、部屋の中にその虫と同じ種類と思われる小さな虫が数匹紛れ込んでいたことを思い出しました。不思議なこともあるものだ、で片付けてとくには気にはしなかったのですが、どうもそういう虫の集団のごく一部が窓を開けたすきに侵入したのでしょう。

調べてみると、姿かたちから「クロバネキノコバエ」という虫らしい。「いわき市」のウェブサイトに「クロバネキノコバエが大量発生しています」(2020年7月3日 保健福祉部 保健所生活衛生課)というお知らせがありました。虫の写真を見るとそっくりです。

『現在、クロバネキノコバエと思われる、網戸を通り抜けて屋内に侵入してくる小さな黒い虫についての相談が多く寄せられています。クロバネキノコバエは網戸を通り抜けるほど小さく、気候等の条件がそろうと大量発生し家の中に侵入することがあるため、大変不快に感じる虫ですが、刺すなどの人へ直接的な被害を及ぼすことはありません。』

『幼虫は土壌中の腐植物を食べていると考えられており、水分を適度に含んだ腐葉土(畑、プランター、野山)などから発生するといわれていますが、特定はされていません。一年中発生が見られますが、梅雨の時期に大量発生することが多く、雨の翌日が晴れると多く発生する傾向があります。夜明けから午前10時ごろに多く発生し、網戸の隙間などから家屋内に侵入してくることがあります。』

そういえば、最近の札幌は雨続きで、しかしその直後はよく晴れます。晴れと雨が交互にやってくる感じです。だから、天気予報は、雨のち晴れのち曇りのち雨、とでもしておけば大丈夫です。ぼくでもできる。つまり、『雨がたくさん降って、雨の翌日が晴れると多く発生する傾向があります』という観察と一致しています。季節外れの発生だし、虫の寿命も短いので、遣り過ごすしかなさそうです。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

雪虫(ゆきむし)

「雪虫が飛んでいました。ご覧になりました?」
「今年はまだ見ていません」

こういう会話が北海道以外でも成立するのかどうか知りませんが、「雪虫」とは雪の季節が到来する直前にそのあたりを飛ぶ白い小さい虫のことです。飛ぶ姿が小さな雪片が舞うようにも見えるので「『雪』虫」です。弱弱しくふわふわと舞うように飛ぶこの白い虫に出会うと、その日から1週間から10日ほどで初雪だと言われています。

雪虫の出現と初雪――初雪には雪片が短時間ちらちらと舞い落ちるのも含む――との時期的な相関は高いようです。昆虫の中にはスーパーコンピュータのシミュレーションをはるかに凌駕する予測能力を発揮するものもいるので、とくに不思議ではありません。

手元に自分で撮影した雪虫の写真がないので、「えんがる(遠軽)で見た」という北海道・遠軽町にお住いのかたのブログからお借りしました。この場を借りてお礼申し上げます。

雪虫が林の中を舞っています。

Photo_20201016081601


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

続「マスクの抽選に当たった」

マスクの抽選に当たった」の続きです。

ぼくも配偶者もめいめいのメールアドレスを使って「クリーンルームで生産された日本製マスク」に応募していて、「マスクの抽選に当たった」で書いたようにぼくのアドレスが先に当たったので配偶者はいささか落ち込んでいたのですが、すこし遅れて配偶者もめでたく当選し、昨日、宅配便でそのマスクが届きました。

配偶者が当選したのは第22回目の抽選ですが、メディア記事を拝見すると、『9月23日に行なわれたふつうサイズの第22回目抽選では合計で8,993,045人の応募があり、倍率は約103倍とその前の回と同じ倍率となった』そうなので、よく当たったと思います。

配偶者が当たった回からは、女性や子供向けの「小さめサイズ」も発売になったそうで、これもメディア記事によれば『一方の小さめサイズについては初回抽選となり、合計127,187人の申し込みがあったが、生産の立ち上げが順調に進められたとのことで、当初予定していた5,000箱から10,000箱に増量。倍率は約13倍だった』そうです。

また機会があれば、今度は配偶者用に、耳ゴム紐の長さ調整が不要な「小さめサイズ」に応募する予定です。

202009


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

「脱力系ジャケット」

かっちりとしたのでなくニット風味のジャケットの人気が高まっているというのは知っていました。デパートの洋服売り場でもそういう傾向のジャケットが並んでいます。それが、新型コロナ以降のテレワーク、リモートワークの普及で加速されたようです。画面上はそれなりにきちんとした格好に見えること、ただしゆったりとした着心地であること。

ぼく自身も、数年以上前に、ぼく自身の勝手な呼び名だと「カーディガン・ジャケット」を購入し、それ以来、重宝しています。カーディガン感覚で羽織れるのですが、襟つきの三つボタンだし色は紺色なので、春と秋は、近所を歩く時にちょっと引っ掛ける上着以上の活躍もします。

自宅に定期的に送られてくる通販カタログには、非かっちり系ジャケットもここまで来たかというような商品とそれにふさわしい宣伝コピーが躍っています。見ているだけで楽しい。

ご存知の方は既にご存知かもしれませんが、ぼくがいささか驚いたのはある良質なタオルを使った「タオルジャケット」。「タオル素材を使用した、軽快なジャケットが登場。・・・カーディガン感覚で羽織れるのでリモートワークでも活躍します。・・自宅で洗えるのも便利です。」

その他いくつかあって、極めつけはそのコピーが「脱力系ジャケット」というもの。素材はウール100%。説明コピーは「カーディガンのように気楽に、ワッフルニットジャケット」。「脱力系」というコピーが光っています。

新型コロナが発生しなかったら、この流れはここまでは加速しなかった。新型コロナは少しはいいこともしたようです。


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

天気予報用語に関する違和感のことなど

自然災害は人為的には抑制できないので災害をもたらす大きな台風などはないに越したことはないのだけれど、気象庁担当者や気象予報士が近頃頻繁に使う「『観測史上最大の』風速」という類の表現の意味というか、そういう曖昧な表現を使う意図がよくわからない。

災害回避について国民の注意を喚起するために大げさな言葉を使いたいというのならわからなくもないのですが、なら、もう少し具体的な年数で表現して欲しい気がします。もっともそういう予報の中では、過去のいくつかの「最大風速」事例も紹介してくれるので、観測史上というのはここ数十年のことらしいというのはその結果としてわかります。

気象庁担当者や気象予報士の口調からは、「観測史上最大の」が「過去1000年間で最大の」ということはあり得そうもないので、そうなら気象台(ないしその前身機関)が明治5年(1872年)に函館で発足して以来なら例えば150年、地域によって気象台(や、その前身機能)の設置時期は違うのでその地域で観測が始まって50年なら50年間で最大のと言えば、ひとは比較対象をそれなりに想定できるのでよりわかりやすいのに、と思ってしまいます。それが年寄りの「生まれてからそんなことは経験したことはない、従って今回もあり得ない」という思い込みに陥る欠点はあるにしても。

日本で文字が使われた歴史を背景尺度にするのなら50年や100年は一瞬ではないししても、地球や日本のマクロな気象変化を言うなら50年や100年は一瞬です。その一瞬がどの程度の範囲や長さの一瞬なのか、「観測史上最大」ではよくわからない。

こういう物わかりの悪い国民の気持ちが届いたのか、直近(9月5日)の気象庁と国土交通省の台風10号に関する記者会見では「(南九州の)これらの河川では、おおむね100年に1度の雨量を想定した河川整備計画を進めていますが、7日正午までの24時間雨量の見通しでは、多いところでこの計画を上回る雨量が予想されています」とメッセージに「年数」が入ってきました。しかし「100年に1度の雨量を上回る雨量」という表現も街頭政治演説みたいでよくわからない。

「国交省や気象庁が各地域や河川流域で想定している24時間最大雨量を超える雨量が今回の台風では予想される」ということなら、それぞれの危険地域の想定雨量と予想雨量を明示しながらそう説明してもらうと少なくとも僕は理解しやすい。それから「(令和2年の時点で現在生きている日本人が)経験したことのないような大雨が予想され、河川の越水が十分考えられる」というような説明も「観測史上最大の」よりは理解しやすい。

40万年前に遡れば、地球の気温は10万年ごとの周期で同じような形の波――気温はある値(あとでこれを平均値と名付けるとして)から4度程度上昇して偏差がプラス4度になり、またそこから8度くらいぐんと下降して平均値からの偏差がマイナス4度になるという形の波――を形成していますが、それも地球物理学者の観測値ではあるのでそこまで遡る観測値というのもあり得ます。風速や雨量にもあるいは同じような代替観測値が存在しているかもしれません。

現在の地球は温暖の頂点(ないしそれに近いところ)にいるようです。風速や雨量をはじめ「異常気象」なるものの原因説明に困るといささか便利なので「地球温暖化現象」に逃げ込む気象予報士のかたもいらっしゃいますが、気温が頂点にいるということはこれから下がり始める可能性がとても高いということなので、寒冷化や氷河期への突入が嫌いなぼくとしては、カーブの反転は望みません。

40_20200904091801


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

マスクの抽選に当たった

2020年4月30日 (木)のブログ記事「クリーンルームで生産された日本製マスクの抽選に応募してみたら・・」の続きです。

《【・・・ご当選のお知らせ】・・・ご購入手続きのご案内》というタイトルのメールが昨日の午後に届いていました。ほとんど諦めていたマスクの抽選に当選した模様です。珍しいこともあるものです。

その「クリーンルームで生産された日本製マスク」のいちばん最初の抽選が《応募総数:4,706,385人 当選者数:40,000人 (40,000箱)》だったので、その結果は、世の中は必ずしも期待したようには行かないことを確認しただけだったのですが、《第1回抽選販売にご応募いただけなかった方は、第2回以降の抽選販売でご応募ください。 なお、既にご応募いただいた方につきましては、自動的に第2回以降の抽選販売の対象とさせていただきますので、改めてご応募いただく必要はございません》という文面に淡く期待して――実際はほとんど期待せずに――待っていました。

なぜなら、相対的に廉価で一定以上の品質をそなえた中国製マスクが溢れ始めたにもかかわらず、この日本製で当該企業のロゴが入ったその白いマスクは週当たりの当選者数よりも週当たりの追加応募者数のほうが多いという状況にあり、つまりくじ引きなどに強くないぼくにとってはますます当選機会が遠のいた状況にあったからです。

しかし突然の僥倖で、僥倖ではあるのですが、値段は今となっては決して安くないし、別途それほど安くない送料もかかるとしても、乗り掛かった船で、購入手続きに進んでしまいました。マスクの到着までには一週間くらいかかるみたいです。到着後は、当分の間は例の「アベノマスク」の隣に置いて記念品扱いとする予定です。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

北海道は、2日間と少しだけ、突然の秋

一昨日の夕方から昨日までは「世間」は夏でしたが、北海道の気温はまったくの秋でした。この超短期の秋は今日も継続中です。ここで「世間」というのは北海道以外の日本の各地域という意味で、ぼくが勝手にそう使っただけですが、そういうことを表す北海道方言に「内地」というのがあります。

「本州と四国と九州」と同じ意味ですが、本州・四国・九州というのは面倒なので「内地」です。北海道の放送局は、さすがに、北海道以外の日本を「内地」とは言わずに「道外」と呼んでいるようですが、散髪屋などで、たとえば去年や一昨年だと、お店の人が東京観光に行ってきたことを「先週、内地に旅行に行ってきました」というように普通に使います。

北海道以外の日本を「内地」とすると、「外地」はどこか。日支事変(日中戦争)や太平洋戦争以前は台湾や樺太や旧満州などが「外地」だったようです。自分たちの住む土地のことを北海道の人はさすがに「外地」とは呼びませんが、「国土交通省 北海道開発局」というような表示板のある建物が札幌のゆったりとした敷地にあるのを見ると北海道には今でもわずかではあっても「外地」の香りが漂っています。

全国版の天気予報などで、台風が本州を北に抜けて(いくぶん弱くなったのが)北海道に上陸するような場合に、気象予報士が「台風は日本を抜けました」と(無意識に)発言する場合がしばしばあります。これを「内地・外地」で翻訳すると「台風は内地を抜け(よかったよかった)、北海道という外地に向かっています(だからもう気にならない」)。

さて、突然の秋について、です。土曜は昼間はエアコンなしでは辛い31℃くらいだったのが夕方から急激に20℃を下回り、天気予報だと外はそういう気温らしい、それでは、と窓を開けて風を通すと涼しい風が部屋を吹き抜けて半袖では寒いくらいになりました。突然の秋です。

その翌日の日曜日も「道内」は同じ秋が続きました。午後2時半の気温が15.9℃、午後7時が(予報とは違って)14℃。「内地」は暑い夏だった様子です。

2-830-831-tm_20200830144901

830-tm

もっともこれくらいの(つまり14~15度くらいの)温度差は、冬は札幌が氷点下のときに東京が14~15℃ということと同じなので、わざわざ言い立てることではないのかもしれません。


人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧